FC2ブログ
毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
1日飛んじゃいましたが、1月17日に観てきたアンナ・カレーニナのキャスト別感想です。
私見ですので 人の感想や思いは人それぞれ、と ご理解いただける方のみ御覧くださいね。






美弥るりか ヴィロンスキー伯爵
以前に観た外の舞台の「アンナ・カレーニナ」が最悪だったのですが
今回すご~~~くよかった!と思ったのは、植田景子先生の演出はもちろんですが、
ヴィロンスキー伯爵の麗しさが この悲恋が道ならぬ恋だったとしても
思わず同情し 感情移入してしまうのは 一重にみやちゃん(美弥るりか)のセンター力だと思いました。

何気ないシーンでも引き込み ヴィロンスキー伯爵に心を重ねずにはいられなくなる、そんな力がある。
それこそが 主演を務める者に必要な力ですね。

愛の炎がボクの身体を焼き尽くす的な←ニュアンスです、甘いセリフも全く嫌味なく 臭くなく
むしろ 説得力をもって入ってきます。

みやちゃんの唇からこぼれる一言、一言に耳を傾け 心を重ね そして震わされる、という全編でした。

苦しい場面が続くのですが イタリアへ行って明るい太陽の下、白い衣装で幸せそうに踊る
みやちゃんとうみちゃん(海乃美月)を観たら 今まで締め付けられていたものが解き放たれる感じがして
じわ~と温かいものに包まれて 本当に幸せな気持ちになりました。
なんて美しいシーン。
植田景子先生始め 登場の全ての生徒さんに感謝したくなるような 素敵な場面でした。

外の舞台のアンナ・カレーニナに無かったのが ヴィロンスキー伯爵が自分がアンナを愛したことで
どれほど彼女を苦しめていたことか…と自責の念に駆られ自殺未遂をするところ。
アンナだけでなく ヴィロンスキー伯爵もアンナと同じくらい苦しんだというのを示したんですね。

圧倒的な麗しさ、神々しさ、歌っても踊っても うっとりさせる実力。

フィナーレで 真ん中で迎えられたみやちゃんが 白いマントを大きく翻して登場したときには
ただ 涙があふれました。

こういう生徒さんこそトップになるべきではないのか? 何故無理やり下級生をトップにしたのか
こんなに華も実力もある2番手がいるのに 何故トップにしなかったのか、と
この舞台を観て 改めて残念に思うとともに 宝塚歌劇団の闇を思いました。

細かい事を語り出したらキリがないので…

海乃美月 アンナ・カレーニナ

何度もしつこく引き合いに出して申し訳ないけど 以前観た外の舞台のアンナ・カレーニナが嫌な女で(演:瀬奈じゅん)
アンナ・カレーニナ、と耳しただけで 嫌な気分になってたんですが(トラウマ)
もし 先にこちらの舞台を観てたら アンナ・カレーニナの印象は大きく変わっていたでしょう。残念。

以前観た舞台は、自分の恋のためにさんざん周囲を振り回した挙げ句自殺、という
全く同情の余地がなかったんですが、

今回は美しい2人が 互いに惹かれ合うことも、すでに結婚して子供までいるのに
ためらいをも振り切るぐらい 
ヴィロンスキー伯爵に惹かれてしまったアンナをうみちゃん(海乃美月)好演。

ダメじゃないか、と道徳を振りかざすことができないほど
揺れ動く女心を表現していて 切なく、美しく、心を重ねてしまいました。

イケナイ、と分かっているからこその辛さ、迷い、申し訳無さ、そして絶望。
そんなもの全部を体現していたうみちゃんにもただただ涙。

競馬場でヴィロンスキー伯爵の落馬を観て 隣りにいる夫・カレーニンの制止を振り切って
ヴィロンスキー伯爵のもとへ行こうとするアンナの気持ちが痛いほど伝わって…

ダンサーなうみちゃんは みやちゃんと踊るダンスがもうため息モノでした。
しなやかで優雅なダンスは 本当にうっとりさせられます。

センターを務める人の隣に立つにふさわしい優雅さというか佇まいが備わっていて
これまた 新公主演や重要な役どころを何度も務めたのに 娘1ではない謎が…

月城かなと カレーニン

厳格な雰囲気を 端正なお顔によく似合うお髭で表現♪
美しい横顔がクールで カレーニンさんの性格…というか 生き方に合ってましたね。

植田景子先生の演出の上手いところなんですが、
カレーニンさんは ペッパー警部みたいなんです。(わかるかな~? 今の若い方たち)

私達これから、いいところ~♪ な時にタイミングよく(悪く?)やってくるんです。
で、なんで来たん?? イラッneko_iraira_2015112318212888e.gif ってなります。

カレーニンさんは愛情表現が下手で 夫婦なのに理解し合うとか
温かい会話とかがなく ただひたすら 職務を全うすることしか考えてない人。
不器用な生き方しかできなくて ヴィロンスキー伯爵に嫉妬することすら恥と思っていて…

ひたすら 苦しい場面が続く れいこちゃんでした。

それだけに!! フィナーレで、パッと明るいライトの下の黒燕尾。
おヒゲもなくて 美しいれいこちゃんのお姿に おぉ~~~~っ!! 

と こちらも 重圧から解放された気分になって フィナーレの黒燕尾の曲とかもすごく好き♪

デュエットダンスは うっとり♪

私の中で作品の評価が 180度変わった 記念すべき作品!!

何度でも観たい~~! でももう観れない~~!! 号泣

下のバナーをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村;

神戸市 ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます


【2019/01/19 22:35】 | 宝塚・月組
トラックバック(0) |
朝夏まなと主演 オン・ユア・フィート 13時公演を観てきました。

190118 (2)

朝夏まなと様は、宝塚歌劇団退団後、すでに「マイ・フェア・レディ」で舞台に立たれてますが
全く違和感ないどころか 素晴らしかった、と
観てこられた方から伺いました。

ワタクシ、まぁ様(朝夏まなと)の女優姿 初めて拝見したんですが…

素晴らしい! 
 ビジュアル
ロングのウェービーヘアのウィッグでしたが お似合いでした。
長い手足、等身バランスもナイスで まだまだ夢を見せて頂けそうで、
今後の女優活動にも期待が高まりました!!
ラスト近くの あの青いホルターネックのロングドレス!!
大きく背中の開いたセクシーなドレスですが 本当に美しかったです!!

 歌唱・ダンス
もう男役の声はどこにもない! それどころか とてもチャーミングな声。
朗々と響き渡る 力強い美声に…まぁ様 お歌お上手になって…◯◯◯嬉しいよ状態。

美しいだけじゃなく 確かな実力で魅了してくれるまぁ様に、感謝、感謝!

末永く 私達ファンを楽しませていただきたいです!!

以下 私見です、ネタバレもありますので ご理解いただける方のみどうぞ♪





さて~ お話は 割とあっさりめ for me、っていうか あまり複雑ではないです。

事故で脚が悪くなってから立ち上がるまでをじっくり描くのかと思ってたんですが、
1幕、何事もなく終了~でした ^^;

歌とダンスの場面が多し、だから楽しい~!!

グロリアの活動を反対するお母さん(一路真輝)、応援するおばあちゃん(久野綾希子)
お母さんも昔 歌手を目指していたのに父親に反対され自由に生きられなかった過去を持ってます。
自由に生きるグロリアを拒絶してしまい…

母と娘の確執が多めに描かれていた印象です。

名声を手にしても どこか満たされないグロリア…ちょっと グスッ

一路真輝さんがクラブで歌うシーンもあり、さすがでした!
二幕 グロリアのベッドサイドで歌う歌は、ちょっと ん??でしたが、、、足の線が美しい! え?そこ?w

そして交通事故。 生死にかかわるほどの事故。
生死の境をさまようグロリアのもとに 音信不通だった母が駆けつけて
ようやく 母娘らしい日々を取り戻しました。

でも、もう一度ステージに戻るのが怖いグロリア。

グロリアに 再起を望む声、たくさんのファンレター
そんな温かい声に背中を押されて もう一度立ち上がる決意をしたグロリア。

もう、ここ泣けます~~~!!

ひとりひとりの励ましのメッセージを 出演者が口々に読み上げる演出。
熱いものがこみ上げてきて・・・涙

ファンの声が 意固地になっていた グロリアの心を溶かしていくんですね~^^

もう一度 立ち上がれ、オン・ユア・フィート!!

ってことで 最後は 皆で賑やかに歌い踊って楽しい~!!
客席もスタンディング、明るいライトが明滅する中
ノリノリでペンライト振って (ええと 私はペンライトは買ってませんw)

舞台と客席一体化の高揚、ね!

夫・エミリオ役の渡辺大輔さんが 全編通してとてもいい味を出しておられました。

ラテン系の男だからか?w 底抜けに明るくて 
なんにも考えてないようで 実はグロリアのことを深く思っていて、素敵です!!

フィナーレのご挨拶を終え カテコ何回かの後、
身長172センチのまぁ様を軽々とお姫様だっこで抱き上げて退場!!

どこまでも 陽気で素敵な旦那様^^

明日も楽しんできます!!

明日は オン・ユア・フィート12時公演の後、山崎育三郎くんのコンサート行きます。

頑張らないと…w インフルエンザ猛威を奮っています。
気をつけましょうね! 

 

下のバナーをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村;

神戸市 ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます


【2019/01/18 23:08】 | 宝塚OG
トラックバック(0) |