毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
いよいよ、今年最後の、読書感想文です~♪


       神去_夜話

本屋大賞受賞作(2010年4位)、
三浦しをん著「神去なあなあ日常」
の続編、
神去なあなあ夜話」を読みました。

前作に引き続き
村の人達のゆる~くてあったかい感じとか、
村のしきたり満載の祭とか方言とか 
あっという間に「神去(かむさり)」ワールドに引き込まれました。

都会の現代っ子・平野勇気と神去村の人たちとの
温かい交流が描かれていて ほんわかするのは前回と同様です。

勇気の日記形式の文章が読みやすく、
神去村の人達の会話も、キャラクターが立っていて
活き活きとしています。

クスっと笑える箇所がたくさんあって、
楽しくホイホイ読めちゃいました。

今回は、こんなエピソードがあったのか!
という、村の歴史や村人たちの秘密?(過去)が明らかになる
「夜話」。 ほほぅ~


勇気が、いつもお世話になってる
野性味あふれる村人で、山仕事の師匠・ヨキから、
両親を亡くした時の話を聞く件(くだり)がジーンときます。


主人公・平野勇気の成長物語として
シリーズ化希望!




「神去なあなあ日常」の方は、映画化されるようです。


青春林業エンタテインメント、だそうです!

   → WOOD JOB! 神去なあなあ日常 公式サイト 
     2014.5.10 ロードショー

◆関連記事

三浦しをん著 「神去なあなあ日常」 読了♪ 2012.10.9


よろしかったら下のアイコンをクリックclick (2)お願いします
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
関連記事

【2013/12/27 15:00】 | BOOK
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック