毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
2015.11.27 朝日新聞 月刊タカラヅカは
バウホール初主演 月城かなと 銀二貫

情のこもった大阪弁の芝居をみせ、
客席にぬくもりが満ちている。


                  (以下斜体部 本文より引用)

本当に、じわ~と 心が温かさに満たされる観後感♪

みつるくん(華形ひかる)は、ナウオンステージで、大阪弁に苦労されていて
大阪出身の生徒さんが羨ましいようでしたが
初日の翌日に観劇した時は 若干違和感のある部分もあったけど
頑張っておられました。

英真なおきさん、久城あすくん、愛すみれちゃんら
関西出身者が大阪弁引っ張ってました!

武家出身の 松吉(月城かなと)は佇まいが武士♪
でも 丁稚として商人となって生きることを決意した。

番頭(英真なおき)に嫌味を言われて 苦渋をにじませる表情もいいよ!
守ってあげたくなります。

新聞記事にもある通り
寡黙にしてすっくと立つ端正な姿」 は
本当は武士にぴったりなんですけど、

なにわの人情モノにもしっくりおさまってました!

日本物が好き。この宝塚の伝統を受け継ぎたい

おぉ~~~! 雪組魂!
あっぱれじゃ~っ!

所作はなめらかで安定感を増した、とお褒めの言葉あり。

突撃レポでは、みなさん、舞台に立って初めて
こんな感じになるのかと 状況を理解されたそうです。

雪が降りしきるのを手で払うところも
お稽古場では その所作の意味がわからなかったけれど 
舞台に立って初めて雪を払う、というのがよく分かったようです。

かなとくんは、自分にピンスポットが当たって
ライトが消えて行く時に どんな表情をしようかな?と考えたそうです。

センターに立って初めて 真ん中に立つ人の気持や魅せ方が分かります。
こうやって 将来のスターさんを養成していくのですね。

今回バウと言うことで、若手が普段より大きい役をもらって
見せ場があった=顔がみえて 楽しかったです。
みんな 経験を積んで たくさんの事を学んだでしょうね。

今回、ワタクシ、丁稚仲間の久城あすくんに大注目~!

明るい!! 滑舌がいい!! お歌がいい!!

記事には、
英真と老け役がハマった華形と掛け合いの妙。
芝居を弾ませる。

と、あり お二人には随分笑わせてもらいましたが…

久城あすくんにも、お芝居を引っ張るパワーを感じました。

天満の天神さんの梅の花の神紋入の提灯が華やかに彩る舞台で

そやないか そうだっせ~♪ ←歌詞、全然覚えてないけどこんな感じ??
と賑やかに踊るシーンも楽しかった!

あれから1週間、いよいよ明後日が千秋楽か…


全ツメンバーが華やかな演目をひっさげて 各地を回っていますが

バウ組は 人気の髙田郁さんの作品「銀二貫」

大劇場公演「星逢一夜」に次ぐ 新たな名作が生まれたのでは、と早くも再演期待。

初日をご覧になった髙田郁さんも感想を寄稿されています。

原作の持つ世界観を決して損なわずに、
素晴らしい舞台に仕上げてくださった雪組の皆さまと
スタッフの皆さまに心からの敬意を評します。


そうそう、原作の世界観

髙田郁さんの作品の中に一貫してある 人の情けと江戸時代の商家の雰囲気
とてもうまく再現されていました。

舞台セットも スケール感があって好きでした。

公演も残り僅か。 最後までお怪我なく務められますように!

◆関連リンク
(月刊タカラヅカ)月城かなと なにわ人情に挑む 朝日新聞デジタル

◆関連記事
じわ~と温かさに満たされた!「銀二貫」観劇♪ 2015.11.20




下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます

関連記事

【2015/11/27 22:50】 | 宝塚・雪組
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック