毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
犬から聞いたすてきな話」 読みました。

    犬から聞いた


読了だなんて、そんな大げさなもんじゃございません。

サクッと1、2時間で読めてしまいます。

メルヘンですね~ 字も大きく 言葉も簡単で
小学校高学年の教科書に載せるのにいい感じ。


でも・・・私のツッコミキャラが炸裂する本でしたわ moyamoya.gif


感動している方が多くおられますが、私は辛口です!(むしろ怒ってます)
スルーできない方、批判文が苦手な方は今すぐUターンお願いします。

これは、あくまでも私一個人の感想です。

苦情


昨年、王様のブランチで紹介されて話題になったそうです。

へ~~これがね。

14編収められているけれど、1編がショートショートくらい短くて
内容ペラッペラで読み応えなし。
すぐに展開が読めてしまって面白くもないし感動もなし。

それでもこの本が、人気を博しているのは
犬のお話なので、多くの犬の飼い主(そうでない方もいらっしゃるでしょうけど)が
自分の家のワンコや、ワンコとの思い出を重ねて読むので感動するんだと思います。


読んでいて、ん?? と疑問符があちこちでつきました。

犬の檻、ケージ(cage)の事を、ずーっとゲージ(gauge)って間違って使用。
出版社のチェック機能も・・・・・orz

そして、感動仕立てにしようと言う下心が(?)見え透いて
冷めました

この14編のお話、著者が、犬にまつわるいろんなお話を聞いて
1冊の本にまとめられたようです。

小説というのは、フィクションで、当然「嘘」の話。
モデルはあっても 虚構なのですが・・・
子供だましみたいなテクニックじゃ、感動できないわ。

3大イラッ&ツッコミポイント neko_iraira.gif

 上流から流れて来た犬を助ける話

河原で遊んでいた男の子達が、川の上流から流れてきた
ダンボール箱に犬が入っているのを見つけて助ける話。

ダンボールが流れるほど深い川に子供が入って助けるのか?
川の水に浸かったらでダンボールはボロボロになって
壊れてしまうのでは??

状況を全く想像できない。

 高校生が近所のおじさんの飼い犬の犬小屋をつくる話

あまりにも嘘くさい。

現実の男子高校生が、近所のおじさんの犬のために
犬小屋作るというのが想像できない。

っとまぁ、ここまでは、私の想像力が欠如してるのかも知れない
と、100歩譲ったとして…

 最大のイライラポイント!! 

獣医さんが安楽死を勧める話

ありえん! 絶対にあり得ない!!
もう、ここまで非現実的な話でお涙ちょうだいでイラダチMAX~!!

動物愛護の番人でもある獣医さん自ら、犬の安楽死を勧めるはずがない。
ここでは、安楽死を、という獣医さんの勧めを断って
事故で脚を1本切断したワンコを引き取って育てる夫婦が
美談に仕立てあげられてますけど。

後ろ足二本麻痺しても、犬用車いすでお散歩に行ってるわんちゃん
たくさんいるというのに、
脚を失ったくらいで、命まで奪おうとする獣医さんがいるはずない!!

もうこのお話は嫌悪感でいっぱいになりました!! panda.gif


ありきたりな話を犬と絡めて感動仕立てにしたり

ここ字数稼いでる?と思しきくだりも見受けられ
期待した分、ポッカーン・・・

ワタクシ同様、がっくりこられた方のご意見、
読書メーターにたくさん載ってました。
ほっ。


この本が売れてるなんて。

へ~~~~~~~~~~~、へーボタン100連打!!

下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
関連記事

【2014/06/20 22:12】 | BOOK
トラックバック(0) |

とんでもない本
めい
ですね。

>後ろ足二本麻痺しても、犬用車いすでお散歩に行ってるわんちゃん

私の友人宅にも居ました。
交通事故で後ろ脚が使えなくなって
紙おしめ&外出時は木製の小さい台車のようなもののお世話になってました。
ゴールデンレトリーバーで、お家に行くと大きな身体でいざって寄ってきてくれてほんとに健気で可愛いこでした。

柚希さんのお写真でもごらんになって気分転換なさってください。

Re: とんでもない本
happy
めい様

こんばんは!
コメントありがとうございます~♪

> >後ろ足二本麻痺しても、犬用車いすでお散歩に行ってるわんちゃん
>
> 私の友人宅にも居ました。
> ゴールデンレトリーバーで、お家に行くと大きな身体でいざって寄ってきてくれてほんとに健気で可愛いこでした。

一生懸命生きていて、本当に健気~
脚や腕がなくても、目が見えなくても生きられるのに…

こういう内容で美談を取りにいく著者の姿勢がイヤですね。


> 柚希さんのお写真でもごらんになって気分転換なさってください。

ありがとうございます。
先日、キャトルで買ってきた 太陽王のル・サンクでも観て
癒やされることにします♪



☆tomoko☆
こんにちわ(*^^*)

無理やり美談にしました感が漂ってますね( ノД`)…

以前ペットblogやってた時によくいらしてくれた方のワンちゃんが車椅子でした。飼い主さんお手製の車椅子でビュンビュン走り回ってました(*^^*)とっても楽しそうにしてるんです♪
事情はいろいろあるにせよ、生きれる可能性を途絶えさせるきっかけを、獣医さんから作らないでほしいですね(T-T)
そしてそれをいちいち美談に仕上げなくていいですって感じ(-_-#)

うちのワンコも一匹左足が少し不自由ですが、一見わからないくらい普通に行動してます( ̄▽ ̄;)いつ歩けなくなるか先は解りませんが、健気な姿を見てペットに教わる事が多々あります(*^^*)
今も横でしかたなく一緒にスカステ観てくれています(笑)本当はアニマルプラネットが見たいらしいです(笑)


Re: タイトルなし
happy
☆tomoko☆ 様

> 無理やり美談にしました感が漂ってますね( ノД`)…

そうなんです~!!

> 事情はいろいろあるにせよ、生きれる可能性を途絶えさせるきっかけを、獣医さんから作らないでほしいですね(T-T)
> そしてそれをいちいち美談に仕上げなくていいですって感じ(-_-#)

底の浅い感動仕立てでした。

> うちのワンコも一匹左足が少し不自由ですが、一見わからないくらい普通に行動してます( ̄▽ ̄;)いつ歩けなくなるか先は解りませんが、健気な姿を見てペットに教わる事が多々あります(*^^*)

どこかが悪くても、それを理由に命を奪っていいはずがありませんよね。
このお話に出てくるような獣医さんがいるとは思えないので
著者の創作かな?と思いました。
ワンコは本当になんの欲も計算もなく 純真に生きていて
本当に健気ですね~♪




女王さま
ありますよね~こういう本。
「いかにも」感みえみえだと読者が逆にしらけるってことがプロの作家ならわかりそうなのにねぇ。
フィクションであっても過度の(「そこまでいる?」という無理やり的な)演出は禁物。すぐにボロが出ますもん(笑)編集者もアホかいなと。
読んでないのにここまでぼろくそにけなす私も私ですね^^;すみません。物書きが趣味なもんでつい(笑)

皆さんのコメントにあるように、車いすのわんちゃんを私も以前、散歩中に見かけました。
コーギーでしたが一生懸命お散歩していて、飼い主さんもそれを見守っている感じで思わず「頑張れ!」って思いました。
無理やり美談を作らなくても、日常に小さな感動はありますよね♪
ちえちゃんで癒されてください。

Re: タイトルなし
happy
女王様

> 「いかにも」感みえみえだと読者が逆にしらけるってことがプロの作家ならわかりそうなのにねぇ。

そうなんです!
「感動するように作っときました」みたいな感じです。
要するに、「心」が無いんです。

> 読んでないのにここまでぼろくそにけなす私も私ですね^^;すみません。物書きが趣味なもんでつい(笑)

一度、「立ち読み」してみてください、機会があればe-450
>
> 皆さんのコメントにあるように、車いすのわんちゃんを私も以前、散歩中に見かけました。
> コーギーでしたが一生懸命お散歩していて、飼い主さんもそれを見守っている感じで思わず「頑張れ!」って思いました。
> 無理やり美談を作らなくても、日常に小さな感動はありますよね♪

おっしゃるとーーーーーり!

> ちえちゃんで癒されてください。

ありがとうございますe-446

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
とんでもない本
ですね。

>後ろ足二本麻痺しても、犬用車いすでお散歩に行ってるわんちゃん

私の友人宅にも居ました。
交通事故で後ろ脚が使えなくなって
紙おしめ&外出時は木製の小さい台車のようなもののお世話になってました。
ゴールデンレトリーバーで、お家に行くと大きな身体でいざって寄ってきてくれてほんとに健気で可愛いこでした。

柚希さんのお写真でもごらんになって気分転換なさってください。
2014/06/20(Fri) 23:43 | URL  | めい #SFo5/nok[ 編集]
Re: とんでもない本
めい様

こんばんは!
コメントありがとうございます~♪

> >後ろ足二本麻痺しても、犬用車いすでお散歩に行ってるわんちゃん
>
> 私の友人宅にも居ました。
> ゴールデンレトリーバーで、お家に行くと大きな身体でいざって寄ってきてくれてほんとに健気で可愛いこでした。

一生懸命生きていて、本当に健気~
脚や腕がなくても、目が見えなくても生きられるのに…

こういう内容で美談を取りにいく著者の姿勢がイヤですね。


> 柚希さんのお写真でもごらんになって気分転換なさってください。

ありがとうございます。
先日、キャトルで買ってきた 太陽王のル・サンクでも観て
癒やされることにします♪
2014/06/21(Sat) 00:10 | URL  | happy #-[ 編集]
こんにちわ(*^^*)

無理やり美談にしました感が漂ってますね( ノД`)…

以前ペットblogやってた時によくいらしてくれた方のワンちゃんが車椅子でした。飼い主さんお手製の車椅子でビュンビュン走り回ってました(*^^*)とっても楽しそうにしてるんです♪
事情はいろいろあるにせよ、生きれる可能性を途絶えさせるきっかけを、獣医さんから作らないでほしいですね(T-T)
そしてそれをいちいち美談に仕上げなくていいですって感じ(-_-#)

うちのワンコも一匹左足が少し不自由ですが、一見わからないくらい普通に行動してます( ̄▽ ̄;)いつ歩けなくなるか先は解りませんが、健気な姿を見てペットに教わる事が多々あります(*^^*)
今も横でしかたなく一緒にスカステ観てくれています(笑)本当はアニマルプラネットが見たいらしいです(笑)
2014/06/21(Sat) 18:23 | URL  | ☆tomoko☆ #YInHV9pY[ 編集]
Re: タイトルなし
☆tomoko☆ 様

> 無理やり美談にしました感が漂ってますね( ノД`)…

そうなんです~!!

> 事情はいろいろあるにせよ、生きれる可能性を途絶えさせるきっかけを、獣医さんから作らないでほしいですね(T-T)
> そしてそれをいちいち美談に仕上げなくていいですって感じ(-_-#)

底の浅い感動仕立てでした。

> うちのワンコも一匹左足が少し不自由ですが、一見わからないくらい普通に行動してます( ̄▽ ̄;)いつ歩けなくなるか先は解りませんが、健気な姿を見てペットに教わる事が多々あります(*^^*)

どこかが悪くても、それを理由に命を奪っていいはずがありませんよね。
このお話に出てくるような獣医さんがいるとは思えないので
著者の創作かな?と思いました。
ワンコは本当になんの欲も計算もなく 純真に生きていて
本当に健気ですね~♪

2014/06/21(Sat) 20:38 | URL  | happy #-[ 編集]
ありますよね~こういう本。
「いかにも」感みえみえだと読者が逆にしらけるってことがプロの作家ならわかりそうなのにねぇ。
フィクションであっても過度の(「そこまでいる?」という無理やり的な)演出は禁物。すぐにボロが出ますもん(笑)編集者もアホかいなと。
読んでないのにここまでぼろくそにけなす私も私ですね^^;すみません。物書きが趣味なもんでつい(笑)

皆さんのコメントにあるように、車いすのわんちゃんを私も以前、散歩中に見かけました。
コーギーでしたが一生懸命お散歩していて、飼い主さんもそれを見守っている感じで思わず「頑張れ!」って思いました。
無理やり美談を作らなくても、日常に小さな感動はありますよね♪
ちえちゃんで癒されてください。
2014/06/21(Sat) 20:50 | URL  | 女王さま #mQop/nM.[ 編集]
Re: タイトルなし
女王様

> 「いかにも」感みえみえだと読者が逆にしらけるってことがプロの作家ならわかりそうなのにねぇ。

そうなんです!
「感動するように作っときました」みたいな感じです。
要するに、「心」が無いんです。

> 読んでないのにここまでぼろくそにけなす私も私ですね^^;すみません。物書きが趣味なもんでつい(笑)

一度、「立ち読み」してみてください、機会があればe-450
>
> 皆さんのコメントにあるように、車いすのわんちゃんを私も以前、散歩中に見かけました。
> コーギーでしたが一生懸命お散歩していて、飼い主さんもそれを見守っている感じで思わず「頑張れ!」って思いました。
> 無理やり美談を作らなくても、日常に小さな感動はありますよね♪

おっしゃるとーーーーーり!

> ちえちゃんで癒されてください。

ありがとうございますe-446
2014/06/21(Sat) 20:59 | URL  | happy #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック