毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
同僚に借りた 近藤誠著「医者に殺されない47の心得」を読みました。

   47no.jpg


従来の常識を覆すような持論を展開したり、
奇をてらって注目を集める本がよくありますが…


ガンは放置! と言う説を提唱。

以前住んでいた近くのドクターは、確かに
自分ならガンは放置する、と仰ってました。

理由:がん細胞は酸素に触れると増殖する

にゃるほど

で、近藤誠先生は、がん検診は受けないことを勧めておられます。

がんは早期発見で治るものではない、
がん細胞がある、という事は、その時点でもう転移している、と。



元医師の作家、久坂部羊著 「第五番」という作品の中に
こんな一節があります。

「人間ドック。 健康な人間をあれこれ検査して、異常の無いことを確かめる。 
われわれからすると奇異なことです。
検査をすれば無駄に終わる可能性が高い。 
検査は症状が出てからすればいいでしょう。
メタボリック症候群の検診も始まった。
政府が検診を主導し、国民も無抵抗に従う。 信じられないことです。」

                         (第五番 本文より引用)

登場人物の一人のセリフなのですが、
久坂部羊さんの思いが反映しているのではないかと思いました。

◆関連記事

久坂部羊著 「第五番」読了♪ 2012.4.25


私は、検査嫌いの家庭に育ったので、
検診はできれば受けたくないのです。
毎年受ける X線の被曝は、原発事故の放射線の比じゃない、という
著者の説に納得。

オットの健保組合から、今年こそ受けてくださいね!と
毎年言われるけど、行ってない。

友人は検診でひっかかり、さらに精密検査にもかかり
時間と交通費を掛けて
遠くの大きい病院まで行って検査。
結果、異常なし。
バカバカし~~~~い 

医療費の無駄遣いじゃないか、という
近藤誠さんの気持ちも理解できます。

それと。
信じるものは救われるサプリメント。

お肌が綺麗になるために、コラーゲン飲んでも意味ないよ~!
って言う主張。

身体の中で分解、吸収されたら、ただのタンパク質になり
お肌にコラーゲンが届くわけではない、ってこと。(コンドロイチンも同じ)

これは、知り合いの薬剤師さんからも聞いていたので納得。kuma_unaduku.gif


薬は基本「毒」なので飲むな、というご意見。

病気で苦しい時、やっぱり症状改善のために
お薬は飲みたいです~~。
近藤先生曰く、40度の熱でも、人は死なない。

はい。…でも苦しいんですけどっ!


健康には、毎日卵と牛乳を摂って、よく歩くことが一番だそうです♪


近藤先生のご意見が詰まった1冊。



まるごと鵜呑みにせず、あくまでも参考まで。

まぁ、こんな意見もある、と大らかなココロで読みましょう!


同業者(ドクター)からは、この本、
そんなこと言ったらダメで賞」だと言われたそうですが、


第60回菊池寛賞受賞されてます。



下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
関連記事

【2014/02/22 23:06】 | BOOK
トラックバック(0) |

こんばんは
めろめいろ
うーんとても興味深い本ですね。病気は年をとれば誰しも通る道と思うので、いざその時どうすればベストなのか今からある程度考えておきたいですね。

Re: こんばんは
happy
めろめいろ様

コメントありがとうございます!

無理に病気をみつけるべきなのか?

それとも早く見つけて大火事になる前にボヤで消し止めるのか。

迷うところですね~

ケースバイケースかな?

自分の命なのですから
めい
好きな方法で生きられたらと思います。

私は医者嫌い検査嫌い薬も嫌いなので
ほとんど無しで済ませています。
おかげでめったに病気になりません。

でも、そういったものが好きな方も沢山居られますよね?
そういう方々には反対しません。
皆さん、この本のとおりにされたら
困る医者も多いでしょう。

Re: 自分の命なのですから
happy
めい様

コメントありがとうございます!

おっしゃる通りです! 
自分の生き方は、自分が決めるんですものね。

> 皆さん、この本のとおりにされたら
> 困る医者も多いでしょう。

そう、商売あがったり、ですe-446

それで、この本、同業者(ドクター)から、
「そんなこと言ったらダメで賞」だと言われるのですね。

同じような思いを持っていても、
なかなか本に著すには勇気がいることですし…


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
うーんとても興味深い本ですね。病気は年をとれば誰しも通る道と思うので、いざその時どうすればベストなのか今からある程度考えておきたいですね。
2014/02/23(Sun) 00:58 | URL  | めろめいろ #-[ 編集]
Re: こんばんは
めろめいろ様

コメントありがとうございます!

無理に病気をみつけるべきなのか?

それとも早く見つけて大火事になる前にボヤで消し止めるのか。

迷うところですね~

ケースバイケースかな?
2014/02/23(Sun) 13:05 | URL  | happy #-[ 編集]
自分の命なのですから
好きな方法で生きられたらと思います。

私は医者嫌い検査嫌い薬も嫌いなので
ほとんど無しで済ませています。
おかげでめったに病気になりません。

でも、そういったものが好きな方も沢山居られますよね?
そういう方々には反対しません。
皆さん、この本のとおりにされたら
困る医者も多いでしょう。
2014/02/23(Sun) 20:36 | URL  | めい #SFo5/nok[ 編集]
Re: 自分の命なのですから
めい様

コメントありがとうございます!

おっしゃる通りです! 
自分の生き方は、自分が決めるんですものね。

> 皆さん、この本のとおりにされたら
> 困る医者も多いでしょう。

そう、商売あがったり、ですe-446

それで、この本、同業者(ドクター)から、
「そんなこと言ったらダメで賞」だと言われるのですね。

同じような思いを持っていても、
なかなか本に著すには勇気がいることですし…
2014/02/23(Sun) 20:53 | URL  | happy #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック