毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
昨日、ラブドリ観劇の帰りみち、
友人と、そう言えば、
秋にスカーレット・ピンパーネルするよね~~
配役まだかな~~??と
話してたところだったので

今朝、友人からLINEで 「石丸幹二さんととうこちゃん(安蘭けい)!」と連絡があり、
なんというタイミング!
「噂をしてたところだからビックリ!」と。 
まさにっ!!

友人、ショーブランは吉野圭吾希望 ですって。大賛成~~!

「1789」で アルトワ伯を演じられる吉野圭吾さん。

あの目力の強いルックスで、一曲ある人物や ワルい奴、
いつも うまく演じておられますね~♪

もう観劇パスすることに決めた「1789」だけど
唯一観たいキャストが 吉野圭吾さん@アルトワ伯です!


話がそれちゃった 


昨年末に、2016年秋に帝劇・梅芸で
スカーレット・ピンパーネルが上演決定!と発表。

出演者がようやく発表になりました。

石丸幹二  パーシー
安蘭けい  マルグリット


石井一孝  ショーブラン ??
佐藤隆紀(LE VELVETS)  アルマン??

う~~、吉野圭吾さんいない

佐藤隆紀さんは、「エリザベート」で
皇帝フランツをされる役者さんですね、

石井一孝さんがショーブラン濃厚?
歌唱力のある役者さんなので 嬉しいです!

私、ちえちゃん(柚希礼音)のショーブランにやられて
柚希礼音ファンになったという 
運命の出会いのキャストなの!

リアル男性がされるので ちょっと違和感あるかもしれないけど
作品自体 ワクワクどきどき 後 感動!なので
楽しみです!

宝塚で上演された小池修一郎演出の 海外ミュージカル作品は
帝劇 (東宝) 梅芸で再演される傾向にありますよね。

エリザベート、ロミオとジュリエット、1789・・・

なのに 何故スカーレット・ピンパーネルを演らないのか、
(版権の問題?)
不思議だったのですが ようやくのお目見え。

元宝塚トップスター 男役でパーシーを演じた安蘭けいさんが
今度は 相手役・遠野あすかちゃんが演じた マルグリット役。

どんな気分でしょう?
とうこさんも すっかりきれいな女優さんだから
歌姫の役はぴったりですね!


とうこさん(安蘭けい)も、思い入れのある作品のようですし
(ワイルドホーンさんが とうこちゃんの為に主題曲を作曲)
作品への思いが 舞台で昇華するといいですね!




スカーレット・ピンパーネル、何度 DVD観たことか。

ショーブランの演技で
ちえちゃん、第30回松尾芸能賞新人賞を受賞しました♪
懐かしい~!
私も 思い入れのある作品です。

他の配役発表も楽しみです!
期待して待ちたいと思いま~す!

◆関連リンク
石丸幹二 大作ミュージカルで罪なき人救うヒーロー 朝日新聞Digital 2016.1.28

梅田芸術劇場 公演詳細 スカーレット・ピンパーネル


下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます


関連記事

【2016/01/28 22:59】 | エンタメ
トラックバック(0) |


cuchiko
おはようございます☆

ああ、ショーヴラン・・
実は、ご贔屓様のDVDBOXに入っておりました
ほんの少しだったので、DVDが欲しいなぁ、と、思っております^^

レオン様のショーヴラン、きっとステキだったのでしょうね~(はぁと)

Re: タイトルなし
happy
cuchiko様

こんばんは!

ショーブランで柚希礼音落ちしたファン多数!と思われます。
ちえちゃんが ステップアップした作品です♪
あぁ
懐かしい…遠い目

パーシー、マルグリット、ショーブランの三角関係も
キュンキュンするし
ピンパーネル団の活躍も痛快!

DVD、買って損はしないと思いますよ~~~ ^^
私はTCAの回し者か…? 

役替り、私は、みりおちゃんで観ました。v-10
おひげを付けて 男っぽくなってましたね~



私も(勝手に)吉野圭吾さん希望です(笑)
蘭の花
〉友人、ショーブランは吉野圭吾希望 ですって。大賛成~~!
→ 吉野圭吾さん、良いですネ。2013年に帝国劇場で ミヒャエル・クンツェ&シルベスター・リーヴァイ巨匠コンビ+イケコ(小池修一郎氏)演出の『レディ・ベス』を2回とも“お花様(花總まり)”のエリザベス1世、ハマコ(未来優希)のメアリー・チューダー、山崎育三郎くんのロビン・ブレイク(架空の人物で吟遊詩人の若者)で観劇したのですが、1回目のロジャー・アスカム(ベスの家庭教師)役が石丸幹二さんで、2回目のロジャー・アスカム役が山口祐一郎さん、というキャストでした。ベスの幼少時期からのGoverness(女家庭教師兼養育係)は“カナメさん”(涼風真世さん)という贅沢なキャストの布陣でしたが、各ミュージカルナンバーが秀逸で、CDしか出てないのが本当に残念な名作です。この作品で、吉野圭吾さんはシモン・ルナールというスペイン大使の役をされていて、石川禅さん演じるカトリック教義重視のガーディナー司教と2人でレディ・ベス(エリザベス1世)の暗殺を企むのですが、『レディ・ベスを消せ(殺せ)』というちょっと物騒なタイトル(笑)のナンバー(曲)がもう絶品で吉野圭吾さんと石川禅さんの男声デュエットの掛け合いがもう素晴らしかったです。『エリザベート』で例えたら、第2幕冒頭のルキーニが客席いじりしながら盛り上がる『キッチュ』みたいに乗れる曲。レディ・ベスの舞台に於いてはいわゆる悪役:敵役(かたきやく)のスペイン大使シモン・ルナールを超ノリノリで楽しそうに演じていた吉野圭吾さん、本当にハマり役だったので、私も(一般人のくせに、プロデューサーでもないくせに、僭越ですが)スカ・ピンのショーブラン役、吉野圭吾さん、ぴったりだと思いますね~。Happy様の御意見に激しく同意ですわ。
▲トウコちゃん(安蘭けい)のパーシー・ブレイクニー役は歌唱力・演技力ともに高いトウコちゃんの面目躍如で、実際『スカーレット・ピンパーネル』は彼女の“宝塚に於ける代表作”になったと思いますけど、私の中でアスカちゃん(遠野あすか)のフランスの大女優然としたマルグリットのイメージが強過ぎて、男役だったトウコちゃんが演じるとなるとちょっと微妙…。
宝塚で再演するなら演技の幅が広いみっちゃん(北翔海莉さん)に是非演じて欲しいですよね?

Re: 私も(勝手に)吉野圭吾さん希望です(笑)
happy
蘭の花様

レディ・ベス、私もキャストを変えて2回観ました!

吉野圭吾さんには、「レベッカ」の時にやられまして ^^;
毎回期待以上のご活躍です!

レディ・ベスでは
主要キャストのトークショーが観れまして、迫力ある眼差しにやられました!!

黒い役がぴったりな怪優さんだと思います♪

あっ!スカピン、みっちゃん!! パーシーにぴったりですね!
笑わせる場面もあるし。
「ひとかけらの勇気」みっちゃんで聴いてみたいです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おはようございます☆

ああ、ショーヴラン・・
実は、ご贔屓様のDVDBOXに入っておりました
ほんの少しだったので、DVDが欲しいなぁ、と、思っております^^

レオン様のショーヴラン、きっとステキだったのでしょうね~(はぁと)
2016/01/29(Fri) 09:21 | URL  | cuchiko #-[ 編集]
Re: タイトルなし
cuchiko様

こんばんは!

ショーブランで柚希礼音落ちしたファン多数!と思われます。
ちえちゃんが ステップアップした作品です♪
あぁ
懐かしい…遠い目

パーシー、マルグリット、ショーブランの三角関係も
キュンキュンするし
ピンパーネル団の活躍も痛快!

DVD、買って損はしないと思いますよ~~~ ^^
私はTCAの回し者か…? 

役替り、私は、みりおちゃんで観ました。v-10
おひげを付けて 男っぽくなってましたね~

2016/01/29(Fri) 19:58 | URL  | happy #-[ 編集]
私も(勝手に)吉野圭吾さん希望です(笑)
〉友人、ショーブランは吉野圭吾希望 ですって。大賛成~~!
→ 吉野圭吾さん、良いですネ。2013年に帝国劇場で ミヒャエル・クンツェ&シルベスター・リーヴァイ巨匠コンビ+イケコ(小池修一郎氏)演出の『レディ・ベス』を2回とも“お花様(花總まり)”のエリザベス1世、ハマコ(未来優希)のメアリー・チューダー、山崎育三郎くんのロビン・ブレイク(架空の人物で吟遊詩人の若者)で観劇したのですが、1回目のロジャー・アスカム(ベスの家庭教師)役が石丸幹二さんで、2回目のロジャー・アスカム役が山口祐一郎さん、というキャストでした。ベスの幼少時期からのGoverness(女家庭教師兼養育係)は“カナメさん”(涼風真世さん)という贅沢なキャストの布陣でしたが、各ミュージカルナンバーが秀逸で、CDしか出てないのが本当に残念な名作です。この作品で、吉野圭吾さんはシモン・ルナールというスペイン大使の役をされていて、石川禅さん演じるカトリック教義重視のガーディナー司教と2人でレディ・ベス(エリザベス1世)の暗殺を企むのですが、『レディ・ベスを消せ(殺せ)』というちょっと物騒なタイトル(笑)のナンバー(曲)がもう絶品で吉野圭吾さんと石川禅さんの男声デュエットの掛け合いがもう素晴らしかったです。『エリザベート』で例えたら、第2幕冒頭のルキーニが客席いじりしながら盛り上がる『キッチュ』みたいに乗れる曲。レディ・ベスの舞台に於いてはいわゆる悪役:敵役(かたきやく)のスペイン大使シモン・ルナールを超ノリノリで楽しそうに演じていた吉野圭吾さん、本当にハマり役だったので、私も(一般人のくせに、プロデューサーでもないくせに、僭越ですが)スカ・ピンのショーブラン役、吉野圭吾さん、ぴったりだと思いますね~。Happy様の御意見に激しく同意ですわ。
▲トウコちゃん(安蘭けい)のパーシー・ブレイクニー役は歌唱力・演技力ともに高いトウコちゃんの面目躍如で、実際『スカーレット・ピンパーネル』は彼女の“宝塚に於ける代表作”になったと思いますけど、私の中でアスカちゃん(遠野あすか)のフランスの大女優然としたマルグリットのイメージが強過ぎて、男役だったトウコちゃんが演じるとなるとちょっと微妙…。
宝塚で再演するなら演技の幅が広いみっちゃん(北翔海莉さん)に是非演じて欲しいですよね?
2016/02/07(Sun) 18:22 | URL  | 蘭の花 #-[ 編集]
Re: 私も(勝手に)吉野圭吾さん希望です(笑)
蘭の花様

レディ・ベス、私もキャストを変えて2回観ました!

吉野圭吾さんには、「レベッカ」の時にやられまして ^^;
毎回期待以上のご活躍です!

レディ・ベスでは
主要キャストのトークショーが観れまして、迫力ある眼差しにやられました!!

黒い役がぴったりな怪優さんだと思います♪

あっ!スカピン、みっちゃん!! パーシーにぴったりですね!
笑わせる場面もあるし。
「ひとかけらの勇気」みっちゃんで聴いてみたいです。
2016/02/08(Mon) 21:42 | URL  | happy #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック