毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
岩城けい著 「さようなら、オレンジ」を読みました 。

新聞や文芸評などでこの作品名をよく目にすると思ったら
第29回太宰治賞受賞作にして
本屋大賞受賞作 2014年 本屋大賞4位


   sayounara.jpg
                 (画像はamazonよりお借りしています)


異郷で言葉が伝わること―― 
それは生きる術を獲得すること。
人間としての尊厳を取り戻すこと。
』 本の帯より

おぉ~~~っ!確かに。

我が家も下の息子が9月から留学するので
ドキッとするフレーズだわ


オーストラリアの田舎町に流れてきたアフリカ難民サリマは、
夫に逃げられ、精肉作業場で働きつつ二人の息子を育てている。
母語の読み書きすらままならない彼女は、
職業訓練学校で英語を学び始める。
そこには、自分の夢をなかばあきらめ
夫に付いて渡豪した日本人女性「ハリネズミ」との出会いが待っていた。

                         本の帯より

力強く異国で生きる女性たちが描かれています。

アフリカ難民のサリマの人生の物語と

大学で英語表現を教えたと思われる「私」の、ジョーンズ先生への
書簡が交互に出てきます。

サリマは、アフリカで、兄弟を戦乱で亡くし
難民としてオーストラリアに渡ってきたけれど
言葉ができないため、夫にも、子供にも馬鹿にされています。
なんとかありついた職業は黙々と食肉を捌き、トレーに並べる仕事でした。

それでも、真面目に働き、働きぶりを認められて街の新聞に載りました。

胸が熱くなります!

サリマは職業訓練学校で、
東洋人の「ハリネズミ」と出会います。
(黒い髪が硬くてハリネズミのようだから、とつけられたアダ名)

彼女は大学を出ていて英語ができるけれど、
夫について渡豪してきたため、自分の生き方を見失っていました・・・

途中から、書簡を書いているのが「サユリ」という日本人女性で

サリマのクラスの「ハリネズミ」の事だとわかってきます。
そして、サユリの友人のニキチが、サリマの事だということも。

二重構造の作品。

そういう仕掛けか!!とわかるまで、??なところも。

サユリは、ジョーンズ先生から勧められて、小説を書いていることがわかります。

この作品の冒頭部分から、サユリの書いた小説だったのです。

ニキチは、息子の学校のプログラムで
母国の事を紹介する機会を得ます。

初めて大勢の子どもたちの前で話すニキチ。
我が子でさえ知らなかった母の母国のこと。
今まで 英語ができない母をないがしろにし、
馬鹿にしていた息子が、母を誇りに思うようになる過程に感動します!

ニキチの一生懸命な姿は
少しずつ周囲に受け入れられ ようやく居場所を見るけることができたのでした。

言葉や文化、風習の違う所で暮らす苦労は多々あると思いますが
言葉が通じた時の喜び
心を交わしあえた満足感は、格別なのでは、と思います。

難民として生き、苦労の連続だったニキチに
もとの職場の上司が、ドライブに誘います。

夕陽にオレンジ色に染まった空を見ながら 幸せを噛みしめるニキチ

じわ~んと温かいものが胸に広がるのでした。


最後に、母語が如何に大切かということが、サユリの言葉として書かれています。

これは、オーストラリア在住20年の著者・岩城けいさんの思いですね♪
やはり 母語が内言語になっているから(思考は日本語でするから)
「言葉の持つ力」は、母語にある、ということなのですね。



ちょっと書き足りないので、そのうち追記するかもです。

本は図書館に返してしまっているので(いつものことながら。返却期間ある故)
思い出し書きで失礼しました~ 


下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
関連記事

【2014/08/22 23:58】 | BOOK
トラックバック(0) |

書評サイト本が好き!のご案内
本が好き!運営担当 いけだ
突然のコメント、失礼いたします。
書評コミュニティサイト「本が好き!」を運営しております、池田と申します。

今回書評を拝読し、ぜひ本が好き!にも書評を投稿していただきたいと思いコメントいたしました。

本が好き!では、書評をサイトに投稿していただくと本がもらえる、献本サービスを行なっております。

献本は審査を通過した方のみ申し込み可能となりますが、
今回は会員登録後ご連絡いただければ、すぐに献本申し込みできるようにしたいと思います。

書評家さんの交流も盛んで、本について語れるサイトとなっております。
ご自身の書評サイトと併用されている方も多いです。

よろしければ一度サイトをご覧いただけますと幸いです。

不明な点などありましたらお気軽にご連絡ください。
よろしくお願いいたします。


Re: 書評サイト本が好き!のご案内
happy
本が好き!運営担当 池田様

ご訪問、ありがとうございます。

貴サイト、訪問させて頂きました。

ブログの他に、グルメサイトにも記事を投稿しております。
いつか 余裕ができましたら
「本が好き!」サイト様に登録し、
書評を投稿させていただきます。

ご案内ありがとうございました。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
書評サイト本が好き!のご案内
突然のコメント、失礼いたします。
書評コミュニティサイト「本が好き!」を運営しております、池田と申します。

今回書評を拝読し、ぜひ本が好き!にも書評を投稿していただきたいと思いコメントいたしました。

本が好き!では、書評をサイトに投稿していただくと本がもらえる、献本サービスを行なっております。

献本は審査を通過した方のみ申し込み可能となりますが、
今回は会員登録後ご連絡いただければ、すぐに献本申し込みできるようにしたいと思います。

書評家さんの交流も盛んで、本について語れるサイトとなっております。
ご自身の書評サイトと併用されている方も多いです。

よろしければ一度サイトをご覧いただけますと幸いです。

不明な点などありましたらお気軽にご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
2014/08/29(Fri) 11:09 | URL  | 本が好き!運営担当 いけだ #34NmlGpg[ 編集]
Re: 書評サイト本が好き!のご案内
本が好き!運営担当 池田様

ご訪問、ありがとうございます。

貴サイト、訪問させて頂きました。

ブログの他に、グルメサイトにも記事を投稿しております。
いつか 余裕ができましたら
「本が好き!」サイト様に登録し、
書評を投稿させていただきます。

ご案内ありがとうございました。
2014/08/29(Fri) 17:47 | URL  | happy #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック