毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
中山可穂著 男役 読みました。

男役

帯には、
「宝塚の守護神 ファントムの悲しき愛と劫罰。」

男役という稀有な芸への熱いオマージュを込めて書かれたとのこと。
宝塚版ファントムです♪

ネタバレあります、ご注意ください。

トップになって二日目に舞台事故で亡くなった50年前の伝説の男役スター・扇乙矢。
扇から ファンファンとの愛称で呼ばれた彼女は 宝塚のファントムとなって
生徒たちを見守っています。

異色のトップスター 如月すみれの退団公演が幕を開けようとしていました。
絶大な人気を誇るすみれ(愛称 パッパさん)は
「セビリアの赤い月」というスペイン物の演目をさよなら公演に選びました。

それはまさに あの扇乙矢のとップお披露目公演の演目でした。

新人公演主役に選ばれた男役・永遠ひかるは まだ研3。
プレッシャーに押しつぶされそうになりながらも
パッパさんの温かいアドバイスや
劇場に住み着く 扇乙矢の亡霊に助けられながら
成長していく物語、そして 
50年前の事故にまつわる切ない愛。

もう、一気読みでした。

ヅカファンには、ヅカあるあるが面白くて、
勉強になりました。

また、ひかるが初の新公主演で 緊張しながらも 
ファントムさんの力を借りて 一人前の男役になっていく件は
涙なくしては読めません。

如月すみれの 大劇場さよなら公演の様子は
読んでいて ちえちゃん(柚希礼音)のさよなら公演を思い出して
洟ジュルジュル。

きっとご贔屓を見送ったことのあるヅカファンなら 涙腺崩壊の危険あり!

ヅカネタ ヅカあるある

振り移し
新人公演での振りは、主演者に振りを教えるのは 振付師ではなく本役
それを振り移しといいます。
公演の後などに本役と練習をして覚え身に着けていくんですね

娘役は男役を立ててナンボ
男役の隣で自分の存在を消さなきゃいけない時もある。 ほほぅ~
男役を男役たらしめるのは、娘役。 なるほど~、深い!!!

男役は男役に惚れる 娘役にではない。
それが宝塚におけるただしい異性愛のあり方だそうです。
へぇぇ!

歌の味
いろんな経験を積み、泣いたり笑ったり 嫉妬したり
それらの感情知ることで
ただ上手いだけではない「味」のある歌を歌える術をテにいれるのだそうです。
楽譜どおりに歌うだけでなく 客席の心に訴えかけるものがある歌こそ
本当に上手な歌、味のある歌と言えるのだと思います。

女性ホルモンを悪魔に売り渡す
と、如月すみれが語る部分があるのですが・・・
「生理が無くなる代わりに 娘役をリフトできる」
ちょ、ちょっと待って!!本当に生理がなくなるの??
いつも真っ白な衣装で大変だろうとは思っていたのですが・・・
なくなってしまうとは!信じがたい!

役が役者を育てる
大きな役に抜擢されたら 自分を鼓舞してがんばってやり通すしか無い。
舞台での経験が 役者として成長させると思ってます。
若手有望株にはしっかりと 役を付けてあげて欲しいですね!

本通し
稽古場で行われる 最後の通し稽古で 新公に出ない上級生たちが
見に来てアドバイスをしてくれるそうです。

ここの件、ひかるがファンファンの力を借りて
大きく成長します。熱いものが胸にこみ上げてきます!!

宝塚の構成はよくできている

芝居が終わってから ショーがある。

観客は、不発 駄作のお芝居でも 後から
最高に華やかなショーを観ることで 終わりよければすべてよし
とても満足して帰れていいな、と思ってたのですが。

同じことが生徒さんにも言えるようです。
いつまでも役にのめり込んで引きづらなくて済むのだそうです。

トップとは
自分のことだけじゃなくて、相手役を気遣ったり
組全体のことにも目配りが必要♪


小ネタ
*アクセサリーは自前
*銀橋は カーブしているので 走って捌ける時など
落ちないように注意が必要。


タカラヅカ 無い無い ヾノ・_・`)
(相手役への思いが嵩じて)躊躇せずに 相手役の唇に自分の唇を押し付けた。


そして・・・永遠ひかるの祖母は 
50年前の事故で無くなった扇乙矢の相手役・神無月れいでした。

ずっと宝塚から離れていたけれど
愛する孫娘の新人公演で
自らが演じた演目 「セビリアの赤い月」の主演を務めるのを
観に来たのでした。

そしてファントム 扇乙矢との再開。

新人公演の舞台の様子に胸が熱くなります。

如月すみれのサヨナラ公演の千秋楽の様子も
ちえちゃんのサヨナラが重なって 涙涙。

ヅカネタが随所に散りばめられていて、
想像するのがたのしかったです!!

ヅカファンにおすすめ!

下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます




関連記事

【2015/12/18 23:59】 | BOOK
トラックバック(0) |

こんにちは
yokko
happyさま

 こんな本があるのですね!
 
 ちょっと読んで見たいような~i-179
 ヅカネタ 満載?!
 読むかも知れませんので失礼ながら
 記事は そこそこスルー、i-229

 かなり前「野ばら」って言ったかしら、
 林真理子著は ざっくり読んだのですが。
 ちょっとつまらなかった記憶です~i-230

Re: こんにちは
happy
yokko様

yokkoさんも「野ばら」、読まれたのですね!!

あの作品も宝塚が舞台で、楽屋での生徒の過ごし方だとか
良家のお嬢様がジェンヌになったらこんな感じ、というのを
取材してちょっと味付けして書かれていて面白かったです。

yokkoさんがおっしゃるように、
主人公とその友人の人生になんの成長もなく 小説としてはつまらないですね。
読み終わった時、何も得たものがなくて 虚しさに襲われました。

林真理子さんは、何を書きたかったのかな?と思いました。

この「男役」は、研3の「永遠ひかる」が新公を通して
成長していく様子が描かれていて 胸が熱くなります。

また稀代のトップスター如月すみれのさよなら公演
千秋楽=卒業の日のくだりは、
柚希礼音ラストデー彷彿で、泣けちゃいます、おすすめです!

管理人のみ閲覧できます
-


Re: タイトルなし
happy
○○様

こんばんは!

特殊なアンダーとか どこで入手されるのかと思っていたのですが
出入りの業者がいるんですね~??

終演後には、そんな生徒さんも??
ん~~~~、やっぱり想像を絶する世界のような…苦笑

娘役は、お稽古用のスカートなども必要ですし
日本物だとお稽古やスカステ出演用お着物も何枚も要るし大変ですね!

のちほど ブログにお伺い致します。

お読みになられたのですね(*^_^*)
ちぃたん
おはようございます!


以前にこんな本ありますよ~♪と、happy様にご紹介したようなうっすらと記憶。

「男役」
ストーリーは多少ツッコミどころもあるんですけど、ホロリとくる作品ですよね!!

宝塚の小ネタも散りばめられていて、勉強になります。

タイトルにもあるとおり「男役」が確かに宝塚では主軸であると思うんですが

「娘役」も、すごい。宝塚を知れば知るほどすごい(笑)

アクセサリーは自前(自作で用意する生徒さんも)お稽古や公演の合間を縫って内職してるわけで。一体どこにそのような時間が…(^^;)

カツラも自前あるらしいですね。髪型アレンジも公演ごとに変えてるわけで。これを早替わりで…。

時には陽向になって包み込み、時には影になり男役を引き立て輝かせる「娘役」の存在…ただ脱帽するしかない(^^;)



Re: お読みになられたのですね(*^_^*)
happy
ちぃたん様

こんばんは!
「男役」
教えて頂き、ありがとうございました♪

ヅカネタを散りばめられて、
舞台が目に浮かぶ描写に何度も胸が熱くなりました!

> 「娘役」も、すごい。宝塚を知れば知るほどすごい(笑)

宝塚って、本当に奥が深いです~~~!
だからこそ、ハマってしまうんですね!

膝を折り、うっとりと男役を見つめる姿は
男役を引き立てますよね!


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
happyさま

 こんな本があるのですね!
 
 ちょっと読んで見たいような~i-179
 ヅカネタ 満載?!
 読むかも知れませんので失礼ながら
 記事は そこそこスルー、i-229

 かなり前「野ばら」って言ったかしら、
 林真理子著は ざっくり読んだのですが。
 ちょっとつまらなかった記憶です~i-230
2015/12/19(Sat) 14:48 | URL  | yokko #-[ 編集]
Re: こんにちは
yokko様

yokkoさんも「野ばら」、読まれたのですね!!

あの作品も宝塚が舞台で、楽屋での生徒の過ごし方だとか
良家のお嬢様がジェンヌになったらこんな感じ、というのを
取材してちょっと味付けして書かれていて面白かったです。

yokkoさんがおっしゃるように、
主人公とその友人の人生になんの成長もなく 小説としてはつまらないですね。
読み終わった時、何も得たものがなくて 虚しさに襲われました。

林真理子さんは、何を書きたかったのかな?と思いました。

この「男役」は、研3の「永遠ひかる」が新公を通して
成長していく様子が描かれていて 胸が熱くなります。

また稀代のトップスター如月すみれのさよなら公演
千秋楽=卒業の日のくだりは、
柚希礼音ラストデー彷彿で、泣けちゃいます、おすすめです!
2015/12/19(Sat) 21:24 | URL  | happy #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/12/19(Sat) 21:40 |   | - #[ 編集]
Re: タイトルなし
○○様

こんばんは!

特殊なアンダーとか どこで入手されるのかと思っていたのですが
出入りの業者がいるんですね~??

終演後には、そんな生徒さんも??
ん~~~~、やっぱり想像を絶する世界のような…苦笑

娘役は、お稽古用のスカートなども必要ですし
日本物だとお稽古やスカステ出演用お着物も何枚も要るし大変ですね!

のちほど ブログにお伺い致します。
2015/12/19(Sat) 22:05 | URL  | happy #-[ 編集]
お読みになられたのですね(*^_^*)
おはようございます!


以前にこんな本ありますよ~♪と、happy様にご紹介したようなうっすらと記憶。

「男役」
ストーリーは多少ツッコミどころもあるんですけど、ホロリとくる作品ですよね!!

宝塚の小ネタも散りばめられていて、勉強になります。

タイトルにもあるとおり「男役」が確かに宝塚では主軸であると思うんですが

「娘役」も、すごい。宝塚を知れば知るほどすごい(笑)

アクセサリーは自前(自作で用意する生徒さんも)お稽古や公演の合間を縫って内職してるわけで。一体どこにそのような時間が…(^^;)

カツラも自前あるらしいですね。髪型アレンジも公演ごとに変えてるわけで。これを早替わりで…。

時には陽向になって包み込み、時には影になり男役を引き立て輝かせる「娘役」の存在…ただ脱帽するしかない(^^;)

2015/12/20(Sun) 03:46 | URL  | ちぃたん #-[ 編集]
Re: お読みになられたのですね(*^_^*)
ちぃたん様

こんばんは!
「男役」
教えて頂き、ありがとうございました♪

ヅカネタを散りばめられて、
舞台が目に浮かぶ描写に何度も胸が熱くなりました!

> 「娘役」も、すごい。宝塚を知れば知るほどすごい(笑)

宝塚って、本当に奥が深いです~~~!
だからこそ、ハマってしまうんですね!

膝を折り、うっとりと男役を見つめる姿は
男役を引き立てますよね!
2015/12/20(Sun) 21:25 | URL  | happy #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック