毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
初詣帰りに、映画「永遠の0」を家族で観てきました。

 永遠の0 公式サイト

12月21日公開で、今人気ナンバーワンの「永遠の0」
老若男女で満席でした。

私達は、一旦先に座席を予約してから初詣へ。
お陰で長蛇の列に並ばずに済みました。

◆関連記事

百田尚樹著「永遠の0」映画化決定!!!!! 2012.6.3

百田尚樹著「永遠の0」読了 2011.7.11♪

私は、本の方が、当時の様子や
軍隊での生活など描写が細かく、号泣でしたが。


映画も、最初からウルウル uruuru.gif

いや、まだ始まったばっかりだ、っていうのに。

上映時間144分と長いので
途中 中だるみ的なものを感じたね、って言ったら
息子は「どこが?」と感じてなかったみたい。


岡田准一くんがいいっ♪
愚直なまでに正義を貫いて自分を曲げなかった男を好演

敗色濃くなってきた戦況に、狂気に走る日本軍は、
特攻を命じ たくさんの若い命が海に散りました。
命を尊ぶ主人公・宮部久蔵は、そんな状況に絶望していきます。



ラスト近く 渋谷上空に現れたゼロ戦の
コックピットで敬礼する岡田准一、素敵すぎ!!
笑顔爽やか~~~! 

サザンオールスターズの主題歌「蛍」は、最後の最後、
エンドロールが出てからようやく。ここしか聴けません orz


歌詞に泣けます。 
劇場が明るくなるまで、映画の余韻に浸りながら、
この曲をじっくりと聴きました。


佐伯健太郎の祖母・松乃の葬儀の場面から始まります。
その席で、祖母には前夫がいたのだ、と初めて知った健太郎。
血の繋がった祖父・宮部久蔵は、終戦前に特攻で亡くなっていたのでした。
彼と姉の二人が、宮部久蔵の足跡をたどっていきます。
戦友の口から語られる話が
少しずつ人間・宮部久蔵の輪郭を形作っていきます。


当時の軍隊では理解されず、「臆病者」と蔑まれたけれど、
久蔵の命への執着は、
とりもなおさず家族への一途な愛だったのです。

部下を、特攻に送られないよう
優秀な飛行機乗りにも成績「不可」を出し続ける久蔵

おまえには死を悲しんでくれる家族はいないのか!と
死に急ごうとする若者を一喝する久蔵

全ては大切な命を守るため。

映画では、本には無かった
宮部久蔵と、部下の大石賢一郎の話も描かれていました。
後半の軸になっていき、感動の展開になります。

戦闘シーンも迫力がありました。
さすが、協力「防衛省」

ちょっと、有川浩著「空飛ぶ広報室」を思い出しました。
(防衛省も、映画やドラマに協力して広報活動をしている由)

泣ける箇所が何箇所もあって
熱い涙がハラハラ流れて 頬を濡らしました

感動の涙に、心洗われる思いがしました。


『今、戦争で生き残った人たち
皆同じような苦労をしているけれど
黙って生きている

これから我々の世代は10年後生きている人は
ほとんどいないだろう

だから、今語り継いでいかなければならない』

と、大石賢一郎(故・夏八木勲)は言うのでした。

今、当たり前の平和がいかに尊く得難いことなのか
改めて考えさせられました。

このような時代があって、今がある。

次代にも、人の命を奪う戦争がいかに愚かで無意味な事なのかを 
日本人一人ひとりが語り継いでいく義務があると思いました。


世界中から戦火が絶える日が来ることを願わずにはいられません。


まだ原作を読んでない方は、是非読まれることをおすすめします!!


下のアイコンをクリックclick (2)くださったら
すごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

神戸市 ブログランキングへ

いつもありがとうございます
関連記事

【2014/01/03 23:30】 | エンタメ
トラックバック(0) |

私も観てきました~♪
コスモス
happyさま


こんばんは~♪

昨日観てきました。
原作では戦闘シーンなど視覚の情報が無い分
心の動きが丁寧に描かれているのでしょうね。
宮部久蔵と大石賢一郎の話が
原作に無かったのには驚きです!


いよいよ明日観劇ですか?
小学生の遠足前夜のように
なっていませんか~e-68
体調万全に楽しんできてくださいねe-343
レポ楽しみにしています!


バタバタしていて
なんと!今年初のコメントでしたe-317

Re: 私も観てきました~♪
happy
コスモス様

おぉ! 行ってこられたのですね!

原作本と映画なら、感動は本の方が大きいワタクシです。
自分の頭のなかで映像を創りだすから、かな?

でも、戦闘機のシーンは、防衛省監修?だけあって
私の想像を超えていて視覚的迫力スゴかったです~

> 宮部久蔵と大石賢一郎の話が
> 原作に無かったのには驚きです!

ホント、ホント。
外套を譲るシーンから、こう繋がるのか、って…ビックリ。
感動シーンを作るため、なんでしょうか。


> いよいよ明日観劇ですか?
> 小学生の遠足前夜のように
> なっていませんか~e-68

じ、じ、実は…初日を観てこられた方の感想で
絶賛が少ないので…v-356
覚悟して観に行ってきます!



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私も観てきました~♪
happyさま


こんばんは~♪

昨日観てきました。
原作では戦闘シーンなど視覚の情報が無い分
心の動きが丁寧に描かれているのでしょうね。
宮部久蔵と大石賢一郎の話が
原作に無かったのには驚きです!


いよいよ明日観劇ですか?
小学生の遠足前夜のように
なっていませんか~e-68
体調万全に楽しんできてくださいねe-343
レポ楽しみにしています!


バタバタしていて
なんと!今年初のコメントでしたe-317
2014/01/05(Sun) 22:56 | URL  | コスモス #-[ 編集]
Re: 私も観てきました~♪
コスモス様

おぉ! 行ってこられたのですね!

原作本と映画なら、感動は本の方が大きいワタクシです。
自分の頭のなかで映像を創りだすから、かな?

でも、戦闘機のシーンは、防衛省監修?だけあって
私の想像を超えていて視覚的迫力スゴかったです~

> 宮部久蔵と大石賢一郎の話が
> 原作に無かったのには驚きです!

ホント、ホント。
外套を譲るシーンから、こう繋がるのか、って…ビックリ。
感動シーンを作るため、なんでしょうか。


> いよいよ明日観劇ですか?
> 小学生の遠足前夜のように
> なっていませんか~e-68

じ、じ、実は…初日を観てこられた方の感想で
絶賛が少ないので…v-356
覚悟して観に行ってきます!

2014/01/06(Mon) 00:07 | URL  | happy #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック