毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
いろいろ忙しいけど 電車で移動の時間を利用して
東野圭吾著 「秘密」 を読みました。

1998年9月刊行、
文庫本は2009年発行ですけども かなりくたびれてますね~^^;

        秘密


東野圭吾さんと言えば 作品が映画化やドラマ化され
人気のミステリー作家ですが

東野圭吾の名前を世に広めたのがこの作品だそうです。


妻と娘を乗せたバスが崖から転落。妻の葬儀の夜、
意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。


                    巻末 文春文庫 東野圭吾の本 紹介文より


普段のミステリーは、トリックを見破ったり
だれが 犯人なのかと目星をつけながら読むのが楽しいのですが
この作品のキモは 事件の犯人探しではないのです。

体は10歳の娘・藻奈美、けれど 精神は、妻の直美。
何かの拍子に 妻の魂が藻奈美に宿ったようなのです。

アホらし。 荒唐無稽すぎる!
読むのやめようかな、と思ったのですが
結局いつものように ストリーテラー 東野圭吾に、
読まされてしまいました。


妻の直子が 娘の体を借りて 部活や受験勉強にうちこむ姿を
眩しく思う反面
第二の青春を楽しんでいる直子に
置いてけぼりを食った気になって落ち込んだり
男子学生からかかってくる電話に心をかき乱されたり
やり場のない嫉妬心に苦しむ主人公・杉田平介 .39歳。

自分は、夫なのか父親なのか。

主人公・平介の心の揺れも読みどころです。

事故を起こしたバスの運転手にまつわる「秘密」は、

亡きバスの運転手の思いを知ると切なく
生き別れた息子への思いが 胸熱。

時を経て
藻奈美の中の直子は、姿を消し
本来の藻奈美が藻奈美自身になったとき

平介は 今度こそ本当に妻を失ったことを知るのです。

キャッチコピーは『運命は、愛する人を二度奪っていく

にゃるほど


ラストシーンは、藻奈美の結婚式の日。

娘の結婚については ちょっと都合良すぎませんか、という
ストーリー展開ですが
読後感は爽やかです。


人格が入れ替わるところは、
多重人格のお話
「24人のビリー・ミリガン」や 百田尚樹著「プリズム」を
思い出しました。


下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
関連記事

【2015/03/08 22:49】 | BOOK
トラックバック(0) |


みかん
映画では最後、実はまだ直子のままだったんじゃないかみたいな感じを匂わせてましたけど、原作は違うんですか?

Re: タイトルなし
happy
みかん様

おはようございます。

細かくは書きませんでしたが
藻奈美の体を藻奈美と直子、ふたりが共有してます。

だんだん直子の出現する時間が減って
藻奈美が出てくる時間が増えてくるんです。

そういう状態が続くのをよくない、と直子が判断して
「直子が身を引いた形」で 藻奈美の中から消えます。

横浜・山下公園へのデートで 直子は最期の別れを
夫・平介に告げました。
それ以来 藻奈美は藻奈美として生きています。

直子は藻奈美の中に生きているけれど「封印されている」、と
解釈の仕方によっては、言えると思います。

みかんさんはどう解釈されるでしょうか、一度原作を
お読みください、面白いですよ♪

原作、映画、ドラマ全て見ました
はまっ子
happy様

東野圭吾作品は私も昔から好きで
かなりの作品を読んでいますが
こちらは
映画→原作→ドラマの順に見たのですが
やはり原作が一番良かったです。

東野作品は映画化されるものが
多いのですが、作品の内容がかなり変わってしまうものがあり
残念なパターンが時々あります。


私はこの秘密も好きですが
やはり手紙がマイベストですね。
親子や兄弟の愛を描いた作品が
やはり心打たれます。

因みに今は会社の休憩時間中に
マスカレ―ドホテルを読んでます。
歳のせいか1回では内容が把握できず最近は2回は読まないと理解できません(;´д`)

今夜は娘と宮部みゆきの
ソロモンの偽証の映画を観に行きます。
こちらは敢えて原作を読んでおらず楽しみにしています。

Re: 原作、映画、ドラマ全て見ました
happy
はまっ子様

こんにちは♪

> 映画→原作→ドラマの順に見たのですが
> やはり原作が一番良かったです。

私は、ドラマも映画も観てないのです。
が、原作が一番良かったとお聞きして嬉しいです。

映画、ドラマの方が好きな方もいらっしゃるかもしれませんが
時間に制約があるため 端折られたり 
監督の解釈の仕方や、
見せ方の為に脚色が思わぬ方向に走ったりすることもあり、
原作にはない配役があったりしますね。

> やはり手紙がマイベストですね。

たまたま、テレビで放映されてた映画「手紙」観ました。
心にズシンとくる作品でした。
原作、未読です、読んでみます!!

マスカレード・ホテル読みました。
全然立場の違う二人のやりとりが謎解きよりも面白かったです。


ソロモンの偽証は、第一部のみ読みました。
1冊でもすごいボリュームなのに、3冊も無理 !と諦めてしまいました。

楽しんでいらしてください!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
映画では最後、実はまだ直子のままだったんじゃないかみたいな感じを匂わせてましたけど、原作は違うんですか?
2015/03/09(Mon) 08:51 | URL  | みかん #IHLSsbW6[ 編集]
Re: タイトルなし
みかん様

おはようございます。

細かくは書きませんでしたが
藻奈美の体を藻奈美と直子、ふたりが共有してます。

だんだん直子の出現する時間が減って
藻奈美が出てくる時間が増えてくるんです。

そういう状態が続くのをよくない、と直子が判断して
「直子が身を引いた形」で 藻奈美の中から消えます。

横浜・山下公園へのデートで 直子は最期の別れを
夫・平介に告げました。
それ以来 藻奈美は藻奈美として生きています。

直子は藻奈美の中に生きているけれど「封印されている」、と
解釈の仕方によっては、言えると思います。

みかんさんはどう解釈されるでしょうか、一度原作を
お読みください、面白いですよ♪
2015/03/09(Mon) 09:06 | URL  | happy #-[ 編集]
原作、映画、ドラマ全て見ました
happy様

東野圭吾作品は私も昔から好きで
かなりの作品を読んでいますが
こちらは
映画→原作→ドラマの順に見たのですが
やはり原作が一番良かったです。

東野作品は映画化されるものが
多いのですが、作品の内容がかなり変わってしまうものがあり
残念なパターンが時々あります。


私はこの秘密も好きですが
やはり手紙がマイベストですね。
親子や兄弟の愛を描いた作品が
やはり心打たれます。

因みに今は会社の休憩時間中に
マスカレ―ドホテルを読んでます。
歳のせいか1回では内容が把握できず最近は2回は読まないと理解できません(;´д`)

今夜は娘と宮部みゆきの
ソロモンの偽証の映画を観に行きます。
こちらは敢えて原作を読んでおらず楽しみにしています。
2015/03/09(Mon) 10:13 | URL  | はまっ子 #sDCFmhu2[ 編集]
Re: 原作、映画、ドラマ全て見ました
はまっ子様

こんにちは♪

> 映画→原作→ドラマの順に見たのですが
> やはり原作が一番良かったです。

私は、ドラマも映画も観てないのです。
が、原作が一番良かったとお聞きして嬉しいです。

映画、ドラマの方が好きな方もいらっしゃるかもしれませんが
時間に制約があるため 端折られたり 
監督の解釈の仕方や、
見せ方の為に脚色が思わぬ方向に走ったりすることもあり、
原作にはない配役があったりしますね。

> やはり手紙がマイベストですね。

たまたま、テレビで放映されてた映画「手紙」観ました。
心にズシンとくる作品でした。
原作、未読です、読んでみます!!

マスカレード・ホテル読みました。
全然立場の違う二人のやりとりが謎解きよりも面白かったです。


ソロモンの偽証は、第一部のみ読みました。
1冊でもすごいボリュームなのに、3冊も無理 !と諦めてしまいました。

楽しんでいらしてください!
2015/03/09(Mon) 15:10 | URL  | happy #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック