毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
今年初の大劇場公演 Shakespeareを観劇してきました。

   Shakespeare.jpg

いや~ん、そんな目で見ないで~  (/▽\)

最初、ザリガニ??って思ったお衣装も
実際観たら 素敵でした♪

まぁ様(朝夏まなと)の「あけましておめでとうございます!」のご挨拶に
あ、まだ松の内か。と。

ここんとこ連休やら 母の病院で仕事休んでばかりで
日にちの感覚が無い~

まずは、お芝居の感想から。

いつもは、調べも十分、見どころもリサーチして臨むけど
今回は初日の頃のブロガー様のレポと映像をサクッと観ただけなので
わかるかしら??と思ったけど 分かりやすかったです♪

生田大和先生の「春の雪」では ズドンとハートを撃ちぬかれたのですが
ワタシ的には「ラスト・タイクーン」がつまらなさ過ぎたので
今回もどうなの??って 正直あんまり期待してなかったのですが

私は好きです 

民衆が求める ウィリアムの新作。
舞台中央では 「ロミオとジュリエット」が演じられています。


ネタバレあります。

ロミオ(沙央くらま)とジュリエット(純矢ちとせ)のセリフに
銀橋下手に現れた ウィリアム(朝夏まなと)とアン(実咲凛音)の声が重なり
二人の物語の始まりに取って代わります。

こういう演出好きだわ♪

これは、ウィリアムとアンの物語だったのですね~。

森の中で出会った二人。
アンがウィリアムの詩を読めば 言葉が次々に湧いてくるウィリアムでした。
もう、それは恋~♪

五月祭で大暴れして永久追放になったウィリアムは
バルコニーのアンの元へ、そして結婚を誓う。 まるでロミジュリ。
劇中劇。

薔薇という名の花は名前を変えても
香りは変わらない 名前に意味はない~♪的なセリフもありました。

そこへ待ち構える 真風@ケアリー。
宮内大臣一座の支援者(パトロン)として ウィリアムを庇護することに。

実はケアリーは 宮廷内での抗争に
演劇を使って民衆の心を掌握する、という下心があったのです。

結婚したものの ロンドンとストラットフォード、
妻子と離れて暮らすウィリアム。
名声をつかんでようやく 家族と暮らせたのもつかの間
仕事に追われるウィリアムの元をアンと息子は去っていったのでした。

そして 舞い込んだ息子の訃報。

脚本を書けなくなってしまったウィリアム。

そんな彼にエリザベス一世の前で演劇を披露する機会が訪れます。

結婚をしたことがない女王に
「夫婦の愛」とはどのようなものかを見せるというもの。

つまらないラストに、これで終わりかと問われ
妻子をなくした自分には 
もう言葉は湧いては来ない、と肩を落とすウィリアム。

めちゃくちゃ都合よく 緊張で倒れた劇団員の代わりに
マスクを付けたアンがこっそり舞台に立っていました。

思わずマスクを外して駆け寄るアン。

本物の夫婦愛を目の前で観せられた女王は褒美を…

かねてから ウィリアムの父が欲しがっていた
準貴族の地位と紋章を送ったのです。

めでたしめでたしの大団円で華やかに幕。

うまく纏まっていて いいお話でした。

ウィリアムは アンの存在があったからこそ
愛の魔法で 言葉を紡ぎだし

野心にまみれたケアリーは 妻の言葉に
いつも 勇気を奮い立たせてもらっていました。


いつの世も 言葉は言霊となって
それを聞く人の心を揺さぶるのだな、と思いました。

こうやって ブログを書いたりお友達とお話したり
何気ない言葉が 人を幸せにも 不愉快にもします。

昨日書いた「母の入院」の記事に頂きました
温かいコメント=お言葉も心に滲みました。

これからも 言葉を発信する者として
ウィリアムのように素敵な言葉を紡ぎだせたらいいなと思います。

空(宙?)に満つるは、尽きせぬ言の葉…
サブタイトルに 生田先生の思いが込められています。


キャスト感想は 追記の展開へ


下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます

◆朝夏まなと@ウィリアム シェイクスピア

本当に爽やかに青年シェイクスピアを演じていました。
滑舌もいいし、歌もお上手だし、スタイルいいし
すっかり引き込まれました♪

◆真風涼帆@ケアリー

おひげがよく似あってます!
堂々とした存在感のある役で
まぁ様との阿吽の呼吸、頼もしい2番手になりましたね!
緊張しての変な歩き方で笑いを取って・・・
メランコリック・ジゴロから 笑いも取れる真風にすごい成長を見た!

◆風馬翔

何? なんかすごく目に飛び込んでくるんですけどっ!
悪い荘園主から 人のいいオッサン的劇団経営者まで
説得力のあるビジュアルとお芝居で唸りました。
これからも注目していこう!!

◆星風まどか

すっごく可愛くて大好き~♪ 大抜擢がいっぱいの今公演ですね!

最初、配役発表になった時 「ダークレディ」っていうキャスト名だったような…
なにか 鍵を握る役なのか?と思ったけど
幕が上がれば、バプティスタ(音楽家)の娘という・・・特に意味のないお役。謎。
ワンシーン見せ場があるけど あれ、ストーリーに絡んでないし…

劇団から使ってくれと言われて 一応役作ったけど
生田先生、使い切れなかったのか、と 得意の邪推。

◆愛月ひかる

いつもずんちゃん(桜木みなと)と出てて
最後の劇中劇では masakano_20151204220627834.gif・・・ふふっ♪

笑わせてくれるのは…TOP HATで おしりの皮が一皮剥けたからかしら?


宙組、トップ 2番手3番手がはっきりしてて 本当に気持ちがいい!

澄輝さやと 蒼羽りく 星吹彩翔 凛城きららがいて
更に 美月悠や星月梨旺がいて
その下にずんちゃんと そらくんがいる

中堅~若手充実

まだまだ宙組勉強不足ゆえ 大事な方が抜けてたらごめんなさい。

あ、みりおん(実咲凜音)、うらら(伶美うらら)ちゃんのこと書いてないけど許してちょ。
ふたりともお芝居、良かったよ~!!

今日、客席に 外国人の団体客が来られてました。

美穂圭子さんや せーこちゃん「(純矢ちとせ)がたっぷり美声聴かせてくれたから
心の中で ドヤ顔してました。

ホント、外国の人たちに宝塚の歌唱力 ちゃんと評価してほしいからさぁ。

下手な子に歌わさない、これで対処するしかないね!

書きたい事が抜けてる気がするけど また思い出したら追記します。


下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます


関連記事


追記を閉じる▲
◆朝夏まなと@ウィリアム シェイクスピア

本当に爽やかに青年シェイクスピアを演じていました。
滑舌もいいし、歌もお上手だし、スタイルいいし
すっかり引き込まれました♪

◆真風涼帆@ケアリー

おひげがよく似あってます!
堂々とした存在感のある役で
まぁ様との阿吽の呼吸、頼もしい2番手になりましたね!
緊張しての変な歩き方で笑いを取って・・・
メランコリック・ジゴロから 笑いも取れる真風にすごい成長を見た!

◆風馬翔

何? なんかすごく目に飛び込んでくるんですけどっ!
悪い荘園主から 人のいいオッサン的劇団経営者まで
説得力のあるビジュアルとお芝居で唸りました。
これからも注目していこう!!

◆星風まどか

すっごく可愛くて大好き~♪ 大抜擢がいっぱいの今公演ですね!

最初、配役発表になった時 「ダークレディ」っていうキャスト名だったような…
なにか 鍵を握る役なのか?と思ったけど
幕が上がれば、バプティスタ(音楽家)の娘という・・・特に意味のないお役。謎。
ワンシーン見せ場があるけど あれ、ストーリーに絡んでないし…

劇団から使ってくれと言われて 一応役作ったけど
生田先生、使い切れなかったのか、と 得意の邪推。

◆愛月ひかる

いつもずんちゃん(桜木みなと)と出てて
最後の劇中劇では masakano_20151204220627834.gif・・・ふふっ♪

笑わせてくれるのは…TOP HATで おしりの皮が一皮剥けたからかしら?


宙組、トップ 2番手3番手がはっきりしてて 本当に気持ちがいい!

澄輝さやと 蒼羽りく 星吹彩翔 凛城きららがいて
更に 美月悠や星月梨旺がいて
その下にずんちゃんと そらくんがいる

中堅~若手充実

まだまだ宙組勉強不足ゆえ 大事な方が抜けてたらごめんなさい。

あ、みりおん(実咲凜音)、うらら(伶美うらら)ちゃんのこと書いてないけど許してちょ。
ふたりともお芝居、良かったよ~!!

今日、客席に 外国人の団体客が来られてました。

美穂圭子さんや せーこちゃん「(純矢ちとせ)がたっぷり美声聴かせてくれたから
心の中で ドヤ顔してました。

ホント、外国の人たちに宝塚の歌唱力 ちゃんと評価してほしいからさぁ。

下手な子に歌わさない、これで対処するしかないね!

書きたい事が抜けてる気がするけど また思い出したら追記します。


下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます


関連記事

【2016/01/14 23:56】 | 宝塚・宙組
トラックバック(0) |


cuchiko
おはようございます☆

レポを何度も読み返しました、
ああ、すっごく素敵な舞台なんだろうなぁ^^

>春の雪
大好きです(はぁと)
DVD何回観たことやら^^;

↓お母様、心よりお見舞い申し上げます。


観劇楽しみです(≧∀≦)
ちぃたん
おはようございます♪

Shakespeare~楽しめそうでよかった~♪

コマちゃんが宙組にっ!専科さんとして、いいお仕事されてるようですね~(≧∀≦)

美穂圭子お姉さまの存在感、あの歌唱力、女王様は相応しいお役かと思われます~。

専科メンバーにそそられてます、私(笑)

私もまぁさまのお衣装が甲殻類系に見えなくもない…(^^;)

まぁさま、スタイルいいから何着ても決まるんですけどね~(〃▽〃)

観劇は今のところ来月の後半なんですが~☆

う~ん、チケット追加出来たら早めに観たいかも。

やっぱり宝塚観ると、元気貰えますね~!
o(^o^)o


Re: タイトルなし
happy
cuchiko様

こんばんは!

生田先生は、「春の雪」のように 重厚な作品がお上手な気がします。

シェイクスピアは、「コスチューム物」。
お衣装のデザイン、有村先生で とても美しく豪華で見応えありました。

一気にあの時代に引きこんでくれる衣装と舞台装置、
シェイクスピアのピュアな感じが素敵でした!!v-10


Re: 観劇楽しみです(≧∀≦)
happy
ちぃたん様

こんばんは!

私も、一時、え~~~、シェイクスピア~? (。´Д`)
なんて思ったものですが、いい意味で予想を裏切ってくれました!

あ、あくまでも 私の観方ですけどね^^(まぁ様贔屓なもので…)

エリザベス一世女王は美穂圭子しかないですね!
コマちゃんの芸名「沙央くらま」の沙央ってのは
シェイクスピアの異名 沙翁からつけたんですって。
(お父様がシェイクスピア研究者とか…)
この作品に無くてはならない役者さんですね! 

> 私もまぁさまのお衣装が甲殻類系に見えなくもない…(^^;)

私だけじゃなかった…? ^^;

まぁ様スタイルよくて惚れ惚れですが
今回のヘアスタイルもツボってます。

私もチケット追加しちゃいました!

ほんとほんと、宝塚でパワーもらいました!!

遅ればせながら宙組やっと東宝(日比谷)で観て来ました~。
蘭の花
ムラ(兵庫県・宝塚大劇場本拠地)でひと足先に御覧になったHappy様にひと月遅れで、やっとこさ、宙組の東京公演観て来ました~。
▲当初は「パスろうかな?」とかチラリと思っていたりした蘭の花でしたが、Happy様の論評(観劇感想)が割と良かったのでHappy様に影響されて見て来ました~。
3/1日(火曜日) トモ会(=宝塚友の会)と三井住友VISAカードの共同の「貸切公演」の回で観劇してきたのですが、結果、行って良かったです!
〉生田大和先生の「春の雪」では ズドンとハートを撃ちぬかれたのですが ワタシ的には「ラスト・タイクーン」がつまらなさ過ぎたので今回もどうなの??って 正直あんまり期待してなかったのですが…
→ まさに、まさに同じくです。私もラントム(蘭寿とむさん)の退団公演の『Last Tycoon』いまいちというかあまり面白く有りませんでした。
■私的には生田大和(いくた・ひろかず)作品の中では:
①『春の雪』大傑作。
ミリオちゃんのツンツンな“キヨ様”(松枝公爵家 令息:松枝清顕)も良かったけど、トシさん(宇月颯)演ずる書生(しょせい:住み込みの学生で坊ちゃまの御世話もすれば家庭教師も受け持つ)が素晴らしかったですね。たまきち(珠城りょう)が演じた清さまの学習院高等科の同級生の本多を(下級生なのに)落ち着いて演じてましたよね。本多は三島の『豊饒の海』四部作全体を通じてのストーリーテラーという大事な役回り(ある意味、狂言回しの役)でしたし。ちなつ(鳳月杏)の洞院宮治典殿下も品よく威厳有って。『ロミ&ジュリ』ではお茶目なピーター(乳母の従者)演じてた“あちょうさん”(華央あみり)が全く違う雰囲気の役作りで“ちなつ”の洞院宮治典殿下の父宮を演じてたり、美穂月qさんが綾倉伯爵家の令嬢・聡子付きの女中をャcなく演じていて。シャム(現在のタイランド王国)の2人の王子を演じた若手下級生(千海華蘭ちゃんと隼海さん)も可愛いかったし。ミリオちゃんの歌う主題歌「豊饒の海~夢の旅人」も哀愁溢れるメロディーで感動しました。
私はバウホール(ムラ@兵庫県)ではなく東京の別箱:日本青年館で観劇したのですが結局2回も見てしまった位 感動した舞台でした。
②『伯爵令嬢』日生劇場で2回観劇したけど、こちらも大傑作♪ 面白かった♪
③『Last Tycoon ハリウッドの帝王』
→ うーむ、やや駄作、って感じでした。

②つづき(連投稿スミマセン!)汗。
蘭の花
そんなわけで、今回の生田先生の新作、しかも「シェークスピア本人とその嫁が主人公ってどうよ?」と最初は正直あまり食指が動かなかった(訳:観劇意欲が湧かなかった)んですが、大劇場@ムラでのHappyさまの感想が思いのほか「高評価」だったので、私め(蘭の花)も東京会場@日比谷で観て来た、という次第でした。→ 少なくともチエちゃん時代の星組の駄作2作品『ロス・グロ』と『黒豹』に較べたらずっとずっと内容的に良かった気がします。■美穂さんのElizabeth Regina(エリザベス1世)の威厳溢れる存在感と演技が圧巻でしたし、シェークスピア本人が主人公だけ有って、彼が書いた戯曲の数々が「劇中劇」という形で舞台の上で、2つの劇が同時に進行する、という趣向もNice! でしたよね。◆美穂さんと一緒に専科から特別出演してたコマちゃん(沙央くらま)が当時の舞台役者役でちょこまか出ずっぱりで大活躍してましたし「コマちゃん、やっぱり演技上手いなぁ♪」と。去年夏の月組『1789』でもコマちゃん演じる金髪のダントン(でしたっけ?)は、カチャやたまきちの演じた革命に身を投じる青年たちより、ハッキリ言ってずっと目立ってたし、あの短めの金髪のカツラ、コマちゃんにとても似合ってて印象的でしたが、今回の役者さんも上手でした。それにしても(劇中劇とは言え)コマちゃんがロミオ役とはね~。◆まぁ君自身のおおらかな魅力が、歴史上の戯曲家「貴族でも王族でもない主人公」という“やや平凡に傾きがちなヒーロー像”を魅力的に見せてましたよね。

Re: 遅ればせながら宙組やっと東宝(日比谷)で観て来ました~。
happy
蘭の花様

おぉ~~~、観てこられましたね♪

> ■私的には生田大和(いくた・ひろかず)作品の中では:
> ①『春の雪』大傑作。

同感です! みりおちゃんのキヨ様に心翻弄され、朴訥トシちゃんにやられ
ちなっちゃんの品の良さに開眼し、たまきちの老成した演技に目を見張りました~!

咲妃みゆちゃんと白雪さち花ちゃんの演技も鳥肌モンでした~

Re: ②つづき(連投稿スミマセン!)汗。
happy
蘭の花様

シェイクスピアの没後400年にこの作品てことで、
まず「没後400年」ありきの作品なんだろうな~と
ちょっとクールに感じてまして
私も シェイクスピアの生涯なんて、面白いの~?って懐疑的でしたが…。

劇中劇あり 笑いあり、で楽しい作品でしたね。

こまちゃんの沙央くらまのさおうは、沙翁=シェイクスピアから命名されたので
まさにコマちゃんにぴったりの作品ですね、力が入ってたと思います♪



沙翁=シェークスピアなんですね!
蘭の花
〉こまちゃんの沙央くらまのさおうは、沙翁=シェイクスピアから命名されたので
→ Happy様の豆知識(トリビア情報)参考になります! コマちゃん、この作品に特別出演して活躍出来て“芸名冥利に尽きる”と言うか、良かったですね!!

『God Save the Queen』
蘭の花
美穂さん演じるエリザベス女王が臣下の前に姿を現す時のタイミングで流れる『God Save the Queen (神よ我らが女王を護り賜え)』の曲が英国王室の荘厳な雰囲気を出してて場面を盛り上げてましたね。あのエリザベス女王を讃え迎える曲は現在でも実際に“英国国歌”として使われてますし。

どちらの国からの人達でしょう??
蘭の花
〉今日、客席に 外国人の団体客が来られてました。
→ どちらの国からの観光客でしたか? 気になっちゃいました。(歌劇団やTCA関係者からしたら痛しかゆしですけど)YouTubeとか、中国人が違法に土豆(ドドゥ)にアップロードしてる宝塚の舞台映像を見てヅカファンになったイタリア人やドイツ人多いですから、団体で観劇に来たのはどこの国の人達ナノかな? と。

Re: 沙翁=シェークスピアなんですね!
happy
シェークスピアのお話だから 特出できて良かったですね!

Re: 『God Save the Queen』
happy
堂々たる風格の美穂圭子さんと 英国国歌。
ぴったりですね~!

Re: どちらの国からの人達でしょう??
happy
蘭の花様

> 〉今日、客席に 外国人の団体客が来られてました。

日本人のパッケージツアーのように母国から団体で来られているのではなく
日本で募集したツアーに各国の方が各自で参加されているようでした。

欧米系中心でした。
女性が多かったですが 男性もいらっしゃいました。

開演前には、ステージスタジオの前で
ツアーコンダクターから説明を聞いておられました。

承認待ちコメント
-


Re: ご回答有り難うございます。
happy
違法にアップロードされた 宝塚の映像を観た
海外の方が宝塚に興味をもって、日本へ観に来てくださるって…
嬉しいような 腹立たしいような…痛し痒しですね!

ジェンヌさんの画像もツイッターやブログにたくさんあがってますが
あれも パブリシティ権の観点から言えば違法です。
が、私達ファンは それを話題にすることで
宝塚を盛り上げるのに一役買ってるのかとも思います。

功と罪、表裏一体といったところですね。




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おはようございます☆

レポを何度も読み返しました、
ああ、すっごく素敵な舞台なんだろうなぁ^^

>春の雪
大好きです(はぁと)
DVD何回観たことやら^^;

↓お母様、心よりお見舞い申し上げます。
2016/01/15(Fri) 09:17 | URL  | cuchiko #-[ 編集]
観劇楽しみです(≧∀≦)
おはようございます♪

Shakespeare~楽しめそうでよかった~♪

コマちゃんが宙組にっ!専科さんとして、いいお仕事されてるようですね~(≧∀≦)

美穂圭子お姉さまの存在感、あの歌唱力、女王様は相応しいお役かと思われます~。

専科メンバーにそそられてます、私(笑)

私もまぁさまのお衣装が甲殻類系に見えなくもない…(^^;)

まぁさま、スタイルいいから何着ても決まるんですけどね~(〃▽〃)

観劇は今のところ来月の後半なんですが~☆

う~ん、チケット追加出来たら早めに観たいかも。

やっぱり宝塚観ると、元気貰えますね~!
o(^o^)o
2016/01/15(Fri) 09:47 | URL  | ちぃたん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
cuchiko様

こんばんは!

生田先生は、「春の雪」のように 重厚な作品がお上手な気がします。

シェイクスピアは、「コスチューム物」。
お衣装のデザイン、有村先生で とても美しく豪華で見応えありました。

一気にあの時代に引きこんでくれる衣装と舞台装置、
シェイクスピアのピュアな感じが素敵でした!!v-10
2016/01/15(Fri) 22:27 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: 観劇楽しみです(≧∀≦)
ちぃたん様

こんばんは!

私も、一時、え~~~、シェイクスピア~? (。´Д`)
なんて思ったものですが、いい意味で予想を裏切ってくれました!

あ、あくまでも 私の観方ですけどね^^(まぁ様贔屓なもので…)

エリザベス一世女王は美穂圭子しかないですね!
コマちゃんの芸名「沙央くらま」の沙央ってのは
シェイクスピアの異名 沙翁からつけたんですって。
(お父様がシェイクスピア研究者とか…)
この作品に無くてはならない役者さんですね! 

> 私もまぁさまのお衣装が甲殻類系に見えなくもない…(^^;)

私だけじゃなかった…? ^^;

まぁ様スタイルよくて惚れ惚れですが
今回のヘアスタイルもツボってます。

私もチケット追加しちゃいました!

ほんとほんと、宝塚でパワーもらいました!!
2016/01/15(Fri) 22:47 | URL  | happy #-[ 編集]
遅ればせながら宙組やっと東宝(日比谷)で観て来ました~。
ムラ(兵庫県・宝塚大劇場本拠地)でひと足先に御覧になったHappy様にひと月遅れで、やっとこさ、宙組の東京公演観て来ました~。
▲当初は「パスろうかな?」とかチラリと思っていたりした蘭の花でしたが、Happy様の論評(観劇感想)が割と良かったのでHappy様に影響されて見て来ました~。
3/1日(火曜日) トモ会(=宝塚友の会)と三井住友VISAカードの共同の「貸切公演」の回で観劇してきたのですが、結果、行って良かったです!
〉生田大和先生の「春の雪」では ズドンとハートを撃ちぬかれたのですが ワタシ的には「ラスト・タイクーン」がつまらなさ過ぎたので今回もどうなの??って 正直あんまり期待してなかったのですが…
→ まさに、まさに同じくです。私もラントム(蘭寿とむさん)の退団公演の『Last Tycoon』いまいちというかあまり面白く有りませんでした。
■私的には生田大和(いくた・ひろかず)作品の中では:
①『春の雪』大傑作。
ミリオちゃんのツンツンな“キヨ様”(松枝公爵家 令息:松枝清顕)も良かったけど、トシさん(宇月颯)演ずる書生(しょせい:住み込みの学生で坊ちゃまの御世話もすれば家庭教師も受け持つ)が素晴らしかったですね。たまきち(珠城りょう)が演じた清さまの学習院高等科の同級生の本多を(下級生なのに)落ち着いて演じてましたよね。本多は三島の『豊饒の海』四部作全体を通じてのストーリーテラーという大事な役回り(ある意味、狂言回しの役)でしたし。ちなつ(鳳月杏)の洞院宮治典殿下も品よく威厳有って。『ロミ&ジュリ』ではお茶目なピーター(乳母の従者)演じてた“あちょうさん”(華央あみり)が全く違う雰囲気の役作りで“ちなつ”の洞院宮治典殿下の父宮を演じてたり、美穂月qさんが綾倉伯爵家の令嬢・聡子付きの女中をャcなく演じていて。シャム(現在のタイランド王国)の2人の王子を演じた若手下級生(千海華蘭ちゃんと隼海さん)も可愛いかったし。ミリオちゃんの歌う主題歌「豊饒の海~夢の旅人」も哀愁溢れるメロディーで感動しました。
私はバウホール(ムラ@兵庫県)ではなく東京の別箱:日本青年館で観劇したのですが結局2回も見てしまった位 感動した舞台でした。
②『伯爵令嬢』日生劇場で2回観劇したけど、こちらも大傑作♪ 面白かった♪
③『Last Tycoon ハリウッドの帝王』
→ うーむ、やや駄作、って感じでした。
2016/03/04(Fri) 20:39 | URL  | 蘭の花 #-[ 編集]
②つづき(連投稿スミマセン!)汗。
そんなわけで、今回の生田先生の新作、しかも「シェークスピア本人とその嫁が主人公ってどうよ?」と最初は正直あまり食指が動かなかった(訳:観劇意欲が湧かなかった)んですが、大劇場@ムラでのHappyさまの感想が思いのほか「高評価」だったので、私め(蘭の花)も東京会場@日比谷で観て来た、という次第でした。→ 少なくともチエちゃん時代の星組の駄作2作品『ロス・グロ』と『黒豹』に較べたらずっとずっと内容的に良かった気がします。■美穂さんのElizabeth Regina(エリザベス1世)の威厳溢れる存在感と演技が圧巻でしたし、シェークスピア本人が主人公だけ有って、彼が書いた戯曲の数々が「劇中劇」という形で舞台の上で、2つの劇が同時に進行する、という趣向もNice! でしたよね。◆美穂さんと一緒に専科から特別出演してたコマちゃん(沙央くらま)が当時の舞台役者役でちょこまか出ずっぱりで大活躍してましたし「コマちゃん、やっぱり演技上手いなぁ♪」と。去年夏の月組『1789』でもコマちゃん演じる金髪のダントン(でしたっけ?)は、カチャやたまきちの演じた革命に身を投じる青年たちより、ハッキリ言ってずっと目立ってたし、あの短めの金髪のカツラ、コマちゃんにとても似合ってて印象的でしたが、今回の役者さんも上手でした。それにしても(劇中劇とは言え)コマちゃんがロミオ役とはね~。◆まぁ君自身のおおらかな魅力が、歴史上の戯曲家「貴族でも王族でもない主人公」という“やや平凡に傾きがちなヒーロー像”を魅力的に見せてましたよね。
2016/03/04(Fri) 21:42 | URL  | 蘭の花 #-[ 編集]
Re: 遅ればせながら宙組やっと東宝(日比谷)で観て来ました~。
蘭の花様

おぉ~~~、観てこられましたね♪

> ■私的には生田大和(いくた・ひろかず)作品の中では:
> ①『春の雪』大傑作。

同感です! みりおちゃんのキヨ様に心翻弄され、朴訥トシちゃんにやられ
ちなっちゃんの品の良さに開眼し、たまきちの老成した演技に目を見張りました~!

咲妃みゆちゃんと白雪さち花ちゃんの演技も鳥肌モンでした~
2016/03/04(Fri) 22:47 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: ②つづき(連投稿スミマセン!)汗。
蘭の花様

シェイクスピアの没後400年にこの作品てことで、
まず「没後400年」ありきの作品なんだろうな~と
ちょっとクールに感じてまして
私も シェイクスピアの生涯なんて、面白いの~?って懐疑的でしたが…。

劇中劇あり 笑いあり、で楽しい作品でしたね。

こまちゃんの沙央くらまのさおうは、沙翁=シェイクスピアから命名されたので
まさにコマちゃんにぴったりの作品ですね、力が入ってたと思います♪

2016/03/04(Fri) 22:57 | URL  | happy #-[ 編集]
沙翁=シェークスピアなんですね!
〉こまちゃんの沙央くらまのさおうは、沙翁=シェイクスピアから命名されたので
→ Happy様の豆知識(トリビア情報)参考になります! コマちゃん、この作品に特別出演して活躍出来て“芸名冥利に尽きる”と言うか、良かったですね!!
2016/03/05(Sat) 20:26 | URL  | 蘭の花 #-[ 編集]
『God Save the Queen』
美穂さん演じるエリザベス女王が臣下の前に姿を現す時のタイミングで流れる『God Save the Queen (神よ我らが女王を護り賜え)』の曲が英国王室の荘厳な雰囲気を出してて場面を盛り上げてましたね。あのエリザベス女王を讃え迎える曲は現在でも実際に“英国国歌”として使われてますし。
2016/03/05(Sat) 20:33 | URL  | 蘭の花 #-[ 編集]
どちらの国からの人達でしょう??
〉今日、客席に 外国人の団体客が来られてました。
→ どちらの国からの観光客でしたか? 気になっちゃいました。(歌劇団やTCA関係者からしたら痛しかゆしですけど)YouTubeとか、中国人が違法に土豆(ドドゥ)にアップロードしてる宝塚の舞台映像を見てヅカファンになったイタリア人やドイツ人多いですから、団体で観劇に来たのはどこの国の人達ナノかな? と。
2016/03/05(Sat) 20:43 | URL  | 蘭の花 #-[ 編集]
Re: 沙翁=シェークスピアなんですね!
シェークスピアのお話だから 特出できて良かったですね!
2016/03/05(Sat) 21:48 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: 『God Save the Queen』
堂々たる風格の美穂圭子さんと 英国国歌。
ぴったりですね~!
2016/03/05(Sat) 21:49 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: どちらの国からの人達でしょう??
蘭の花様

> 〉今日、客席に 外国人の団体客が来られてました。

日本人のパッケージツアーのように母国から団体で来られているのではなく
日本で募集したツアーに各国の方が各自で参加されているようでした。

欧米系中心でした。
女性が多かったですが 男性もいらっしゃいました。

開演前には、ステージスタジオの前で
ツアーコンダクターから説明を聞いておられました。
2016/03/05(Sat) 21:54 | URL  | happy #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/03/06(Sun) 09:49 |   | - #[ 編集]
Re: ご回答有り難うございます。
違法にアップロードされた 宝塚の映像を観た
海外の方が宝塚に興味をもって、日本へ観に来てくださるって…
嬉しいような 腹立たしいような…痛し痒しですね!

ジェンヌさんの画像もツイッターやブログにたくさんあがってますが
あれも パブリシティ権の観点から言えば違法です。
が、私達ファンは それを話題にすることで
宝塚を盛り上げるのに一役買ってるのかとも思います。

功と罪、表裏一体といったところですね。


2016/03/06(Sun) 23:36 | URL  | happy #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック