毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
久しぶりに東野圭吾作品読みました。

ラプラスの魔女

        ラプラスの魔女


ちょっと…いや、かなり期待はずれでした。


ここから先 ネタバレあります。
辛口ですので 苦手な方はUターンお願いします。

ここんとこ、私の中では「感動作の女王」原田マハさんにハマっているせいかな?

東野圭吾作品と言えば ミステリーでありながら
ラストでじわ~と温かいものに満たされる作品が多いので
好きだったのですが…

ん?? なんだか中途半端。

「彼女は計算して奇跡を起こす。」 
その彼女 円華(まどか)の謎の行動、2つの死亡事件
甘粕親子…と いくつもの事象が
最終的に ひとつにつながっていくのはいつもの東野圭吾さんの
読ませるところなのですが…

この作品には 登場人物に魅力がなかった。
誰の視点で書いているのか?
そこがはっきりしないから 気持ち悪い。

ストーリーもなんだか散漫な印象。

ただ、いつもの鮮やかな筆致で 次へ次へと読まされたけど


そう書いてあるから そうなんだな~と思わされるだけで
説得力がないというか 胸の奥に響いてくる事が少なかったです。

脳の一部に電極を埋めこむ手術をしてから
未来を予知できる人間になった謙人、そして円華もまた。

そういう現実からかけ離れたお話だから共感できなかったのかも。

ダウンバーストを予知して 
その風の力で車を飛ばして廃墟を壊す・・・ってもう
ご都合主義かと思いました。

作家デビュー30周年記念作品だそうですが…

もう一度言っとく。

期待はずれ for me.

452ページも読んだのに…残念!

ラプラスの魔女とは。
宇宙に存在するあらゆる事象のあらゆる時での状態を知り、
全ての事象を計算により完全に予測する能力を持った悪魔のこと


              通信用語の基礎知識より引用

◆関連リンク
角川書店 ラプラスの魔女 

下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます

関連記事

【2016/03/05 22:48】 | BOOK
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック