毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆

ヅカネタ以外に書くことあり過ぎる!

今日は、自分用の記録的記事故
読み飛ばしてくださいませ。

図書館で借りてた本、4冊読み終えました。 ふぅ・・・sesami_fuu.gif



 池井戸潤著 ようこそわが家へ

相葉雅紀主演で月9ドラマになってましたね。

初回だけ見て ハラハラはしました・・・が
自分で本読んだ方が もっともっとハラハラドキドキで
息苦しくなって 読むのを休憩したくらいです。

主人公は、真面目な銀行員 (ドラマでは主人公の父 設定が違う)
出世レースには乗りたくない派。
今は メーカーに出向しています。

そんな彼が ホームで若者を注意したことから始まる
ストーカー行為= 花壇が荒らされる 車に傷を付けられる 
嫌がらせがエスカレートしていきます。
見えない敵が執拗につきまとう不気味さと
いつ襲ってくるかも知れない恐怖に、手に汗握ります。

それと並行して 会社での不正行為が発覚。
事なかれ主義の社長と いかにも裏のありそうな営業部長がつながっているから
正しい意見をいっても却下されてしまう。

これは架空取引ではないのか? 正論をいってもごまかされ
それを社長に話しても埒が明かない歯がゆさ!

職場のイライラ 家に帰れば見えない犯人からの嫌がらせ。

ストレスを抱えながらも 乗り切れたのは
家族の協力と 頭のいい部下がいたからこそ。

池井戸潤さん自身、元銀行員だけに
会社での取引や与信のことなどの件は、鮮やかな筆致で読まされます。

身近なところに 犯人はいた。

見えない相手と闘う恐怖、
いつ終わるとも知れないストーカーとのいたちごっこ

そして 池井戸潤さんの真骨頂、銀行員ストーリー

面白かったです!


 湊かなえ著 サファイア

     safaia.jpg
   

イヤミスの女王と言われる湊かなえさんの短篇集。
嫌な感じのミステリーじゃなく、ちょっとほっこりするラストです。
短編なので あまりドロドロしてないけど
殺人事件は・・・やっぱり起こります 

宝石の名前がタイトルの短編が7編収められています。

真珠、ルビー、ダイヤモンド、猫目石、ムーンストーン、サファイア、ガーネット

やっぱり 長編が好きだわ~
短編だと あっそ。って感じでお話が終わってしまう。
深く描きこまれたり いろんな伏線が張られたりがないので
複雑に絡み合った糸をほぐしていくような作業がない。
それが つまらないのであ~~~~る。

宝石の名前のタイトルから
どんなお話が展開するのか 気になります。

私はムーンストーンが一番好きです。

小学校中学校時代 人前で話すのが下手で
イジメられたりからかわれたりしていた久実は、

リーダー的存在のクラスメートの小百合が 
いろんなアドバイスをくれたことによって
自信を得ていき、進学後、弁護士になっていたのでした。

彼女に自信を与えてくれた小百合が犯した
夫殺しの弁護人となって現れた久実・・・

そして、彼女の思い出話が始まります。

タイトルのムーンストーンは、
小百合のグループの一人が買ってきた旅行土産は、
ムーンストーンの付いたアクセサリーでした。
けれど 明らかに 一人分足りなかった。
それは 久実を仲間として認めていなかったからでした。

小百合は機転を利かせて、ピアスを選び、
一組のピアスを小百合と 久実で分けあったのです。
そして 小百合は 久実の 名札にムーンストーンのピアスを
つけて お揃いね、と。

じわ~と温かいものが胸に広がります。

殺人は起きるのですが・・・
 
二人の友情が語られてほっこりするお話に仕上がってました。


以下自分の記憶用です(思い出すときのキーワード)
何のことだか 意味不明でごめんなさい。

真珠       イチゴ味の歯磨き粉
ルビー      犯罪歴のある高齢者施設
ダイヤモンド  スズメの恩返し
猫目石      猫を可愛がる隣人
ムーンストーン  ピアスをひとつずつ
サファイア  勧誘で指輪を売り込む彼
ガーネット  サファイアの後日譚

 東野圭吾著 禁断の魔術

これも短篇集で4編が収められています

短編は感動が浅くて印象に残りにくいわ。

第一章 透視す(みとおす) 封筒に入れた中のものを透視する技を持つホステスが殺害され・・
第二章 曲球る(まがる)   戦力外通告を受けた野球選手の妻が殺害され・・・
第三章 念波る(おくる)   双子のテレパシーは存在するのか、を立証する湯川

第四章 猛射つ(うつ)  未読

どれも 湯川教授の 推理が冴えて 物理に疎い私には
ほほぅ~ そういうのがあるのね~と感心するばかり。

で、4つ目の猛射つ(うつ) が一番面白い、と評判で
今年6月 加筆改編されて長編となり 文庫本で出版されました。

なので 最後の猛射つ(うつ)は、長編になった文庫本で読もうと、
敢えてパスしてしまいました。

いつか必ず読みたいと思います。

 ソフォクレス著 オイディプス王

    岩波 オイディプス王


8月に 宝塚歌劇で、「オイディプス王」が上演されるのに先駆けて
読んでみました。

作品は2500年前から、今、財政逼迫しているギリシャで上演されていたという
古典中の古典です。

これは 作品を観ておきたい、読んでおきたい、と図書館で借りました。

薄い、字が大きい、上下の余白が多いという 楽ちん三拍子が揃ってあっという間に
読めます、文体がちょっと古くさいけどね。

とにかく すごいストーリーです。
→ オイディプス王 Wikipedia

オイディプス王には、何の落ち度もないのに・・・
呪われたとしか言いようがないオイディプスの運命。

宝塚ファンの私は、配役を当てはめながら読んだので面白かったです♪

舞台が楽しみ!!


下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます
関連記事

【2015/07/07 23:41】 | BOOK
トラックバック(0) |

活字も読まねば~
ちぃたん
おはようございます
( ´∀`)

「ようこそわが家へ」はドラマで視聴しました、が

原作とは主人公の設定違うんですね~

ドラマは誰もがみんな怪しく見えて
誰が犯人なんだろ~とドキドキしました。

湊かなえさんの作品では「高校入試」こちらもドラマ視聴で…(っか本読みなさい汗)

伏線がいろいろ仕掛けられてて、謎解きにワクワクしました(^-^)

「オイディプス王」
こちらは教育テレビでちらっと(笑)

気になる書籍に「男役」中山可穂著

書店で手を取ってパラパラ読んだら、ヅカが舞台のお話だったので
気にはなったのですが購入せず~(笑)

たまには本と向き合いたいな~
最近読んでなくて…汗

Re: 活字も読まねば~
happy
ちぃたん様

こんばんは!

そっか~、ようこそわが家へ、もっと観ればよかったわ。
みんな怪しく思えてドキドキですね。

そう言えば…私も高校入試、ドラマで観ました♪

ドラマって、ドキドキする作りになってますね。
キーになるものが大写しされたり わざと怪しい演技したり…

> 気になる書籍に「男役」中山可穂著

教えていただいたので、早速図書館に予約しました。
意外と予約待ちの方が多かったです。(蔵書が少ないからかも)

いつか読んだら 感想UPしまーす!


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
活字も読まねば~
おはようございます
( ´∀`)

「ようこそわが家へ」はドラマで視聴しました、が

原作とは主人公の設定違うんですね~

ドラマは誰もがみんな怪しく見えて
誰が犯人なんだろ~とドキドキしました。

湊かなえさんの作品では「高校入試」こちらもドラマ視聴で…(っか本読みなさい汗)

伏線がいろいろ仕掛けられてて、謎解きにワクワクしました(^-^)

「オイディプス王」
こちらは教育テレビでちらっと(笑)

気になる書籍に「男役」中山可穂著

書店で手を取ってパラパラ読んだら、ヅカが舞台のお話だったので
気にはなったのですが購入せず~(笑)

たまには本と向き合いたいな~
最近読んでなくて…汗
2015/07/08(Wed) 08:56 | URL  | ちぃたん #-[ 編集]
Re: 活字も読まねば~
ちぃたん様

こんばんは!

そっか~、ようこそわが家へ、もっと観ればよかったわ。
みんな怪しく思えてドキドキですね。

そう言えば…私も高校入試、ドラマで観ました♪

ドラマって、ドキドキする作りになってますね。
キーになるものが大写しされたり わざと怪しい演技したり…

> 気になる書籍に「男役」中山可穂著

教えていただいたので、早速図書館に予約しました。
意外と予約待ちの方が多かったです。(蔵書が少ないからかも)

いつか読んだら 感想UPしまーす!
2015/07/08(Wed) 23:20 | URL  | happy #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック