毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
今日は、京都まで足を伸ばして
オペレッタ 「こうもり」を観てきました。


会場は 京都文化博物館 別館 
重要文化財に指定されている 「旧日本銀行京都支店」です。
歴史的建造物が好きなのでワクワク♪

京都文化博物館

ちょいと 大阪の中央公会堂に似てます、あちらは1918年竣工、
この旧日銀は 1906年竣工です。

中の様子。 ↓
オペレッタ こうもり

もと銀行だったので 音響のことなど考えて作られてないので
音が拡散していく感じ。
ピンマイクも 集音マイクもないので 演者が 反対側を向いてセリフを言えば
何を言っているのか 聞き取りにくかったです。

さて~ なぜ オペレッタ「こうもり」を観に行ったかというと

以前 宝塚星組で上演した「こうもり」をみたのですが
なんか 「これは オペレッタ『こうもり』じゃない!」と感じて。
本当の オペレッタ「こうもり」を観たかったのです。

星組の「こうもり」は 面白いと言えば面白いと言えるのかも知れないけど
笑わせてやろう、という 鼻息フンフンが伝わってきて ←私見です
かえってクールに観てしまいました。

汝鳥伶さんの研究室も 取ってつけた感があって
なにこれ?
役を増やすためには仕方なかったのでしょうが。

大劇場で上演するには 向いてない作品かも。

やはり オペレッタ「メリー・ウィドウ」のようにドラマシティぐらいの箱がちょうどいいね。

さて。
生オケで ハープ奏者もいて 私達の側にはティンパニがあり
迫力満点でした。

今回はセミステージ形式、と券面に明記されていて
どんなステージか、というと 舞台セットがほとんど無くて(イスぐらい)
衣装は着用して 登場されます。

オペレッタは 声楽家 オーケストラ 合唱団で構成されているらしく
両サイドに 合唱団もいらっしゃいました。

今日観た公演では 主人公は ロザリンデのようでした。
聞かせどころもいっぱいで 声の伸びや声量もさすがで貫禄がありました。

私の観方かもしれませんが 今日はアデーレも見せ場がありました。

アインシュタインのお歌は あまり印象に残らず
ファルケ博士の声がすごいパワフルで私は好きでした。

オルロフスキーを女性が演じておられて
赤い軍服に 白いパンツ 黒のブーツで
まるで 宝塚男役のようでした。
ロシアの皇太子役、エリザベートの皇太子 ルドルフもいけそう^^

ソロが何曲かあり 宝塚のオルロフスキー(星条海斗)とは全く違う
クールで なかなか笑わない公爵でした。
 
刑務所長のフランクと アイゼンシュタインは
ふたりとも フランス人になりすましているために 
フランス語での会話に四苦八苦するところが面白く
客席一同 笑!!

アデーレの姉のイーダ (宝塚では妹)
弁護士のブリントのお二人は お歌なし。
執事のアルフレードは 出番少ないもののお歌ありで
ロザリンデと歌っていました。

今日の皆さんのオペレッタ「こうもり」の歌唱は素晴らしかった!

でも 演技は、というと メリハリに欠けるというか
見せ方が弱いというか…

すす~っと 流れていってしまって もったいなかったです。

声楽を学ばれた方と そうでない方
役作りをしっかりしている宝塚と そうでない方

それぞれの持ち味の違いを痛感した「こうもり」でした。

下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます



【2017/07/30 23:24】 | エンタメ
トラックバック(0) |
王家の紋章 5月17日 18時公演

役替り 
キャロル 新妻聖子
イズミル  平方元基 

my感動備忘録 (キャスト別感想)

ネタバレあります、私見語ってます。
心の狭い方は読まないでください。

浦井健治 as メンフィス
ミュージカル界のプリンスのお一人
井上芳雄、山崎育三郎と共にStarS結成。
甘めのヴォイスに完全ノックアウトされた夜。batanQ_2016091623570656e.gif


エジプトを象徴する ナイルの水やアヌビスらの群舞が捌けて
舞台中央奥にピンスポットを浴びて 客席に背を向けて立つメンフィス様
光の中で振り向いた瞬間息を呑みます、
二次元のメンフィスが三次元に現れ出た、浦井メンフィス誕生の瞬間。

存在感半端ないですっ!!

お話では 猛々しく傍若無人な王・メンフィスが 現代の少女・キャロルと出会って
変わっていくということで
最初は ニヤリ、と右口角を上げて 不敵な笑みを浮かべて
颯爽と マントを翻すところが 傲慢な若き王をうまく表現してて良かったです。

奴隷にひどい仕打ち 簡単に人を殺めてしまうメンフィスに
人の命の大切さ 人間は誰しも平等であることを訴えるキャロル。
王を恐れず意見し 未来を語るキャロル。
最初は 金色の髪、白い肌の少女が珍しかっただけの王が
次第に惹かれていくプロセスが上手く描かれていて面白かった。

乙女心(女心)を刺激しますね~^^;
キュンキュンくる ストーリーは 流石、原作が人気漫画。
その 原作のイメージ通りの メンフィスに
「王族」と呼ばれる 「王家の紋章ファン」も絶賛されたとか。

新妻聖子 as キャロル

素晴らしい歌唱力で聴かせてくださいます。
伸びやかで張りがあって声量もたっぷり。
キャロルに感情移入して観てしまう 熱演!

今回は新妻聖子ちゃんの歌を生で聴きたい、から始まった
観劇計画だったので 大満足です!

平方元基 as イズミル

「レディ・ベス」でのフェリペがとてもよくて 
「サンセット大通り」「ダンス・オブ・ヴァンパイア」も、観に行きました。
今回も どんどんお歌お上手になって 次期若きミュージカルプリンスのお一人かも?と。^^

この作品では エジプトと同盟国でありながら エジプト支配を目論む
ヒッタイト国の王子イズミル役 
メンフィスとは 恋のライバルでもある 美味しいお役です。

ほぼ二幕での登場 (幕開けに一曲ソロあり)です。

大きな袖の衣装で キャロルを抱くと聖子さん、すっぽりと隠れてしまって
浦井くんといい 平方元基くんといい 体格の良さに キュン♪

濱田めぐみ as アイシス

メンフィスの異母姉であるアイシスを演じる濱田めぐみさん、
さすが劇団四季出身、歌唱力が半端ない!!
新妻聖子さんの歌を聴きに来たつもりが
濱田めぐみさんのド迫力にやられて 惹きつけられて batanQ_2016091623570656e.gif

姉でありながら 小さい頃からメンフィスを愛している、という切ない役どころ。
メンフィスは決して振り向いてくれないけれど 心の中は愛の炎がメラメラ…

ヒッタイト王イズミルの妹・ミタムン(愛加あゆ)が メンフィスに想いを寄せていると知り
怒りのあまり、焼き殺してしまう

「omoshii mag vol.9」で読んだのですが 濱田めぐみさん、
役に入りすぎて 毎日 お役から自分にもどって また アイシスになって…の
繰り返しが苦しくて 公演中、ずっとアイシスのままでいたそうです。
アイシスが 時々「濱田めぐみ」を演じているような逆転がおきてたそうです。
もう アイシスに魂を捧げておられたのですね。
今また 濱田めぐみさんというより 本当にアイシス様なのかもしれません。



紅蓮の炎を赤い布で表して オギーの演出が素敵♪

以上 4人の 素晴らしい歌唱力、ソロありデュエットあり 
心の琴線を震わされて これぞミュージカル!!と大満足!!
13500円、ちっとも高く感じない 
感動をありがとう!の気持ちを捧げたい!!

伊礼彼方 as ライアン

キャロルのお兄さん。キャロルが失踪したことを心の底から心配している。
が、役どころが地味 ^^;
「美味しい役」の逆、「残念な役」です。^^;

現代の役を演じてるのは彼方くん一人。(会社のオジサンや 病院の看護師もいるが…)
古代エジプトとは 無縁の世界にいて 「キャロル~」と探し求めているシーンがほとんど。
ヘアスタイルもちょっと…^^; 原作通りかな??
「お気に召すまま」でも 歌手のお役でしたが 今回も聴かせてくださいました。

愛加あゆ as ミタムン

ヅカファンには 「あゆっち」としておなじみ♪
へそ出し セパレートのキラキラしたお衣装がとってもお似合いで
豊かな巻き毛のロングヘアーもキュート!

ヒッタイト王の妹、エジプト王の様子を伺いに来たら とても素敵で恋心を抱いてしまう。
それが引き金となって アイシス様に殺されてしまうのだけれど・・・
感情豊かに演じるあゆっちが素敵でした。
主要キャストには及ばないものの 宝塚時代より ずっと歌唱力UPされて
ご活躍の程も納得です^^

姉の夢咲ねねちゃんが 静、 妹の あゆっち(愛加あゆ)が動。
陰と陽のイメージ for me

焼き殺された後も 顔も腕も焼けただれたゾンビ、というか亡霊となって
度々舞台上を スーッと横切っていくのです。
これは ヒッタイトの恨みの象徴か?? オギー演出、いいよ~ (←上から目線、ごめんなさい)

矢田悠祐 as ルカ
キャロルの護衛だけれど 実はヒッタイト国 イズミルの部下で
エジプトに潜入しているスパイ。
怪しい感じが スパイだけに スパイス的な役割。
地味だけど ピリリ。

出雲綾 as ナフテラ

宝塚OG 出雲綾さん、長崎ハウステンボス歌劇院の講師をされていたと思ったけど、
辞められたのかな?

とにかく安定の演技、歌唱。
大きな愛を感じさせる女官長役 ハマってました。
宝塚の頃からの 滑舌のいいお芝居とお歌で セリフもスーッと入ってきます。

小暮真一郎 as ウナス

キャロルの護衛役と知っていましたが 実際舞台を観ると
ソロの歌唱場面もあり とてもお上手でした。


山口祐一郎 as イムホテップ

出で立ちが もう神、みたいな感じで メンフィス王の宰相という
まさに山口祐一郎さんにぴったりの役どころ。

好きな方はすきなのでしょうが 「いきなりビブラート」みたいな歌い方が
ワタクシにはちょっと…^^;

松原剛志 as ミヌーエ将軍 
張りのある声がいい!

工藤広夢 as セチ 
身体能力高い!! ジャンプも高い!!
ソロのダンスシーン 圧巻です!!
いつかまた どこかのミュージカルで会えるかもしれませんね!

キャロルに「兵士に取り立ててもらったよ!」って嬉しそうに言うのが可愛い♪





セリフが聞き取りやすいから 全く眠くならず!! 
お芝居に引き込まれました!!

実力のぶつかり合い、すごかった~!
お歌が 心を震わせ 涙腺を刺激して ウルウルする快感。
幸せな時間でした!!

久しぶりに いいもの観せて頂きました、って
三つ指付いて お礼を言いたいです!

あぁ~~~ イズミル 役替りでみやまも(宮野真守)さんで観たい、という
欲望と闘い中。

「幕末太陽傳」追加して
「瑠璃色の刻」急遽追加したのに 
「花組新公」も追加したのにっ!
お茶会も 追加したし…

さらに 「王家の紋章」追加している場合か??と
自粛ムード漂う ワタクシでございます…



下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます



【2017/05/18 23:51】 | エンタメ
トラックバック(0) |
王家の紋章5月17日 18時公演観てきました。
            170517.jpg

めちゃくちゃ感動した~~~!!
拍手大喝采! 客席が熱い!!

最後はスタンディグオベーション!!! kuma_hakushu_201611112135211cd.gif

楽しかった~~kuma_kurukuru_2017033120265983a.gif


王家の紋章は、昨年の東京の初演から気になってて…
でも 遠征代往復新幹線代で 生の舞台2回観れるし、と躊躇してる間に
終わってしまった。
来年、大阪に来たら絶対見るぞ、って思ってたので
気合い入れすぎてチケット取れすぎたんですけどもね。^^;

観たら もう一回観たくなっちゃった。
今度は イズミル役替りで 宮野真守くんを観たい!!
と思ったけど 我慢するわ 泣
来月もお茶会や観劇いっぱいあるし、我慢も学ばねばならぬ。

カラオケ番組でご活躍の新妻聖子ちゃんの歌をナマで聞いてみたい!
と思ってたから 
人気漫画が原作で 浦井健治くんが主演。
元宝塚歌劇団の荻田浩一演出、
音楽が 「エリザベート」でおなじみのシルベスター・リーヴァイさん。

とくれば 見逃す手はない!

歌の力に圧倒されました!!

浦井健治くんのお声が好きです~♪(育三郎くんも好きですが^^)
新妻聖子ちゃんの よく通る張りのある美声に酔い
濱田めぐみさんの歌唱に圧倒され
平方元基くん お歌成長されました、伊礼彼方くんも聴かせてくれた。

カーテンコール、ストーリーとか全く関係ないのに
ただただ涙が流れてきて・・・舞台が素晴らしかった証ですね!!

主演や主要メンバーだけじゃなく 脇のお役の役者さんまで
歌ウマ揃い!

宝塚OGのの 出雲綾さん 安定の歌唱!
あゆっち(愛加あゆ) 退団後初めて観ましたが お上手でした。
存在感ありました、
キャストごとの感想は また後日別記事にて。

キャストの歌唱力すごいし
普段よく観る宝塚の歌唱と違って
女声と男声があるので ソプラノからバスまで 音の層が厚い。
だから 余計に感動しました。

そして リーヴァイさんの音楽が感動的で・・・
もう 涙がホロリです。

男声ダンサーも身体能力が高い役者さんばかりで
ジャンプも高いし 迫力があります!!
宝塚と違う魅力ですね~♪
剣を持っての群舞もかっこよかった~~~

今回 宝塚歌劇のプログラムって 場面ごとの配役や振り付けなど
細かく書いてあって 読み応えあるのですが
梅芸の舞台のは 読むとこ少なくて2000円、いらないわ、って言ってたのに。

舞台美術や照明がすごくて 誰が担当されたか知りたくて 
帰りに買ってしまいました。

美術は二村周作さん。
「レディ・ベス」で初めて注目し、その後昨年の「エリザベート」でもおお!と感心。
今日の舞台も 古代エジプトの雰囲気を上手く表していて
階段状のセットも 王宮の一部だったり 船の舳先になったりと
上手に使いまわしていました。
だから 誰だろう?って気になって…プログラム買っちゃった^^;

照明もすごく素敵で‥

始まる前の客席に入ったときから 客席内がブルーの光の揺らめきに包まれて…
あれ、ナイル川の水の底の演出だったんですね。

衣装&衣装の小道具も「らしさ」を出してて
しばし 古代エジプトにタイムスリップしたような気がしました。

友人が貸してくれた 
omosii.jpg
omoshii mag、「王家の紋章」特集だったので 熟読して臨みました!!

ホントに このカンパニーの皆さんがすごすぎます!

ダブルキャスト 「レディ・ベス」から注目してる 平方元基くんで観たのですが
妖しさから言うと みやまもこと 宮野真守さんの方が合ってるかな~?

お二人がおっしゃるには(omoshiiにて) ふたりとも表現したいことが違うので
被らないからいい、と。
お互い相手の演技をみて ほぅ・・そう表現するのか…なんて思ってらっしゃるようです。

みやまもさんの演技も観てみたいです!!

王家の紋章ファンを「王族」と称するそうで、

今日も大勢の王族がご来場されてたのだと思いますが
カテコの時に メンフィス~~!!(浦井健治さんに)
イズミル~~!(平方元基さんに)と 熱い声援が飛んでおりました。

もう大満足の観劇でした!!

全然語り足りないけど、そのうちに キャスト別感想を書きたいです!!

日々記憶が薄れていくので 書けるかどうか微妙ですが。

今日は幸せな気持ちでいっぱいで1日が終わりました。

感動をありがとう!!!

下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます


 

【2017/05/17 23:52】 | エンタメ
トラックバック(0) |

めぐちゃんと新妻さん最高!
makorin
ようやく観劇ですね!

私はみやまもが好きなので、二年連続みやまもでしたw
まもは、本当に美声です
本業声優なだけに…

宝塚ファンもウットリな浦井さんのメンフィス様!
美形すぎて目がハートでしたw

あゆっちも頑張ってましたよねー
でも、昨年の方がもっと出番があった気がします
ダンスいっぱいしてくれてました

そして、めぐちゃんの圧巻の歌唱力!
新妻さんも文句なしですけど、めぐちゃんの役の方が悲劇性があるので、印象が強いです
メインテーマも美しいですし

プログラム、昨年の方が読み応えあったんですよ
今年はちょっと物足りなかった

happyさんのお気に召したようで何よりです!

Re: めぐちゃんと新妻さん最高!
happy
makorin様

こんばんは! コメントありがとうございます~!

> 私はみやまもが好きなので、二年連続みやまもでしたw

私は、みやまもさんを知らなかったので 是非機会があれば
みやまもさんの美声と演技を観てみたいです。

ロビーで、原画複製展?をしていて イズミルの横顔が
みやまもさんにそっくりでびっくり!!
妖しげな雰囲気もみやまもさんの方がはまってる!!と思いました。

> 宝塚ファンもウットリな浦井さんのメンフィス様!
> 美形すぎて目がハートでしたw

私もヤラれて、危なかった~ カレンダー買いそうになりました^^;

> あゆっちも頑張ってましたよねー
> でも、昨年の方がもっと出番があった気がします
> ダンスいっぱいしてくれてました

え~~、それは残念!! どんな風に変わったかご存知の
makorinさんが羨ましい!!

> そして、めぐちゃんの圧巻の歌唱力!
> 新妻さんも文句なしですけど、めぐちゃんの役の方が悲劇性があるので、印象が強いです
> メインテーマも美しいですし

すごい掴まれますね! 歌唱力や あの存在感、すべてがアイシスそのもの!!
>
> プログラム、昨年の方が読み応えあったんですよ
> 今年はちょっと物足りなかった

え~~~ 汗 去年の方が何かとよさげですね…初演だから?? 気合入ってた??

> happyさんのお気に召したようで何よりです!

歌唱力の満足度が高くて、ビジュアルも良くて ストーリー面白いって、
もうコレ以上ない、ですよね!!



コメントを閉じる▲
朝っぱらから ブログを書くという 初の試み?

今日の朝刊のテレビ欄みて、neko_hirameki_201512141729374d4.gif

NHKで みをつくし料理帖のドラマが始まる~~!!
今 初めて知ったよ。

私のように知らなかった「みをつくし料理帖」ファンにお伝えしたくて記事UPしとこ。。

今日5月13日夕方6時5分から みをつくし料理帖、始まりますよ~!

という お知らせです。



2012年9月22日 テレビ朝日でドラマ化されたことがあるのですが
今ひとつ納得できないキャスティングでした。

まず 主人公・澪役の北川景子さんが 美しすぎてイメージ違いでした。
ドラマでは 割りと違和感なく観れてホッとしたのですが

キャスティングが まず 使いたい俳優ありき、って感じで
演出家、本読んだの? あらすじだけ読んだんじゃないの?
って思うほどでした。

  → ドラマ「みをつくし料理帖」観ました~♪ 2012.9.23

  → NHK みをつくし料理帖 主な登場人物(キャスト)

今回 主人公澪 黒木華ちゃん もうイメージ通り!! 
種市 小日向文世さん ぴったんこ!

朝日新聞 ラジオテレビ欄のこの写真 ↓ 目が釘付け!!

      NHK_mio.jpg

私のイメージ通り~~~ 


その他 キャストページを見て いちいち納得のキャスティング、
さすが スポンサーなどと柵のない??NHK、good job

宝塚歌劇、帝劇など他の舞台でも
演目とキャストが合ってこそ 相乗効果で感動作が生まれると思うのです。

キャスティング合ってないと 観てる間中 もやもやしますからね~

高田郁さんの人気の「シリーズ」なので 世界観を壊さないことが大切。
今回は とても期待が持てます!!

ささっ、忘れない内に毎週録画で予約しとこ♪

で、おうちの掃除しよ 

◆関連記事
みをつくし料理帖 最終巻 「天の梯」読了♪ 2014.12.22

下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます



【2017/05/13 10:04】 | エンタメ
トラックバック(0) |


cuchiko
こんにちは☆

私も録画しました♪
まだ観ていませんが、とっても楽しみです^^

Re: タイトルなし
happy
cuchiko様

cuchiko様も読まれました??

キャストがハマっているので観ていてとても楽しいです!
お楽しみに~~~♪^^

こんにちは
yokko
happyさま

 情報 ありがとうございました。

 録画組です、8回らしいので2,3回一度に
 見たいと思っています、i-179

 適材適所の配役に私も 満足しました!
 シリーズの本はしっかり読んで 自分の中で
 イメージが出来ていて それが今回のドラマ化で
 かけ離れていないのですごくよかったです、

 おみおちゃんの「下がり眉」・・・可愛いですねi-179

Re: こんにちは
happy
yokko様

>  適材適所の配役に私も 満足しました!
>  シリーズの本はしっかり読んで 自分の中で
>  イメージが出来ていて それが今回のドラマ化で
>  かけ離れていないのですごくよかったです、

みをつくし料理帖のシリーズはファンが多いので
原作のイメージが崩れて無くていいですね!!
今後に期待大っ!!

>  おみおちゃんの「下がり眉」・・・可愛いですねi-179

そう~~、ぴったり~~ 黒木華ちゃん^^
種市さん(小日向文世)さんもいい味出してますね!


コメントを閉じる▲
上から目線なタイトルでごめんなさい

ずっと 疑問に思ってたし、
友人と、なんで本名に変えたんだろーねー、
勿体ないよね、って 話してたんですよ、ねねちゃん。

「夢咲ねね」で名前が通っているのに
正に、舞台人としてこれからが正念場、と言う時に
今まで使っていた芸名を変えるなんて 正気??って思ってました。

芸名変えるのは 今まで、もうひとつパッとしなかったとか、売れなかったとか
良くないことがあったから 心機一転というならわかるのですが。

舞台人として生きていくのに 
「宝塚星組 トップ娘役 夢咲ねね」という ネームバリューを
自ら捨てるなんて!

赤根那奈でググっても 大した情報出てこないし、
結局「夢咲ねね」の情報なんですもの。

夢咲ねね、でよい。

しっくりくるわ~~

周囲も呼び方戸惑ってましたね 

ちえちゃん(柚希礼音)のインスタに初めて登場した時も ちえちゃんは、
ねね? なな? な~んて書いてました。

下の名前「なな」も 那奈 って違う「な」の漢字を当ててるから 
那奈? 奈那?と迷うし
本名と芸名似てるし ややこしかった

夢咲ねね、コレでスッキリしました、ワタクシも。

「夢咲ねね」という名は 柚希礼音さんとの為にあった名前です!
とか言えば美談ですが

これから先も 一舞台人として生きていくなら やっぱり「夢咲ねね」しかない!


BIG FISHのポスターには 赤根那奈(夢咲ねね 改め)と
括弧書きされてますが…

グレート・ギャツビーで 晴れて再スタートですね。

私は観てませんが、「1789 バスティーユの恋人たち」のねねちゃん、
観てきた友人の話だと よかったらしいです♪


退団後に 「元宝塚」と名乗ってほしくない実力の方もいらっしゃいますが
元宝塚 星組 トップ娘役 夢咲ねねちゃん、
これからもご活躍をお祈りしています♪


明日は、宝塚 花組公演、金色の砂漠、2回目です。
楽しみ~~~~!


下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます


【2016/12/04 21:14】 | エンタメ
トラックバック(0) |