毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
黒豹の如く Dear DIAMOND!! 初日 
             おめでとうございます♪

ついに この日が来てしまいました。

ちえちゃん(柚希礼音)退団公演の初日。

スカステニュースで稽古場映像観て
歌劇2月号 座談会熟読

そして 今日、観てこられた方からのレポを友人から送ってもらった。
台湾公演ご一緒した方からの情報も。

私の中で 想像の翼が大きく羽根を広げて、
とんでもないところへ飛んでいってしまいそうなぐらい
脳みそ沸き返ってます。わっしょい! omikosi.gif


プロローグは、パワフルな海賊のナンバーがあって
筋肉痛になるほどの激しい振り、だそうです、楽しみですね♪

ちえちゃんは、激しく踊り、立ち回り ワイルドに荒々しく 
まさに、黒豹の如く駆けまわるそうです~
キレっキレのダンスが楽しみ!
男役さんたち きっとカッコイイでしょうね!

紅(アラルコン)に片思いの風ちゃん(アルヴィラ)。
このアルヴィラが、キーマンで、美味しい役なんですって!
芝居の運命を握る女」って 紅の運命狂わしちゃったりする??
それが 多方面に波及するのかな~?

柴田先生が「どういう風に見せて頂けるか楽しみにしています」という
重要な役どころ。 次期 星組娘役トップ 実力の見せ所ですね♪

舞台上 ちえねねの二人だけが しっとり見つめ合う・・・
おぉ~~~ キュンポイントですね♪
観もしてないのに 妄想で語ってゴメン!

最後泣かされるみたいで・・・
客席のファンが 皆 泣き入ったら どうなるのか
どんな雰囲気なのか、オソロシイ・・・

なんか 雰囲気が 「琥珀色の雨に濡れて」に似てるとか
「ガラスの風景」に酷似とか・・・? 
それが柴田作品らしさ、って事かな??


ショースター 柚希礼音の魅力炸裂のショー?
安定のダイスケ・フジイ担当。

最後が藤井大介先生で良かった!
客席下りパラダイス!!
ちえちゃんは 1階席も 2階席にも行くそうですね。
さすが ファン思いのちえちゃん
REON!!IIの時も 3階席にも現れて ファン大感激でしたね♪

いつも ファンの心を大切にしてくれて
如何に観客を喜ばせるかを考えてくれている、
真のエンターテナーだと思っています。

激しいプログラムを2公演こなした後のお茶会でも
優しい笑顔を絶やさず サービス精神旺盛で 
本当に頭が下がります。

ちえちゃん、ありがとう!!
ちえちゃんのファンで、本当に幸せですっ!!!

あ、そうそう、ショーの始まりは銀橋からですって。

ANJU先生振り付けのリベルタンゴから始まるんですね♪

すごく楽しみです!!

ちえちゃんが入団したばかりでノバ・ボサ・ノバの新公で務めた
ドアボーイのシーンがあるのは フジイ先生の愛かな~

あれが 柚希礼音サクセスストーリーの始まりだったんですね♪

歌劇読んでたら 見どころ満載ぽいですよ♪

Dolce Vita 3組のデュエットダンス 
ちえ ベニ ゆりか(真風)と ねね、まこっちゃん、あーちゃん、て。
まこっちゃん またしても娘役で・・・でも最後に大好きなちえちゃんと
一緒に踊れて嬉しいかも!

ここ、忙しく相手役が代わるみたいで 目が2つじゃ足りなさそう

Dawn DIAMOND
SHUN先生振り付け(期待!!)で
ちえちゃんのこれまでの思いと退団する今の気持ち、
心象風景をSHUN先生がダンスで表現しているらしいです。

そして!! ちえちゃん4回目の作詞に挑戦!!
歌詞に泣く?? コワイよ~

大階段は、正統希望のちえちゃん。
ナンバーがショパン♪ シンプルな黒燕尾♪ 振り付け 羽山先生♪

文句なし! 

デュエットダンスもきっとため息モノでしょうね!
楽しみです!

私達ファンはもちろんですが、
星組の組子の皆さんも 6年間 
濃密な時間を積み上げてきた仲間として
お別れの時を思うとこみあげてくるものがあると思います。

最後の公演を共に作り上げる喜びを噛み締めつつ
一公演一公演をしっかりと 胸に焼き付けて・・・

お怪我無く 千秋楽を迎えられますように!

って、その千秋楽で ちえちゃん卒業しちゃうよー
あ~~~~~


下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
関連記事

【2015/02/06 23:55】 | 宝塚・星組
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック