毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆

森下信雄著 
元・宝塚総支配人が語る「タカラヅカ」の経営戦略』、を読みました。

元宝塚総支配人が語る

著者は大学卒業後 阪急で鉄道業務に従事後 
宝塚では、制作課長、星組プロデューサー 
その後 宝塚舞台へ。
阪急へ復職後は、歌劇事業部、宝塚総支配人。

いろんな面から宝塚を見て来られた著者だからこその
お話が興味深かったです!

内容は、

1タカラヅカの基礎知識  

2宝塚歌劇のビジネスモデル

3宝塚歌劇ビジネスの特徴

4宝塚歌劇とAKB

5タカラヅカのこれからと業界の未来
の5章からなります。

面白かった!


なるほど~!と今まで謎だったことも腑に落ちました!

特に第一章は、宝塚をご存じない方に分かりやすく説明されていて
なるほど!そういうことだったのね!と目からうろこ、ポロポロ・・・

ワタクシ、今日4月26日でヅカファン歴 やっと満7年になります

ヅカファン歴 20年 30年 40年 50年 60年・・・の
大先輩が大勢いらっしゃる中 まだまだひよっこの私が
いつも好きなこと語ってますが、お許しくださいませ。

世間の熱きヅカファンの皆様や
ヅカファン歴の長いオールドヅカファンの皆様と

何か違う、どこかが違う・・・ともやもやしてたことが
なぜだったのか、この本を読んで謎が解けました。

結論、    私にはヅカ愛が足りない! ga-n.gif

ということです。

厳しいことを言えば 宝塚ってぬるま湯だな、と思っています。

外部の演出家なら 駄作を連発すれば、それこそ
「おまんまの食い上げ」になりますが

宝塚は作家・演出家を終身雇用にして、著作権を買い上げるそうです。
だから 死ぬまで安泰です。
ですから、とっくに旬を過ぎて いい作品が書けなくなっても
雇用関係は続くのです。 orz

サヨナラ公演なら、駄作でも客は入ります。
人気のトップスターの公演なら 
トップスターが客を入れてくれます。 楽ちんじゃのぅ。

台本、音楽が素晴らしい、でもトップさんがかっこよくない、
と言うのは 最悪の評価。

本はめちゃくちゃでもトップがかっこいいいと評価されると
チケットは売れる
のだそうです。
                                   (本文より引用)

へぇ~~~~~~~~ 


それって トップスター頼みってこと??
トップスターの魅力 > 作品内容
ってことですね??

ここはイコールであって欲しいです。

オリジナルには 名作もありますが
微妙な作品が多いのはそういうことか!と
合点がいきました。


ワタクシの観劇史上最悪の 「仮面の男」を観た時に
制作サイドは、内容をチェックしないのか?
していても ダメ出しをしないのか?
それとも あれでいいと思っているのか、と常識を疑った。

観劇史上 ビリ2は ロジェ 
ビリ3は・・・黒豹?? 

生徒も、それぞれ切磋琢磨していると思いますが
歌劇団に在籍さえしていれば 
取り立てての技術(歌、ダンス、芝居)が無くても
舞台には立てます。
常に背水の陣で オーディションで役を掴みに行く
多くの舞台女優さんとは 気迫が違うように思います。

気迫がないからこそ、の「フェアリー」なんでしょうね~hojihoji.gif


宝塚歌劇団が フェアリーとして 生徒を育て
プロデュースし 夢の世界を体現させているのだ、と
改めて納得しました。

「華やかなルックス」優先して 宝塚の世界観を出す。
分かるけど・・・
あまりにもお歌がヒドイと 返って反感買うんですけど・・・?

宝塚歌劇とAKBの第4章では
「シロウトの神格化」について書かれていて興味深いです。

シロウトで未完成な状態の生徒を
ファンが共にバージョンアップしていくのが神格化、だそうです。

進化することを前提にして作ったシステム、というのは
AKBと通じるところなんですね。

向上していく過程を楽しむ

それが私に欠けていたみたい。。

いいものを観たい」んです。

私が柚希礼音ファンになった時、
すでにちえちゃんはトップ一歩手前でしたが、
トップになってからも ちえちゃんはどんどん向上していき
LEGENDと呼ばれるまでになりました。
我が子の成長を見守るような楽しさがありました。

でも、それは ちえちゃんであったからでした。


ヅカファンたるもの、
どんな生徒さんでも、成長を「楽しまないと」いけないのですね・・・


神戸(宝塚、西宮、川西辺りも)に住んでいると
知り合いの知り合いが生徒さん、というケースが多く
我が子を応援する感じで見守ってますが・・・
そういうことね 


フェアリーを演出するために 
いつまでも「生徒という肩書」を与えるから
生徒さんは退団後 世間とのズレに
ご苦労されることもあるようです。

こんな独特の世界だからこそ ハマる人は深くハマるけれど

世間からは敷居が高いと思われで来たのではないでしょうか。


第5章で 業界の未来について語っておられます。

プロセスを見せることを提案されています。
商品(公演)が出来上がるプロセスを開放する。

稽古のプロセス 道具・衣裳制作のプロセスなど。

ブロードウェイでは既に有料で顧客をスタジオに入れて
台本の読みげいこなどを見せているそうです。

そうすることで、twitterや ファンコミュニティで
情報拡散される、という狙いがあるようです。

最近、スカイステージでも「ステージドア」という
舞台裏を見せる番組があり、とても興味深いです!!

来月は、「1789」の舞台裏を観せてもらえるようで楽しみです。

歴史ある宝塚も その時代に合わせて
変貌を遂げていく必要がありますね。

すみれコードも 魅惑のヴェールに包むのに一役買っていますが
今は、人前で食事をしない、などというナンセンスな
コードは廃止されてよかったです。

生徒をより身近に感じることで 
応援する生徒さんが立つ舞台を観に行きたい、と
思うのですから!


100周年を期に、世間への認知度がUPしてる今
ビジネス拡大のチャンス到来、といったところでしょうか。

宝塚の新世紀に向けて 「経営戦略」は成功するのか。

生徒同様、見守りたいと思います。

◆関連リンク
元・宝塚総支配人が語る「タカラヅカ」の経営戦略

【 第1回】「タカラヅカ」の基礎知識 (第1回だけ無料で読めます)


下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
関連記事

【2015/04/26 22:58】 | BOOK
トラックバック(0) |


おとと
私も「仮面の男」は受け入れられませんでした…。
あと「忘れ雪」も。
どちらもキムちゃんの公演だったので
やっぱり本の出来はトップスターの在団期間に大きく影響するのではないかと思うのですが。
少なくとも、私は駄作に通い詰めることはしないかな~。

7周年おめでとうございます♪
ちぃたん
happy様がヅカ愛が足りないだなんて、私なんてヅカ愛というか、ヅカにかけられるお金が足りない
(^^;;

金銭的、時間的に余裕があれば将来有望な生徒さんを発掘する楽しみもあるんだろうけど…

昔に比べればヅカはかなり風通しがよくなってるな~と思います。生徒さんのメディア露出が増えましたし♪

昔はNHKがたま~に舞台中継を放映するぐらいで映像化商品はなく、CDしか販売してなかったかも←昭和w

時代の変化と共にヅカも変わっていくのでしょうね。これからも末永く、清く正しく美しい宝塚が続きますように。

本のご紹介にあった、ヅカお抱え作家さんのくだりは……ふぇいって感じデス←そら氏風w

やっぱりなんて言うか…トップの人気頼みでなく、作家先生、頑張ってください!!(切実)

ファンは決して安くはないチケット代払ってるんだから頼みますよって、特に退団公演~!



ホワイトオリオン
happyさま
こんにちは。ファン歴7年目という事は、宝塚では研究科7年生で新人公演最終学年ですね!
(となると私のファン歴は専科の大御所?)

宝塚の経営戦略本の感想有難うございます。宝塚の演出家は終身雇用とは初めて知りました。びっくりです。

長く宝塚を観ていて駄作の時などは「台本をもらった生徒もきっとやりたくないだろう」「こんな話あるわけない」と思いつつ、お稽古をして舞台に出演しているだろうとは思いますが、劇団は、時代に関係なくベルばらやエリザを繰り返し上演していますし、柴田作品の再演も多いですね。

個人的に1番の駄作を上げるとすれば、轟トップお披露目の「真夜中のゴースト」(ほとんど夢の中で覚えていません)「仮面の男」は、観劇前に周りの評判が悪すぎて観劇しませんでした。

「黒豹」もどちらかに分けるとすれば駄作だと思いますが、柴田先生の古き良き昭和のティスト満載の中途半端なメロドラマのような感じですが、柴田先生がちえちゃんの為に書き下ろした作品なので、やはりちえファンとしては、駄作であってもどこかいい所を見つけたいと思わずにはいられません。

上演作品が、ヒットするのかしないのかが、トップスターの力量にかかっているのなら、もっとファンが求めるその組のトップに相応しい題材を選んで上演すればいいのでは?と思います。トップ在団期間は限られていますし、ファンにしてもやはり演じてほしい役や似合う役もあると思うのですが。。

以前から思っていますが、駄作を作るのなら、一般ファンから脚本を募集したり、まだ舞台化されてない宝塚に似合う作品を募集したり、もっと生徒もファンも納得できる作品を作るべきだと思います。

また色々教えて下さいね。



こんにちは
yokko
happy様

 ヅカ歴 7年!、ほ~んと、どなたかが言って
 いらっしゃるけれどジェンヌさんなら新公卒業時期・・・
 私 とっくに定年退・団 です(笑)

 私も 読みました!

 あれこれ面白かったですねi-179 
 やはり宝塚は「独特」
 中味は垂直統合システムのエンターティメント
 だそうでファンは そんな劇団に何を求めるか・・・
 体制が本に書かれている内容なので仕方ない
 部分が多過ぎるかも知れませんネ。
 


 綺麗で生演奏で、「夢の中」の3時間、特殊な
 世界 と思っています。

 私も 「いい作品がみたい!」happyさんに
 同感で、「感動」するってやはり作品なんですよね。
 
 若い女性だけの集団 その魅力にどっぷり浸かって
 嵌まって、そう出来る事が恵まれていると
 思って また 見に行ってしまうファンの一人
 になってしまった???・・・i-229
 
 
  
 
 
 
 
 

 

 
 
 

こんにちは!
くっきー
この時期の風邪は体に堪えます!
1週間声が出ず、今はやっと回復しましたe-448
ハッピーさんも、この時期、気をつけて下さい!e-459

『元・宝塚総支配人が語る「タカラヅカ」の経営戦略』聞いたことがあります、この本!
劇団も、やたらに生徒さんをテレビに出すのは・・・私はちょっと・・・てタイプなんですe-451
どこかヴェールの包まれた感があるからこそ、魅力があるし・・・e-263
それとタカラジェンヌは、気品を無くしたらダメと!
思ってるものなので・・・。

作品も、駄作でも一生懸命演じてる生徒さんが、お気の毒って思う作品も
多々ありますよね!
劇団も駄作でも、ご贔屓が来てくれるから大丈夫って安楽的な態度じゃ、
生徒さんに失礼! 高いチケット代払って来てくれる、ファンに失礼ですよねe-260
黒豹も・・・駄作に入るかな?
1回しか観てないけど、バイキング時代のお話の方が
シンプルやったかな~? e-350


Re: タイトルなし
happy
おとと様

今晩は!

そうそう! 「忘れ雪」も評判イマイチですね~(汗)
私は観てないのですが…

桂ちゃんは、つくづく作品に恵まれていなかったと思います。
作品が悪くて チケットの売上に苦労されたのでしょうか…

> 少なくとも、私は駄作に通い詰めることはしないかな~。
サヨナラ公演なら、もう会えなくなるから、と
「作品」を観に行くのではなく 「生徒」を観に行くんですが…。

サヨナラ公演こそ、トップスターの持ち味を生かす
素敵な作品でお見送りしたです。

今回は、まったくもってonz

Re: 7周年おめでとうございます♪
happy
ちぃたん様

今晩は!

昔を知らないのですが 今はCS放送等で、生徒さんをより身近に
感じることが出来るようになりましたね♪

宝塚専従の先生方も、ぬるま湯にどっぷりで
テキトーな作品でも 
客入り悪ければトップスターに責任転嫁できるし…お気楽?^^;

本気でいい本書いて欲しいですね!


Re: タイトルなし
happy
ホワイトオリオン様

今晩は!

わ~! ホワイトオリオン様、ヅカファン大先輩ですね♪
私の駄文を読んで頂き 畏れ多き幸せ (ジョセフィーヌ風)


> 長く宝塚を観ていて駄作の時などは「台本をもらった生徒もきっとやりたくないだろう」「こんな話あるわけない」と思いつつ、お稽古をして舞台に出演しているだろうとは思いますが、劇団は、時代に関係なくベルばらやエリザを繰り返し上演していますし、柴田作品の再演も多いですね。

生徒はどんな作品でも100%の力を出しきってお稽古に励んでいますので
頑張り甲斐のある作品であって欲しいですね。

この本を読んで、3つ4つ記事書けそうなくらい話題満載だったのですが

予算が苦しい時は「ベルばら」など再演ものを打つそうです。
新しく音楽や衣裳、セットを作る必要がないからです。
しかも 二本立てより 一本立ての方が安くつくので
そういう時は 「エリザ」「風共」なんでしょうね。

「真夜中のゴースト」…それは聞いたことがなかったです!
「仮面の男」は、観てる最中から 怒りがこみ上げるという
最悪の経験でした。ある意味、一見の価値ありだったかも??^^;

「黒豹」は、ビミョーですね。これが普通の公演ならいいのですが
ちえちゃんの最後の公演だと思うと残念すぎます。
いいとこ探すけど ちょっとしか見つけられませんでした…

作家・演出家は 企画書を出し、通った物が採用されるそうです。

私は、雪組の壮一帆さんの退団公演が好きでした。
全然期待してなかったけど 恋愛シーンも濃くないけど
思いの外良かったのは、作品とトップさんの持ち味が
マッチしてたからだと思ってます♪

ホワイトオリオンさんがおっしゃるように、ファンの意見も
組み上げる努力も必要だと思います。
顧客満足を追求するのが 企業のあるべき姿だと思います。

ちえちゃんのサヨナラも、もっと明るくてみんなの太陽みたいな役が
良かったな~、ホント、ショーで救われました!

Re: こんにちは
happy
yokko様

今晩は!

ヅカ歴たったの7年ですが、yokkoさんも大先輩~~~~
ひれ伏したくなります!

なにかと「阪急丸儲け」だな、と思ってたら
それを「垂直統合システム」って言うんですね~! 勉強になりました。

>  私も 「いい作品がみたい!」happyさんに
>  同感で、「感動」するってやはり作品なんですよね。

そうですよね~~~  ((( ^^)爻(^^ )))
作品ですよね~~~
今回の「黒豹の如く」で思い知りました。

でも。宝塚歌劇団は、人気のトップスターがいれば
なんとかなる、と思ってるみたいですね ^^;

Re: こんにちは!
happy
くっきー様

今晩は!

> 劇団も、やたらに生徒さんをテレビに出すのは・・・私はちょっと・・・てタイプなんですe-451

あら!そうだったんですか??
ちえちゃんの昨年末のFNS歌謡祭、すごく良かったんですけど♪
地上波で観ると ちえちゃんや みりおくん 
一際輝いて見えますe-420

> どこかヴェールの包まれた感があるからこそ、魅力があるし・・・e-263

確かに、そうですね~! 昨年100周年で多くのOGさんが
テレビに出演されてましたが あからさな暴露話にドン引きでしたね~~~

> 作品も、駄作でも一生懸命演じてる生徒さんが、お気の毒って思う作品も
> 多々ありますよね!
あります、あります。
私が知ってる中で一番お気の毒だったのが音月桂ちゃんです ^^;
今回のちえちゃんだって、大概お気の毒だと思います。


チョコレート
私も読みました。
宝塚は女子供の見るもの、四季や外部ミュージカルの方が高尚であるという先入観で持って見られがちです。でもそれは、一部のミュージカルスターや脇を固める、ひとにぎりのベテランに言えることです。
ラブロマンスを軸に作品がつくられることにも原因があります。少々内容が理解しにくくとも批評家が褒めれば、その受け売りで、小難しいものを評価し、宝塚のような作品を何を甘っちょろい非現実なことを言うのかと上から目線で見る。そんな人もいます。しかし、
外部とて、商業演劇。人気があれば、実力がなかろうが、主役をはれる。オーシャンズもしかり。映像の世界は特にモデルやミス⚪️⚪️といった若いスタイルの良い人たちばかりにスポットがあたるのが現実です。
元宝塚の人でも映像で活躍しているのは舞台の実力より容姿で上り詰めた方たちです。どの世界も芸能界は運、人気、容姿、お金がものをいうのだと思います。お金がないといい舞台は作れない。人がはいらないと元をとれないのですから。

Re: タイトルなし
happy
チョコレート様

おはようございます。

おっしゃるように商業演劇は、実力が無くても名前が売れてさえいれば
センターに立てますね。客寄せパンダ的でもあります。
宝塚で星組花組のオーシャンズを観た後に外部のオーシャンズ11を観て思いました。
主演より 脇役 アンサンブルの上手さが光っていました。

芸術性を追求するのか、夢を売るのを追求するのか。

私は劇団四季から 宝塚へシフトしてきた派なので
宝塚の夢の世界は大好きで、独自性を認めていますが
それでも一定上の実力のある人を抜擢して欲しいです。
美しさだけでは 張り子の虎ですよね~ 中身空っぽ! orz

> 元宝塚の人でも映像で活躍しているのは舞台の実力より容姿で上り詰めた方たちです。
どの世界も芸能界は運、人気、容姿、お金がものをいうのだと思います。お金がないといい舞台は作れない。人がはいらないと元をとれないのですから。

おっしゃるように 今テレビで活躍されているOGは実力よりビジュアルの方が多いですね。

画面に大写しになるテレビのお仕事と 舞台から離れたところから観る演劇
テレビと舞台ではニーズが違うように思いますし、客層も違うと思います。

確かに 華やかな舞台を作るのにお金が必要なのは自明の理ですので
カネコネも仕方ないかな、と思いますが
それも一定の基準以上の演者を当てないと
「宝塚歌劇団」そのものの審美眼が疑われますよね~~~

貴重なご意見、ありがとうございました!


HS
こんにちは、初めてコメントさせていただきます。
私も、しばらく前にこの本を通読いたしました。
「作家・演出家を終身雇用にして、著作権を買い上げる」には、私もちょっとびっくりしましたが、それも含めて、とても興味深く読了いたしました。
私的には、劇団が100年以上も続いているのは、トップスターの魅力>>作品内容、容姿>>歌・芝居の実力 といった価値観 + ブロードウェイなどとは根本的に異なる経営システム + 何らかの幸運 があったからかと、納得して読み終えました。
勿論、ファンとしては、良い作品(何をもって言うかはおいといて)を観たいですが、外部招聘したからといって(カリスタのような)駄作にならないとは言えませんし、座付きの先生方も、(終身雇用だからといって)駄作でいいと思っているわけではないでしょう。それに、この本に書かれているように、傑作・大ヒット作品であっても、宝塚の場合は“(何年も続く!?)異例のロングラン公演”とはいかないので、外部招聘にどの位のコストをかけうるのかは経営的には非常に難しいところ(大コケもあり得るのですから。赤字が続けば、阪急グループから分社化され消滅...?)。
黒豹 4回観ました。確かにストーリーは破綻していて、正直、前半は意識が遠のきそうになりましたが、退団公演のトップ(オブトップ)のかっこいい姿を十分に観せる、という意味では、決して(万人にとっての)駄作ではないと思っています。それに、この作品が傑作だったとしたら、私も6回(あと2回観る予定)もチケットを取れなかったでしょうし(正規で買えたのは1枚のみ)、その他多くのちえロスの皆様方も(高騰するチケットが買えずに)劇場から締め出されてしまうことになりかねません。
とにかく、世界に一つしかない煌びやかなTAKARAZUKAが、これからもずっと続いて行って欲しいですね。

Re: タイトルなし
happy
HS様

初めまして♪
コメントありがとうございます!

私も、本の内容は、なるほど!と納得でした。

宝塚の独特の世界観を生み出すには ビジュアル第一、って事も
分かりますが、歌い始めた途端にひっくり返りそうになる生徒さんも
いらっしゃいます ^^; 

座付きの先生もいい作品を書くつもりで臨んでおられるとは思いますが。
1時間半という時間制限も 良作を生みにくくしているのかもしれませんね。

黒豹は、もう語る度に愚痴になりますのでここでは書きませんが
一言、残念! orz

夢の様な世界は、宝塚をおいて他にないので
いつまでも いつまでも輝く続けて欲しいと思います、私も!!


管理人のみ閲覧できます
-


Re: タイトルなし
happy
コメントありがとうございます!

そうなんですね~、台湾公演を観に行った時にも思いました。
他の方のブログで わざわざ台湾まで来ている客に対する態度について
疑問視されていました。

創業者故の○心かもしれません。

理事長が変わったので、体質改善されることを期待したいです。

社長室に掲げられるように 「お客様は神様です」と書いた色紙を
プレゼントしたいですわ、ホント。



管理人のみ閲覧できます
-


Re: 不思議な世界・・・
happy
○ン○様

今晩は!

この本の中には、生徒さんのお給料については書かれていません。

毎年40人の新人が入ってくるのですから
毎年40人が退団しないといけない勘定になりますよね。
舞台への貢献度が低いと 退団を提示されるのでしょうね。

今の世の中、昔と違って 娯楽も多様化していますので
これまで同じやり方では続かないでしょうね。

おっしゃるように、創意工夫、そして!!!!
「企業努力」で良い舞台を作っていって欲しいと思います。




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私も「仮面の男」は受け入れられませんでした…。
あと「忘れ雪」も。
どちらもキムちゃんの公演だったので
やっぱり本の出来はトップスターの在団期間に大きく影響するのではないかと思うのですが。
少なくとも、私は駄作に通い詰めることはしないかな~。
2015/04/27(Mon) 00:42 | URL  | おとと #-[ 編集]
7周年おめでとうございます♪
happy様がヅカ愛が足りないだなんて、私なんてヅカ愛というか、ヅカにかけられるお金が足りない
(^^;;

金銭的、時間的に余裕があれば将来有望な生徒さんを発掘する楽しみもあるんだろうけど…

昔に比べればヅカはかなり風通しがよくなってるな~と思います。生徒さんのメディア露出が増えましたし♪

昔はNHKがたま~に舞台中継を放映するぐらいで映像化商品はなく、CDしか販売してなかったかも←昭和w

時代の変化と共にヅカも変わっていくのでしょうね。これからも末永く、清く正しく美しい宝塚が続きますように。

本のご紹介にあった、ヅカお抱え作家さんのくだりは……ふぇいって感じデス←そら氏風w

やっぱりなんて言うか…トップの人気頼みでなく、作家先生、頑張ってください!!(切実)

ファンは決して安くはないチケット代払ってるんだから頼みますよって、特に退団公演~!
2015/04/27(Mon) 02:24 | URL  | ちぃたん #-[ 編集]
happyさま
こんにちは。ファン歴7年目という事は、宝塚では研究科7年生で新人公演最終学年ですね!
(となると私のファン歴は専科の大御所?)

宝塚の経営戦略本の感想有難うございます。宝塚の演出家は終身雇用とは初めて知りました。びっくりです。

長く宝塚を観ていて駄作の時などは「台本をもらった生徒もきっとやりたくないだろう」「こんな話あるわけない」と思いつつ、お稽古をして舞台に出演しているだろうとは思いますが、劇団は、時代に関係なくベルばらやエリザを繰り返し上演していますし、柴田作品の再演も多いですね。

個人的に1番の駄作を上げるとすれば、轟トップお披露目の「真夜中のゴースト」(ほとんど夢の中で覚えていません)「仮面の男」は、観劇前に周りの評判が悪すぎて観劇しませんでした。

「黒豹」もどちらかに分けるとすれば駄作だと思いますが、柴田先生の古き良き昭和のティスト満載の中途半端なメロドラマのような感じですが、柴田先生がちえちゃんの為に書き下ろした作品なので、やはりちえファンとしては、駄作であってもどこかいい所を見つけたいと思わずにはいられません。

上演作品が、ヒットするのかしないのかが、トップスターの力量にかかっているのなら、もっとファンが求めるその組のトップに相応しい題材を選んで上演すればいいのでは?と思います。トップ在団期間は限られていますし、ファンにしてもやはり演じてほしい役や似合う役もあると思うのですが。。

以前から思っていますが、駄作を作るのなら、一般ファンから脚本を募集したり、まだ舞台化されてない宝塚に似合う作品を募集したり、もっと生徒もファンも納得できる作品を作るべきだと思います。

また色々教えて下さいね。

2015/04/27(Mon) 11:55 | URL  | ホワイトオリオン #HfMzn2gY[ 編集]
こんにちは
happy様

 ヅカ歴 7年!、ほ~んと、どなたかが言って
 いらっしゃるけれどジェンヌさんなら新公卒業時期・・・
 私 とっくに定年退・団 です(笑)

 私も 読みました!

 あれこれ面白かったですねi-179 
 やはり宝塚は「独特」
 中味は垂直統合システムのエンターティメント
 だそうでファンは そんな劇団に何を求めるか・・・
 体制が本に書かれている内容なので仕方ない
 部分が多過ぎるかも知れませんネ。
 


 綺麗で生演奏で、「夢の中」の3時間、特殊な
 世界 と思っています。

 私も 「いい作品がみたい!」happyさんに
 同感で、「感動」するってやはり作品なんですよね。
 
 若い女性だけの集団 その魅力にどっぷり浸かって
 嵌まって、そう出来る事が恵まれていると
 思って また 見に行ってしまうファンの一人
 になってしまった???・・・i-229
 
 
  
 
 
 
 
 

 

 
 
 
2015/04/27(Mon) 17:02 | URL  | yokko #-[ 編集]
こんにちは!
この時期の風邪は体に堪えます!
1週間声が出ず、今はやっと回復しましたe-448
ハッピーさんも、この時期、気をつけて下さい!e-459

『元・宝塚総支配人が語る「タカラヅカ」の経営戦略』聞いたことがあります、この本!
劇団も、やたらに生徒さんをテレビに出すのは・・・私はちょっと・・・てタイプなんですe-451
どこかヴェールの包まれた感があるからこそ、魅力があるし・・・e-263
それとタカラジェンヌは、気品を無くしたらダメと!
思ってるものなので・・・。

作品も、駄作でも一生懸命演じてる生徒さんが、お気の毒って思う作品も
多々ありますよね!
劇団も駄作でも、ご贔屓が来てくれるから大丈夫って安楽的な態度じゃ、
生徒さんに失礼! 高いチケット代払って来てくれる、ファンに失礼ですよねe-260
黒豹も・・・駄作に入るかな?
1回しか観てないけど、バイキング時代のお話の方が
シンプルやったかな~? e-350
2015/04/27(Mon) 17:16 | URL  | くっきー #-[ 編集]
Re: タイトルなし
おとと様

今晩は!

そうそう! 「忘れ雪」も評判イマイチですね~(汗)
私は観てないのですが…

桂ちゃんは、つくづく作品に恵まれていなかったと思います。
作品が悪くて チケットの売上に苦労されたのでしょうか…

> 少なくとも、私は駄作に通い詰めることはしないかな~。
サヨナラ公演なら、もう会えなくなるから、と
「作品」を観に行くのではなく 「生徒」を観に行くんですが…。

サヨナラ公演こそ、トップスターの持ち味を生かす
素敵な作品でお見送りしたです。

今回は、まったくもってonz
2015/04/27(Mon) 23:00 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: 7周年おめでとうございます♪
ちぃたん様

今晩は!

昔を知らないのですが 今はCS放送等で、生徒さんをより身近に
感じることが出来るようになりましたね♪

宝塚専従の先生方も、ぬるま湯にどっぷりで
テキトーな作品でも 
客入り悪ければトップスターに責任転嫁できるし…お気楽?^^;

本気でいい本書いて欲しいですね!
2015/04/27(Mon) 23:21 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ホワイトオリオン様

今晩は!

わ~! ホワイトオリオン様、ヅカファン大先輩ですね♪
私の駄文を読んで頂き 畏れ多き幸せ (ジョセフィーヌ風)


> 長く宝塚を観ていて駄作の時などは「台本をもらった生徒もきっとやりたくないだろう」「こんな話あるわけない」と思いつつ、お稽古をして舞台に出演しているだろうとは思いますが、劇団は、時代に関係なくベルばらやエリザを繰り返し上演していますし、柴田作品の再演も多いですね。

生徒はどんな作品でも100%の力を出しきってお稽古に励んでいますので
頑張り甲斐のある作品であって欲しいですね。

この本を読んで、3つ4つ記事書けそうなくらい話題満載だったのですが

予算が苦しい時は「ベルばら」など再演ものを打つそうです。
新しく音楽や衣裳、セットを作る必要がないからです。
しかも 二本立てより 一本立ての方が安くつくので
そういう時は 「エリザ」「風共」なんでしょうね。

「真夜中のゴースト」…それは聞いたことがなかったです!
「仮面の男」は、観てる最中から 怒りがこみ上げるという
最悪の経験でした。ある意味、一見の価値ありだったかも??^^;

「黒豹」は、ビミョーですね。これが普通の公演ならいいのですが
ちえちゃんの最後の公演だと思うと残念すぎます。
いいとこ探すけど ちょっとしか見つけられませんでした…

作家・演出家は 企画書を出し、通った物が採用されるそうです。

私は、雪組の壮一帆さんの退団公演が好きでした。
全然期待してなかったけど 恋愛シーンも濃くないけど
思いの外良かったのは、作品とトップさんの持ち味が
マッチしてたからだと思ってます♪

ホワイトオリオンさんがおっしゃるように、ファンの意見も
組み上げる努力も必要だと思います。
顧客満足を追求するのが 企業のあるべき姿だと思います。

ちえちゃんのサヨナラも、もっと明るくてみんなの太陽みたいな役が
良かったな~、ホント、ショーで救われました!
2015/04/27(Mon) 23:44 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: こんにちは
yokko様

今晩は!

ヅカ歴たったの7年ですが、yokkoさんも大先輩~~~~
ひれ伏したくなります!

なにかと「阪急丸儲け」だな、と思ってたら
それを「垂直統合システム」って言うんですね~! 勉強になりました。

>  私も 「いい作品がみたい!」happyさんに
>  同感で、「感動」するってやはり作品なんですよね。

そうですよね~~~  ((( ^^)爻(^^ )))
作品ですよね~~~
今回の「黒豹の如く」で思い知りました。

でも。宝塚歌劇団は、人気のトップスターがいれば
なんとかなる、と思ってるみたいですね ^^;
2015/04/27(Mon) 23:53 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: こんにちは!
くっきー様

今晩は!

> 劇団も、やたらに生徒さんをテレビに出すのは・・・私はちょっと・・・てタイプなんですe-451

あら!そうだったんですか??
ちえちゃんの昨年末のFNS歌謡祭、すごく良かったんですけど♪
地上波で観ると ちえちゃんや みりおくん 
一際輝いて見えますe-420

> どこかヴェールの包まれた感があるからこそ、魅力があるし・・・e-263

確かに、そうですね~! 昨年100周年で多くのOGさんが
テレビに出演されてましたが あからさな暴露話にドン引きでしたね~~~

> 作品も、駄作でも一生懸命演じてる生徒さんが、お気の毒って思う作品も
> 多々ありますよね!
あります、あります。
私が知ってる中で一番お気の毒だったのが音月桂ちゃんです ^^;
今回のちえちゃんだって、大概お気の毒だと思います。
2015/04/28(Tue) 00:02 | URL  | happy #-[ 編集]
私も読みました。
宝塚は女子供の見るもの、四季や外部ミュージカルの方が高尚であるという先入観で持って見られがちです。でもそれは、一部のミュージカルスターや脇を固める、ひとにぎりのベテランに言えることです。
ラブロマンスを軸に作品がつくられることにも原因があります。少々内容が理解しにくくとも批評家が褒めれば、その受け売りで、小難しいものを評価し、宝塚のような作品を何を甘っちょろい非現実なことを言うのかと上から目線で見る。そんな人もいます。しかし、
外部とて、商業演劇。人気があれば、実力がなかろうが、主役をはれる。オーシャンズもしかり。映像の世界は特にモデルやミス⚪️⚪️といった若いスタイルの良い人たちばかりにスポットがあたるのが現実です。
元宝塚の人でも映像で活躍しているのは舞台の実力より容姿で上り詰めた方たちです。どの世界も芸能界は運、人気、容姿、お金がものをいうのだと思います。お金がないといい舞台は作れない。人がはいらないと元をとれないのですから。
2015/04/28(Tue) 00:47 | URL  | チョコレート #-[ 編集]
Re: タイトルなし
チョコレート様

おはようございます。

おっしゃるように商業演劇は、実力が無くても名前が売れてさえいれば
センターに立てますね。客寄せパンダ的でもあります。
宝塚で星組花組のオーシャンズを観た後に外部のオーシャンズ11を観て思いました。
主演より 脇役 アンサンブルの上手さが光っていました。

芸術性を追求するのか、夢を売るのを追求するのか。

私は劇団四季から 宝塚へシフトしてきた派なので
宝塚の夢の世界は大好きで、独自性を認めていますが
それでも一定上の実力のある人を抜擢して欲しいです。
美しさだけでは 張り子の虎ですよね~ 中身空っぽ! orz

> 元宝塚の人でも映像で活躍しているのは舞台の実力より容姿で上り詰めた方たちです。
どの世界も芸能界は運、人気、容姿、お金がものをいうのだと思います。お金がないといい舞台は作れない。人がはいらないと元をとれないのですから。

おっしゃるように 今テレビで活躍されているOGは実力よりビジュアルの方が多いですね。

画面に大写しになるテレビのお仕事と 舞台から離れたところから観る演劇
テレビと舞台ではニーズが違うように思いますし、客層も違うと思います。

確かに 華やかな舞台を作るのにお金が必要なのは自明の理ですので
カネコネも仕方ないかな、と思いますが
それも一定の基準以上の演者を当てないと
「宝塚歌劇団」そのものの審美眼が疑われますよね~~~

貴重なご意見、ありがとうございました!
2015/04/28(Tue) 07:22 | URL  | happy #-[ 編集]
こんにちは、初めてコメントさせていただきます。
私も、しばらく前にこの本を通読いたしました。
「作家・演出家を終身雇用にして、著作権を買い上げる」には、私もちょっとびっくりしましたが、それも含めて、とても興味深く読了いたしました。
私的には、劇団が100年以上も続いているのは、トップスターの魅力>>作品内容、容姿>>歌・芝居の実力 といった価値観 + ブロードウェイなどとは根本的に異なる経営システム + 何らかの幸運 があったからかと、納得して読み終えました。
勿論、ファンとしては、良い作品(何をもって言うかはおいといて)を観たいですが、外部招聘したからといって(カリスタのような)駄作にならないとは言えませんし、座付きの先生方も、(終身雇用だからといって)駄作でいいと思っているわけではないでしょう。それに、この本に書かれているように、傑作・大ヒット作品であっても、宝塚の場合は“(何年も続く!?)異例のロングラン公演”とはいかないので、外部招聘にどの位のコストをかけうるのかは経営的には非常に難しいところ(大コケもあり得るのですから。赤字が続けば、阪急グループから分社化され消滅...?)。
黒豹 4回観ました。確かにストーリーは破綻していて、正直、前半は意識が遠のきそうになりましたが、退団公演のトップ(オブトップ)のかっこいい姿を十分に観せる、という意味では、決して(万人にとっての)駄作ではないと思っています。それに、この作品が傑作だったとしたら、私も6回(あと2回観る予定)もチケットを取れなかったでしょうし(正規で買えたのは1枚のみ)、その他多くのちえロスの皆様方も(高騰するチケットが買えずに)劇場から締め出されてしまうことになりかねません。
とにかく、世界に一つしかない煌びやかなTAKARAZUKAが、これからもずっと続いて行って欲しいですね。
2015/04/28(Tue) 08:18 | URL  | HS #-[ 編集]
Re: タイトルなし
HS様

初めまして♪
コメントありがとうございます!

私も、本の内容は、なるほど!と納得でした。

宝塚の独特の世界観を生み出すには ビジュアル第一、って事も
分かりますが、歌い始めた途端にひっくり返りそうになる生徒さんも
いらっしゃいます ^^; 

座付きの先生もいい作品を書くつもりで臨んでおられるとは思いますが。
1時間半という時間制限も 良作を生みにくくしているのかもしれませんね。

黒豹は、もう語る度に愚痴になりますのでここでは書きませんが
一言、残念! orz

夢の様な世界は、宝塚をおいて他にないので
いつまでも いつまでも輝く続けて欲しいと思います、私も!!
2015/04/28(Tue) 16:29 | URL  | happy #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/04/29(Wed) 08:10 |   | - #[ 編集]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!

そうなんですね~、台湾公演を観に行った時にも思いました。
他の方のブログで わざわざ台湾まで来ている客に対する態度について
疑問視されていました。

創業者故の○心かもしれません。

理事長が変わったので、体質改善されることを期待したいです。

社長室に掲げられるように 「お客様は神様です」と書いた色紙を
プレゼントしたいですわ、ホント。

2015/04/29(Wed) 13:33 | URL  | happy #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/04/30(Thu) 06:31 |   | - #[ 編集]
Re: 不思議な世界・・・
○ン○様

今晩は!

この本の中には、生徒さんのお給料については書かれていません。

毎年40人の新人が入ってくるのですから
毎年40人が退団しないといけない勘定になりますよね。
舞台への貢献度が低いと 退団を提示されるのでしょうね。

今の世の中、昔と違って 娯楽も多様化していますので
これまで同じやり方では続かないでしょうね。

おっしゃるように、創意工夫、そして!!!!
「企業努力」で良い舞台を作っていって欲しいと思います。


2015/04/30(Thu) 20:55 | URL  | happy #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック