毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆

ブックレビューとかカフェレポとか、いつもUP後回しで書くことたまってます

アルカサルと 翼ある人びとと 心中・恋の大和路の感想も書きたい!

てことで、6月13日に録画した
アルカサル 王城の感想をサクッとあげときます。

明日は、大海賊の千秋楽、スカステでちら見出来るのを楽しみに♪ 




昨秋の星組は、武道館、風と共に去りぬ、アルカサルと
三組に別れての公演でしたが

若手がメインで公演したのがアルカサル
青池保子さんの漫画が原作だから 面白そうだけど、
主演の二人のお歌が・・・耳福じゃなくて 耳嫌。

声が不安定で聴きづらいです。

でも この公演の千秋楽でポコちゃん(十碧れいや)のご挨拶が
ぐっと胸に迫りました。
お芝居 スカステのチラ見せでも、
ポコちゃんの成長を感じました。

これ、観とかなアカンかったんちゃう?って思った。

歌唱はまだまだだけど、
前にも書きましたが 男役として血が通った感。

自信が ポコちゃんの中に漲って 役を生きてて良かったです♪

麻央くんは、まだ台本棒読み 言われたとおりに演ってます、に見えた。
下級生も育ってきてるし 
センターに立つからにはもう少し頑張って欲しいです。


この作品では この度トップ娘役になった 妃海風ちゃんが
綺麗な歌声で 可憐な女性を見事に演じていて好感♪

ドン・ペドロの母 マリア王妃役の 白妙なっちゃんが上手い!
歌唱はもちろん、凄みを感じさせるリアルな演技が素晴らしい!

かなり前から 白妙なっちゃん、お上手だな~と思ってまして
彼女のような生徒さんが しっかりといい仕事をして
ピラミッドを支えてくださってるのだ、と感謝したいです♪

普段、ソロを聴く機会がなくて知らなかったけど
エンリケの母・レオノーラ役の
空乃みゆちゃんが 聴かせてくれました。

まるでロミジュリの 母親対決のような構図。

娘役さんは 以上のお三方に好感♪


カステリアの王となるドン・ペドロも
フランス王ルイ14世のように 
宰相の支配から脱却して やがて一人で国を治めるようになる・・・


未成熟な王子から 一国の王として君臨するようになる。
麻央侑希くんには、
その 振り幅をもっと大きく演じて欲しかったです。


途中参加の武道館組は、割りと軽めの役で出演されてましたが、
中でも アルフォンソ11世(ドン・ペドロの父王)を演じた
まさこさん(十輝いりす)が いつもながらの存在感!


存在感といえば、出演されると 一気に芝居に深みが増す
専科の一樹千尋さんの演技が良かった!

目の演技が良かったのは・・・
一樹千尋さん、十碧れいやくん、白妙なつちゃん

眼力の迫力がすごかった!!

コスチューム物なので 目にも楽しい!
マントを翻しながら 剣を交えた後 主演の二人にスポットが当たって
カッコ良かった~~~!


今回は 十碧れいやくんに 成長&さらなる成長の気配を感じて
嬉しくなりました。

宝塚の新陳代謝で ステップを少しあがったポコちゃんは
トップ~3番手と 若手を繋ぐ中堅として 
ご活躍を期待しています!

◆関連記事

6月のスカイステージにわくわく! ((p゚∀゚q)) 2015.5.24

十碧れいやに好感&期待@アルカサル・千秋楽♪ 2014.12.19




下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
関連記事

【2015/07/06 23:56】 | 宝塚・星組
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック