毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
今年最後の観劇は、月組公演 舞音/GOLDEN JAZZでした。

         151211 (3)


◆舞音       

原作がマノン・レスコー、と聞いたら
瀬奈じゅん主演の花組公演「マノン」を思い出して 嫌な予感がしてたのですが
新作の舞音(マノン)で 良かった~!

私が好きなところは ベトナムの雰囲気が伝わってくる演出。

装置は松井るみさん。
花組の「愛と革命の詩」の時も、斬新な舞台にビックリしました。

今回は布や竹を用いてアジアンテイストを醸し出しています。

花をいっぱい積んだ自転車を押すノンラー(円錐形の笠)を被った通行人、
地べたに座る人たち・・・ベトナムの市場の賑わいが伝わって来ます。

オープニング、真っ白の大布が揺らめく中 
ひらひらと衣装を翻しながら踊る水の精霊のダンスが優雅~~~♪
ここは愛と革命の詩でも振り付けを担当された
大石裕香さん(ハンブルグバレエ団)。

幻想的なダンスで 水の精が
蓮の花を模したランプを持って踊るところも素敵~♪

ホイアンの街の空を彩る赤い提灯、いろとりどりの提灯がエキゾチック!
提灯を持って踊るところも アジアンテイスト満点で
心は遠くベトナムの あの時代に旅立って行きました。

オープニング、
主人公の心象を表す「もう一人のシャルル」(美弥るりか)が銀橋に。
強いスポットライトを浴びて 存在感がすごい!
舞台上には
フランスからの船が港に入港、デッキに立つシャルル(龍真咲)が
美弥るりかちゃんと対比となります。 こういう演出が好き。

ストーリーの感想はたくさんレビューがあがっているのでザックリと。

マノンが、すごく悪い女に描かれていた「花組 マノン」
今回のマノン(愛希れいか)は、裏切りは一度だけで
心のままに生きる 無邪気な女性で、ホッ。

シャルルとマノンの愛と平行して描かれる
ベトナムの反政府運動も面白く、
としちゃん(宇月颯)のディンタイソン大活躍!!
ディンタイフォン(鼎泰豊)は小籠包♪ 
なんでこんな名前?? ややこしいわ!

撃たれて死んでしまい 途中から出番がなくなる
二番手のたまきち(珠城りょう)よりも美味しい役。
堂々とした態度も 指導者としての風格もあり うまかったです!!

マノンの兄役で 悪い男をたまきち。
悪役はインパクトがあるはずだけど
あまり印象に残らなかったのが残念。

印象に残ったのは、目力と勢いを感じるあーさ(朝美絢)
反政府運動をすすめる若者の一人として 目立っていました!!
体の内側に、輝く人がもつエネルギーがみなぎってる感じがしました。

専科から 里帰り出演のマギー(星条海斗)の警察長官ギョーム。
大きい声とタッパのあるマギーに適役♪
ちょっと回ってくる役が限られていますが。

シャルルは、自分の立場を捨ててもマノンを手に入れようとします。
フランス軍を敵に回すことすら厭わない、
そんな一途な思いをにじませる まさおくんの演技が光ってました。

途中、ベトナムの言葉で歌う歌が雰囲気を盛り上げていきます。
娘役さんは あまり目立った役がなくてもったいなかったですね。

ラスト 撃たれて虫の息のマノンと小舟に乗って漕ぎだす所が泣きポイント。
余計なものを取り払った シンプルな舞台装置ゆえに
真ん中の二人に集中できてよかったです。

シャルルからの愛で綴られた手紙を大切に持っていたマノン。
これからの二人の未来に夢を描くシャルルの腕の中で
静かに永遠の眠りにつく・・・切ない!

シャルル もうひとりのシャルル マノン、の3人に
スポットライトが当たって・・・
3人とも泣いてるし。
涙もろい人、注意!!

この舟を漕ぎだすハロン湾は、
中国が攻めてきた時に 龍が下りてきてベトナムを救った、という
伝説がある、とマノンが語ります。

ベトナム、ハロン(下)湾。

ハロン湾の伝承を知った植田景子先生が 月組で公演するにあたり
マノンの舞台を 真咲の名前にひっかけて ベトナムにしたのかな?
な~んて。いつもの深読み。

最後の小舟のシーンは、小舟は動かないのね…
星組公演 花の踊り絵巻の驟雨の場面のように
小舟を盆で回して消えていくという演出好きだったわ。

最近の植田景子作品の中では私好みの作品でした!

余韻の残るラストに ハンカチ握りしめる方も・・・。

こういうしっとりと見せる作品もいいな、と好評価の舞音でした。

         151211 (1)
マノンのアオザイ。 舞台で使っているアオザイのほうが華やかでした。

あ~ ショーの感想もまとめて書くつもりだったのに、
長くなってしまった。

また明日!

下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます


関連記事

【2015/12/11 23:59】 | 宝塚・月組
トラックバック(0) |

今晩は
yokko
happyさま

 お久しぶりです!
 あっと言う間に今年も終わりそう~です。

 さて happyさんはボキャブラリー豊富な腕でi-87次々記事更新 チョロチョロ遡って楽しませていただきました。。。。

 美味しいものをいただかれたり POBはじめ宝塚も
 いらしてさすがに楽しんでいらっしゃいますねi-87

 POBのちえちゃん もうすっかり「舞台人!」
 魅力的でしたねi-175
 まだまだこれからも期待したいです。

 「舞音」やっとご覧になられて~、今年下半期の
 作品で一番好きでした。
 宝塚の舞台には こんな「愛」が似合いますよね!
 ちょっと切ないですが。

 「銀二貫」もよかったようですね、これはいいなぁ~
 原作者のファンなので見たかったです。
 私も朝日の記事 しっかり読みましたよ。
 
 今度また梅芸に行くことがあったら 横の
 レストランのランチ いただいてみたいです。
 いつもドラマシティの地下やホテルになって!
 教えて下さってありがとうございます。

 
 
 



Re: 今晩は
happy
yokko様

こんばんは!
お久しぶりです♪

yokkoさんも、POBでブロードウェイの俳優さんたちと
一緒に舞台に立つちえちゃんに「舞台人」感じられましたね!!
本当に頼もしかったです!
それなのに 素のちえちゃんは、今まで通りの温かさで感動しました。

>  まだまだこれからも期待したいです。
これからこそ、どうなっていくのか わくわくドキドキです!

>  「舞音」やっとご覧になられて~、今年下半期の
>  作品で一番好きでした。
しっとりとした「愛」でしたね。

すべてを捨てて賭けた愛を得たと同時に失ってしまうという
なんとも言えない最後でしたね。

>  「銀二貫」もよかったようですね、これはいいなぁ~

髙田郁さんの作品なので温かいものに満ちていて
大阪人の私としては あのまったりした大阪弁も好きでした。
 
>  今度また梅芸に行くことがあったら 横の
>  レストランのランチ いただいてみたいです。

特別美味しい、ってこともないのですが、
観劇の待ち合わせや 観劇前にはとても便利で重宝しています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
今晩は
happyさま

 お久しぶりです!
 あっと言う間に今年も終わりそう~です。

 さて happyさんはボキャブラリー豊富な腕でi-87次々記事更新 チョロチョロ遡って楽しませていただきました。。。。

 美味しいものをいただかれたり POBはじめ宝塚も
 いらしてさすがに楽しんでいらっしゃいますねi-87

 POBのちえちゃん もうすっかり「舞台人!」
 魅力的でしたねi-175
 まだまだこれからも期待したいです。

 「舞音」やっとご覧になられて~、今年下半期の
 作品で一番好きでした。
 宝塚の舞台には こんな「愛」が似合いますよね!
 ちょっと切ないですが。

 「銀二貫」もよかったようですね、これはいいなぁ~
 原作者のファンなので見たかったです。
 私も朝日の記事 しっかり読みましたよ。
 
 今度また梅芸に行くことがあったら 横の
 レストランのランチ いただいてみたいです。
 いつもドラマシティの地下やホテルになって!
 教えて下さってありがとうございます。

 
 
 

2015/12/12(Sat) 20:58 | URL  | yokko #-[ 編集]
Re: 今晩は
yokko様

こんばんは!
お久しぶりです♪

yokkoさんも、POBでブロードウェイの俳優さんたちと
一緒に舞台に立つちえちゃんに「舞台人」感じられましたね!!
本当に頼もしかったです!
それなのに 素のちえちゃんは、今まで通りの温かさで感動しました。

>  まだまだこれからも期待したいです。
これからこそ、どうなっていくのか わくわくドキドキです!

>  「舞音」やっとご覧になられて~、今年下半期の
>  作品で一番好きでした。
しっとりとした「愛」でしたね。

すべてを捨てて賭けた愛を得たと同時に失ってしまうという
なんとも言えない最後でしたね。

>  「銀二貫」もよかったようですね、これはいいなぁ~

髙田郁さんの作品なので温かいものに満ちていて
大阪人の私としては あのまったりした大阪弁も好きでした。
 
>  今度また梅芸に行くことがあったら 横の
>  レストランのランチ いただいてみたいです。

特別美味しい、ってこともないのですが、
観劇の待ち合わせや 観劇前にはとても便利で重宝しています。
2015/12/12(Sat) 23:21 | URL  | happy #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック