毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
花組バウホール公演「ノクターン
6月27日14:30公演 13列下手で観てきました。

柚香光くん、バウ公演初主演おめでとうございます!

もう、ゆずカレーの魅力が全編に弾けている公演でした。

ネタバレ注意報発令中 


演出の原田諒先生のお言葉紹介 ↓ 

「今年100周年を深得た宝塚歌劇団期待の新星、
柚香光の初主演作を考えた時、
その主人公ウラジミールの持つ清冽な美しさ、若さゆえの激しさ
哀しいまでの切なさ
――ツルゲーネフが彼に託した青春のすべてが
私の中にある柚香の姿と重なった

彼女の類稀な華やかさと溢れんばかりの瑞々しさ
天に向かって枝を張ろうとする伸び盛りの若木にも似ている。

宝塚という大地に根をおろしたその木は、
やがて大樹へと成長するだろう。
この作品が、男役・柚香光の華麗なる第一歩となれば、
座付き作者としてこれほどの喜びはない。
」 (プログラムより)

素晴らしい~~~~~kuma_hakushu.gif



おぉ~なんという愛の溢れる文章♪

原田先生、ゆずカレー絶賛!

そんな先生の思いが作品で開花して見どころ満載でした。

始まりは1860年 すでに四十路を過ぎたウラジミールが
別荘から荷物をひきあげようと 人夫を指揮している。

若かりし頃、この別荘に滞在していた夏の日の初恋に思いを馳せ・・・

27年前の回想から物語は始まります。

別荘に到着したレザノフ家、父(瀬戸かずや)と母(桜一花)が
ウラジミールはまだ?と探しています。

そこへ、ジャーン!ッて感じで白いスーツに身を包んだゆずカレー登場
文句なしにかっこいいです!

スポットライトを浴びて 笑顔がキラキラ輝いて
ものすごく勢いを感じますね~♪
旬の生徒が放つオーラが半端ないです!

あきら(瀬戸かずや)も、
ウラジミールと柚香光がいい化学反応をおこしている、
日々輝きを増すレイくんが嬉しくもあり、誇らしくも有る、と。
さすが父親役、包容力のあるご発言♪
この作品で、あきらの存在感は重要でした。

親戚のシャルロッタ(華雅りりか)が、ウラジミールに思いを寄せてます。 
すごくかわいい♪
せっかく星組から異動したのに・・・もっと使ってあげて下さい!



男を翻弄するけど、カラッと明るい華燿ジナイーダ、好感♪
翻弄される男たち、取り巻き5人組も楽しい。

原作より、嫌味のないジナイーダ(華燿きらり)でした。

白樺林に迷い込んだウラジミールから
父からもらった大切な短剣を取り上げて弄び
ダンスを強要。

二人の軽快なダンスが見せ場(振り付け:小林十市)

ダンスで足を踏んだ罰に、脚にキスをさせるシーン・・・

セクスィー  こ、これは・・・やられるっ!itomeru.gif


ジナイーダは、ちょっとからかっただけなのに、と
生真面目に言われるままに 従ったウラジミールの行動に
面食らい、うろたえ・・・心奪われた。


ワタクシ的最大のキュンポイントは

ショパンのノクターンを弾くジナイーダに
一緒に弾いてもいいか?と尋ね
横から右手でピアノを弾くシーン。

ゆずカレーくんの立ち姿で
ジナイーダへの思いを感じました。

そして二人のダンスへ・・・
舞台いっぱいを使って優雅なダンスにタメイキ。

二幕オープニングは、リラの精に扮した娘役さんの群舞

リラの花言葉は、初恋 ですから~♪


お笑いシーンがあると聞いていましたが、これか!

天真みちる@クレオパトラ ニルマーツキーと
劇中劇 「アントニーとクレオパトラ」を
ジナイーダに演じて見せています。

三枚目役者・天真みちる 魅力炸裂!

しっとりしがちなこの悲恋物語の中で
唯一笑いをとる箇所です。

二幕は、ジナイーダには、つきあっている男がいる、と
取り巻きの軍人ベロヴゾーロフに知らされたウラジミール。

物陰で見ていると ジナイーダと父・ピョートルが
ジナイーダの家から出てきて
恋敵が、わが父だと知ってしまった b-kaminari.gif


この時の ゆずカレーくんのうろたえ方、切なくなるほど!
怒りに震えるウラジミールを好演、迫真の演技でした!

自分が全身全霊をかけて愛している女性を
父は、通りすがりの女だ、と言い放った!
こらえきれなくなったウラジミールは
大切な短剣で父に斬りかかったのでした。

怒りを爆発させるところも凄みがありました!


一夏が終わり、初恋も終わりを告げました。



そして・・・贅沢だーーーーっ!

フィナーレ付き!

柚香光@ウラジミール  瀬戸かずや@ピョートル
立ち姿の美しい 二人が黒燕尾で踊るの

振り付け:羽山先生でめちゃセクスィー

ウラジミール ジナイーダ 父・ピョートル
3人のダンスも素敵~♪

桜一花ちゃんが少し絡んでから
真っ赤なお衣裳のバラの娘役さんたちに囲まれるレイくん
華やか~

男役黒燕尾がキビキビと気持ちよく
どちらかというと決して明るい話じゃないロシア文学の
舞台化だったけど

最後にフィナーレがついていて嬉しい!
宝塚はこれがなくっちゃ!

本当に 柚香光の魅力を堪能しました。

歌唱力もUPしてたし、どんどん実力をつけて
自信に裏打ちされた 輝きがありました。

きらりちゃんの美しい歌声に癒やされます、
そして レイくんとのデュエットも心に響いてきました。

原田先生がおっしゃるとおり、
大樹へと成長する確かな手応えを感じた公演でした。

にしても・・・あの柚香光くんのエキゾチックで端正なお顔、
あの眼差しに吸い込まれそう。
アブナイ、アブナイ。


柚香光くんは、これからも 見守り続けたい素敵な生徒さんですっ!

ゆずカレー、おいしかった! 満腹! panda_manuku.gif
大満足!

下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
関連記事

【2014/06/27 22:00】 | 宝塚・花組
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック