毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
今年1月の中旬から入院していた母が
3月26日の夜遅く、静かに息を引き取りました。

昨日 葬儀を済ませました。



昨秋 父の七回忌を終え
翌日に 宝塚で 一緒に新源氏物語/メロディアを観劇しました。

あの時は 元気だったのに…
あれから4ヶ月あまり
もう この世にいないなんて 信じられません。 

胃癌かしら?と思ったというのが12月上旬。
12月中旬からは お薬を飲んでも吐いてしまうので
何も食べられず お正月もお水だけで過ごしていました。 涙

年明けに 私の家の近くの大きい病院で検査。
胃がんのステージ3~4でした。

胃全体が癌化しているとのこと。

若ければ全摘してでも命を救うという選択をすると思いますが
高齢というのを考慮して 「何もしない」という選択をしました。



終末医療をしている病院へ転院。

温かく優しい医療スタッフに癒やされて
穏やかに過ごしていました。

点滴(KN3)だけで 命が枯れるのを見守るような日々でした。

明るくて 気丈で 頑張り屋さんの母でした。

看護師さんに 賢いお母様ですね。と褒めていただきました。

お別れの時に よく頑張ったね、と頬をなでて
ほめてあげました。

まだまだいっぱい聞きたいことがあったし
まだまだいっぱい聞いてほしいことがあったのに。

もっと一緒に いろんなことを楽しみたかったのに。

毎日毎日病院に通って
少しずつ 少しずつ 衰えていく母を見守るしかできなかった。

でも そんな時間が 人はいつか死ぬ、ってことを
受け入れる 心の準備をさせてくれた気がします。


母を見て
生き方も そして 逝き方も 学ばせてもらった。


本当に 今までありがとう、
私を産んでくれて 育ててくれてありがとう!

きっちり言葉で言えなかったのが悔やまれます。

もう、書いてて 涙、涙。


お正月明けに 我が家へ来た母は、
年末から 飲まず食わずで体に力が入らないのに
「忙しいでしょうから お掃除手伝ってあげる」、と
私を気遣ってくれました。

検査の翌日入院で たった2日の同居しかできなくてごめんね。

ひとりでよく頑張ってきたね、お疲れ様。

いろんな言葉が 湧いてくるけれど もうお返事もらえないのね。


西行の歌、
願わくば花の下にて春死なむ その如月の望月の頃と 書きつけていた母。

死期を悟っていたかのようです。


3月26日 旧暦 2月18日 満月から3日後の夜 永眠。

神戸の桜の開花も3月26日でした… 涙


コメント欄等で ご心配、お見舞いくださった皆様
ありがとうございました。

頂いたお言葉 コメントは すべて母に伝えましたよ♪

下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます

【2016.4.1 追記】

母の訃報の記事に 温かいコメントを頂き 改めて感謝いたします。

ブログを見てびっくり、とLINEでお悔やみをくれた友人たちにも・・ありがとう!

応援クリックをしてくださった皆様にもお礼申し上げます。

顔の見えない ディスプレイを通してのお付き合いでも
見も知らぬ 私と母を 見守り 温かいお言葉をかけて頂き
本当に 元気づけていただきました。

コメントを開く度に 目頭が熱くなり胸が詰まりました。

母も私も、幸せです♪



下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます

関連記事


追記を閉じる▲
【2016.4.1 追記】

母の訃報の記事に 温かいコメントを頂き 改めて感謝いたします。

ブログを見てびっくり、とLINEでお悔やみをくれた友人たちにも・・ありがとう!

応援クリックをしてくださった皆様にもお礼申し上げます。

顔の見えない ディスプレイを通してのお付き合いでも
見も知らぬ 私と母を 見守り 温かいお言葉をかけて頂き
本当に 元気づけていただきました。

コメントを開く度に 目頭が熱くなり胸が詰まりました。

母も私も、幸せです♪



下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます

関連記事

【2016/03/30 22:44】 | ひとりごと
トラックバック(0) |

おつかれさまでした
EMILY
何とお声をかけたらいいのか…
お母様もhappyさんも本当におつかれさまでした。

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


Re: おつかれさまでした
happy
EMILY様

コメントありがとうございます。

1月13日の記事を書いた時には
LINEにメッセージ頂き、お父様の時のご経験などおしえて頂き
母の看取りの参考にさせていただきました。

悔いのないようにしていたつもりでも 悔いが湧いてきます…


Re: お悔やみ申し上げます
happy
こんばんは!
コメントありがとうございます。

母は高齢のため、治療をしない選択をしたので
命の火が消えるまでを見守ってきました。

お母様は治療なさっているのですね。
医療も進歩していますから 治るといいですね♪

どれぐらい長く生きたかではなく
どれぐらい幸せに生きたかが大切だから
お母様と素敵な時間をたくさん共有してくださいね。

Re: タイトルなし
happy
コメントありがとうございます。

本当に母は頑張ったと思います。
希望はなんでも聞いてあげた、つもりですが
もっと何かができたのだろうか、と考えてしまいます。

命を見つめた三ヶ月でした…

ありがとうございました。

お悔やみ申し上げます
シエスタ
お母様のご逝去の報に、胸が詰まりました。

西行法師が、仏陀が入滅した如月の望月(旧暦2月15日)に己も召されたいものだ…と詠んだ歌ですね。
新暦なら、ちょうど今頃…桜がほころび始める頃ですね。

お母様のすべてを受け容れる、聡明なお姿や穏やかなお心持ちが伝わって来るようです。
美しい時節に、美しく生涯を閉じられたお母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

管理人のみ閲覧できます
-


お母さまご逝去に
コスモス
happyさま

どんなお悔やみの言葉をさがしても
どんな慰めの言葉をさがしても
最愛のお母さまを見送られたhappyさんの
お心に寄り添うことはできませんが・・

happyさん 心を強く本当によく頑張りましたね。
聡明でお強いお母さま
『自慢の娘』に見守られ
お幸せだったことと思います。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。


紫乃
お話を伺っていましたが、あまりに突然のことで驚いています・・・。
状況を受け入れるには、あまりにも早すぎる3か月でしたね。
ただ私も両親、姉を癌で亡くしていますが、辛い闘病生活が長くなかったことが、お母様にとってはせめてもの救いだったかもしれませんね。

お母様のご冥福をお祈り致します・・・。


くっきー
ハッピーさん、大丈夫ですか。

私も紫乃さんがおっしゃるように、闘病生活が長くなかったことが、せめてもの救いだったのではと思います。

お母様のご冥福を心からお祈り致します。










Re: お悔やみ申し上げます
happy
シエスタ様

温かいコメントをありがとうございます。

朝から シエスタ様のコメントを拝読して胸がいっぱいになりました。
母を亡くして寂しい気持ちを癒やして頂き
ありがとうございました。


Re: お悔やみ申し上げます。
happy
コメントありがとうございます。

> いくつになっても、母の愛は偉大であると感じています。親から子への愛は一方通行であり、どんなに親孝行したとしても足りないことだらけです。その恩は子どもへの一方通行の愛となり次の世代に繋がれていくものと母に言われています。

私も全く同じことを母から言われました!
なんだか胸がいっぱいです。
あ末期がんで入院でも 幸せ♪と言ってくれた母に救われ、その気丈さを尊敬しています。
花のもとにて…と 頑張ってくれました。

温かいお言葉にまた目頭が熱くなりました、ありがとうございます。

Re: お母さまご逝去に
happy
コスモス様

コメントありがとうございます。

何かもっとしてあがられる事があったんじゃないか、と
自問ばかりが湧いてきます。

最後の方は 体力も落ちて幼子のように身を任せてくる母に

自分を守り育ててくれた母がこんな風になるなんて、と
切ない気持ちでいっぱいでした。




Re: タイトルなし
happy
紫乃様

温かいコメントありがとうございます。

「癌かもしれない」と言った時から 死期を悟っていたようです。
私が思うより ずい分前から調子が悪かったのかもしれません。
病院と検査が大嫌いだったので…

紫乃様の仰るとおり、呆気ないけれど 闘病生活が短くてよかったかもです。
治療をしていないので 弱っていくのを見守るしかなく
最後の方は 苦しそうな姿を見るのも辛かったです。



Re: タイトルなし
happy
くっきー様

コメントありがとうございます。

そうですね! 本当に、辛そうな姿を見るのは辛いですから
最後の方は 頑張って、というのも申し訳なく
もう頑張らなくていいよ。と思っていました・・・


cuchiko
心からお悔やみ申し上げます。

happyさまのお気持ち、お言葉、
全て母上様に届いていると思います。

私は、実父とは亡くなってからのほうが
添い遂げているような気がしております。

母上様もきっと、happyさまの心の中で、
ずっと優しく見守っていてくださると思います。

とは言え、お寂しいですね(合掌)



心よりお悔み申し上げます
makorin
お母様のご病気は、お母様にとってもご家族にとってもとてもお辛かったことと思います。
最後の時まで愛情いっぱいに接したことは、お母様にはとてもいい思い出となっていると信じております。
どうか、ご自分を責めないでください。

happy様が元気でいることが、天に召されたお母様の願いだと思います。
しばらくは寂しい日々が続くかと思いますが、少しずつ日常が戻ってくることをお祈りしております。

末筆になりますが、初めてのコメントでございますが、いつも拝読させていただいております。


Re: タイトルなし
happy
cuchiko様

お優しいお言葉とお悔やみ ありがとうございます。

お父様とのこと、わかる気がします。
亡くなった母と 今までとは違った、また新たな関係が築けるような…

でも「もう会えない」事が 本当に寂しいです…

cuchiko様、入院されてたのですね!!
いつも猫ちゃんのお写真だけ見てたのですが
一昨日 久しぶりにじっくりブログ拝見して知りました。
cuchiko様もご無理なさらないよう…お大事に。

いつか みりお茶でお会いしたいです♪

Re: 心よりお悔み申し上げます
happy
makorin様

初めまして♪

お悔やみの言葉 温かいお言葉ありがとうございます。

母は、生前、泣くのはお葬式の時だけでいいよ、と申しておりました。
明るく元気な母でしたので 寂しさもひとしおですが
私も気持ちを切り替えていこうと思います。

これからも よろしくお願いいたします。

こんにちは
yokko
happyさま

 ご無沙汰しておりました!
 一度 伺ってお母様のご逝去にお悔みコメントを
 思いながら もう今日は2日になってしまいました。
 ごめんなさいね!

 遅くなりましたが
 心からお悔やみ申し上げます、
 昨年末にお悪いとお聞きして約3か月程・・・・

 happyさん 本当にお疲れさまでした。

 この3か月の間にお母様のそばに寄り添われて
 いくらお心の準備がどこかにあったとしても、
 どんなに密な時間をお過ごしになられましたことか、 
 happyさんとお母様のお心の内を思うと
 すごく切なくて胸がいっぱいになります。。。。

 お母様は最後まで気丈さを失われず、やはりhappyさんを悲しませないお気持 ちもおありになったのではないでしょうか?
 どなたかも書かれていましたが 長い闘病でなかった
 事 寂しさには変えられませんが 苦痛からの解放と言う意味では 
 よかったのではと思いますよ。
 
 happyさんも出来るだけの事はされ きっと今頃
 天国でお母様は(ご両親ですね!)「ありがとう」~と
 言っていらっしゃいます。

 満開になった綺麗な桜を見ながら
 お母様のご冥福 心よりお祈りいたします。

 
 
  
 
 



おぼろ月夜
はじめまして。私も25日に末期癌で父を亡くしました。うちも高齢なのでhappy様のお母様と同じ選択でした。日本のどこかで、同じときに、同じような思いをしてらっしゃるhappy様が文才のない私の代わりに心情を記してくださったように思えます。お礼を言うのもなんですが、救われた気持ちです。ありがとうございます。また、気持ちが元気になったら観劇したいですね。そちらの記事も楽しみにしていますね。

Re: こんにちは
happy
yokko様

ご無沙汰しております!

yokkoさんの桜の記事拝読しまして いつもならコメントを残すところなのですが
最近守備範囲が狭くなっていて…失礼しました。

そろそろ日常に戻さなくては…

温かいコメントをありがとうございます。

母は検査した時点で 末期がんとわかっていて覚悟していたようです。
桜の話を先生にしましたら 厳しいですね…と言われたのですが
桜開花の日まで 頑張ってくれました。

私も、これ以上辛い思いをさせたくなかったので
ろうそくの火がフッと消えるように静かに逝ったのも
受け入れることができました。

すごく密度の高い三ヶ月でした。

命って尊いな、って思います。
お母様がお元気で 一緒に過ごされていて羨ましいです♪

これからどのような忙しいことが待ち受けているのか分からないけど
落ち着いたらランチ、お付き合い、よろしくお願いしまーーーーす♪e-446
 


Re: タイトルなし
happy
おぼろ月夜様

初めまして、コメントありがとうございます。

おぼろ月夜様も お父様を亡くされたのですね。
母と同じ頃でしたね。

おぼろ月夜様は、もう落ち着かれましたでしょうか。

私は、気持ちは落ち着きましたが、事務的な事が
山積していて、ちょっぴり憂鬱になっています。

「こうもり」を2回諦めたので 楽近くに観に行くつもりです。
楽しい演目に元気をもらえるといいのですが…




管理人のみ閲覧できます
-


Re: タイトルなし
happy
肉親を亡くして 一番辛いのは、もう会えない、
もう話せない、ってことだと思います。

胸をえぐられるような思いが発作のように訪れる、と言うのは
本当によくわかります。ぎゅ~っと心臓をつかまれるみたいで…

母は、お葬式が済んだら 笑って過ごしてね、って言ってたので
元気だしてます!


心よりお悔やみを申し上げます
ホワイトオリオン
happy様 こんばんは。すっかりご無沙汰しているうちに季節が変わり4月になってしまいました。1月から得月末まで、仕事がハードすぎて帰宅後は寝るだけの日々でしたが、、ようやく時間ができていつも楽しみにしているhappy様のブログにアクセスしたら悲しいお知らせがあり、大変遅くなりましたがお悔やみ申し上げます。

happy様のブログを見つけてから、宝塚のお話、舞台のお話、グルメのお話など、沢山色々な話題を教えて頂きましたが、特にお母様とのお話は、いつも84歳になる私の母親を重ねて読ませて頂く日々でした。

宝塚をご観劇されたり、スマホに挑戦されたりととてもお元気に過ごされていたのに、本当に病は平和な時間を無情にも奪っていきますね。

私も昨年の秋に、1番大切な友人を突然の病気で亡くしました。友人は夏以降から体調不良になりその後10月に救急車で運ばれて、暫くはICUに入院していましたが、11月のはじめにトート閣下に召されてしまいました。7月下旬に私の携帯電話に友人から留守電が入っていて、すぐに電話をかける予定が、私も体調不良が続きついついかける事ができなくて、今は、なぜ、あの時にすぐに電話をしなかったのかと後悔する日々です。

特別にICUでお見舞いを許されたんですが、久しぶりに会う友人は、これ以上痩せられないほど、体重が落ちてしまい、別人のようでした。いつもどんな時も優しい声でアドバイスしてくれた友人。もうあの声を聴いたり相談する事もできないのかと本当に人の人生のはなかさを実感しています。

少し前にNHKの特集で、母親を失った時の「母ロス」は、父親の時より深いと言われてましたが、や同性として自分を産んでくれて、育ててくれてた母親は、他界しても特別な存在ですね。

happy様 これから色々と大変だと思いますが、くれぐれもお体にはきをつけてお過ごしくださいね。そしてまた星組公演で、少しでもお元気になられますようにお祈りしております。




Re: 心よりお悔やみを申し上げます
happy
ホワイトオリオン様

ご無沙汰しております。
この度は温かいコメントをありがとうございます。

ホワイトオリオン様のお母様は、うちの母とひとつ違いだったんですね。
戦争という大変な時代を生きてこられた同世代のお母様がいらしたのですね。

その苦労を思うとまた目頭が熱くなります…
ホワイトオリオン様、親孝行をしてあげられるお母様が
ご健在で羨ましいです。

大切なご友人を亡くされたとのこと、お寂しくなられましたね。
聞いて欲しい話 意見を求めたい話 もう出来ないと思うとやるせないですね…

ホワイトオリオン様のお優しいお言葉に癒して頂きました。
ホワイトオリオン様も体調を崩されていたとか
どうぞ ご自愛くださいませ。

謹んで御冥福をお祈り致します。
蘭の花
Happy様:
私事でしばらくの間こちらのblogを覗かせて頂くことが出来ないでおりまして今日訪問させて頂いたら、こちらのcolumnで御母堂さまのご逝去のことを知り、大変驚きました次第です。闘病されながらHappy様と宝塚の話などもなごやかになされていらした様子に、他人の立場ながら、母娘(おやこ)のお二人の仲睦まじさを微笑ましく(勝手に)外野から見守らせて頂いておりました。
ホスピスのような終末医療の病院で痛みや苦しみを抑えながら穏やかに過ごされている御様子や、Happy様もある程度コンスタントにヅカ観劇もされていた御様子でしたので、お母さまの御体調も小康状態で落ち着いてらっしゃるのかなぁ…と勝手に推測して安堵しておりました。
◇桜の美しい季節に、愛する御家族の皆様に見守られて、静かに天国に旅立たれてゆかれたのですね。
◇お母さまが書き留めておられたという西行法師の和歌を拝読して胸を衝かれました。歌が心に沁み入ります…。
◇私も「百人一首」の和歌の中で、桜を愛した西行法師の1句が好きです。
「久方のひかりのどけき春の日に、しづこころなく花の散るらむ」
私も数年前に母を亡くしたので、他人では有りますがHappy様のお気持ち、分かるつもりです。
どうぞお力を落とされませぬように…。心よりお悔やみ申し上げます。

Re: 謹んで御冥福をお祈り致します。
happy
蘭の花様

コメントありがとうございます。

温かいお言葉に朝から胸を、目頭を熱くしております。

母は自分の死期も悟っていたようですし、私達家族、親族も十分覚悟して
見守ることしかできませんでした。
毎日、母の顔を見に行き 要求を聞き、近況報告をする、という日々でした。

> 「久方のひかりのどけき春の日に、しづこころなく花の散るらむ」
あれは‥西行の歌だったのですね、教えて頂きありがとうございます。

私の心に寄り添って頂きありがとうございます。
母と娘は 親子以上のものがあるように思います。
寂しくなりましたが、見守ってくれていると信じたいです。

私も同じです
そらわんこ
はじめてコメントいたします。時々ブログ読ませて頂いていました。
私も2年前、主人を亡くしました。お母さまと同じ病気でした。同じように化学療法は全くせず(本人の意向)頑張っていましたが、最後はただただ弱っていくのを見守る日々でした。本人の意向とはいえ本当に辛かったです。結末が見えているのに何も出来ないことが毎日苦しかったです。
私も神戸です。近くに同じような経験をした者がいるとお伝えしたかったのでコメントさせてもらいました。傷ななかなか癒えませんが主人が心配するので前を向いて生きていこうと思っています。時々寂しくなることもありますがお互いに頑張りましょうね!早い遅いはあっても皆通る道です。たくさん勉強させてもらったことを私もまた誰かの役にたてられればなぁと思っています。

Re: 私も同じです
happy
そらわんこ様

初めまして♪
コメントありがとうございます。

> 結末が見えているのに何も出来ないことが毎日苦しかったです。

本当に…ただ見守ることしか出来ず…

> 私も神戸です。近くに同じような経験をした者がいるとお伝えしたかったのでコメントさせてもらいました。

ありがとうございます。残された者は、心に穴が開いたような虚しさを抱えますが
嘆いても戻っては来ないので 前を向いて行きたいと思ってます。
今は、事務的な処理がたくさんあり、浸っている暇もない感じです。

そらわんこ様のお心遣いに感謝いたします。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おつかれさまでした
何とお声をかけたらいいのか…
お母様もhappyさんも本当におつかれさまでした。
2016/03/30(Wed) 22:56 | URL  | EMILY #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/03/30(Wed) 23:15 |   | - #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/03/30(Wed) 23:22 |   | - #[ 編集]
Re: おつかれさまでした
EMILY様

コメントありがとうございます。

1月13日の記事を書いた時には
LINEにメッセージ頂き、お父様の時のご経験などおしえて頂き
母の看取りの参考にさせていただきました。

悔いのないようにしていたつもりでも 悔いが湧いてきます…
2016/03/30(Wed) 23:34 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: お悔やみ申し上げます
こんばんは!
コメントありがとうございます。

母は高齢のため、治療をしない選択をしたので
命の火が消えるまでを見守ってきました。

お母様は治療なさっているのですね。
医療も進歩していますから 治るといいですね♪

どれぐらい長く生きたかではなく
どれぐらい幸せに生きたかが大切だから
お母様と素敵な時間をたくさん共有してくださいね。
2016/03/30(Wed) 23:41 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。

本当に母は頑張ったと思います。
希望はなんでも聞いてあげた、つもりですが
もっと何かができたのだろうか、と考えてしまいます。

命を見つめた三ヶ月でした…

ありがとうございました。
2016/03/30(Wed) 23:44 | URL  | happy #-[ 編集]
お悔やみ申し上げます
お母様のご逝去の報に、胸が詰まりました。

西行法師が、仏陀が入滅した如月の望月(旧暦2月15日)に己も召されたいものだ…と詠んだ歌ですね。
新暦なら、ちょうど今頃…桜がほころび始める頃ですね。

お母様のすべてを受け容れる、聡明なお姿や穏やかなお心持ちが伝わって来るようです。
美しい時節に、美しく生涯を閉じられたお母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
2016/03/31(Thu) 08:56 | URL  | シエスタ #nY2ehjAk[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/03/31(Thu) 11:26 |   | - #[ 編集]
お母さまご逝去に
happyさま

どんなお悔やみの言葉をさがしても
どんな慰めの言葉をさがしても
最愛のお母さまを見送られたhappyさんの
お心に寄り添うことはできませんが・・

happyさん 心を強く本当によく頑張りましたね。
聡明でお強いお母さま
『自慢の娘』に見守られ
お幸せだったことと思います。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。
2016/03/31(Thu) 11:29 | URL  | コスモス #-[ 編集]
お話を伺っていましたが、あまりに突然のことで驚いています・・・。
状況を受け入れるには、あまりにも早すぎる3か月でしたね。
ただ私も両親、姉を癌で亡くしていますが、辛い闘病生活が長くなかったことが、お母様にとってはせめてもの救いだったかもしれませんね。

お母様のご冥福をお祈り致します・・・。
2016/03/31(Thu) 11:52 | URL  | 紫乃 #-[ 編集]
ハッピーさん、大丈夫ですか。

私も紫乃さんがおっしゃるように、闘病生活が長くなかったことが、せめてもの救いだったのではと思います。

お母様のご冥福を心からお祈り致します。








2016/03/31(Thu) 17:51 | URL  | くっきー #-[ 編集]
Re: お悔やみ申し上げます
シエスタ様

温かいコメントをありがとうございます。

朝から シエスタ様のコメントを拝読して胸がいっぱいになりました。
母を亡くして寂しい気持ちを癒やして頂き
ありがとうございました。
2016/03/31(Thu) 23:37 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: お悔やみ申し上げます。
コメントありがとうございます。

> いくつになっても、母の愛は偉大であると感じています。親から子への愛は一方通行であり、どんなに親孝行したとしても足りないことだらけです。その恩は子どもへの一方通行の愛となり次の世代に繋がれていくものと母に言われています。

私も全く同じことを母から言われました!
なんだか胸がいっぱいです。
あ末期がんで入院でも 幸せ♪と言ってくれた母に救われ、その気丈さを尊敬しています。
花のもとにて…と 頑張ってくれました。

温かいお言葉にまた目頭が熱くなりました、ありがとうございます。
2016/03/31(Thu) 23:44 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: お母さまご逝去に
コスモス様

コメントありがとうございます。

何かもっとしてあがられる事があったんじゃないか、と
自問ばかりが湧いてきます。

最後の方は 体力も落ちて幼子のように身を任せてくる母に

自分を守り育ててくれた母がこんな風になるなんて、と
切ない気持ちでいっぱいでした。


2016/03/31(Thu) 23:50 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: タイトルなし
紫乃様

温かいコメントありがとうございます。

「癌かもしれない」と言った時から 死期を悟っていたようです。
私が思うより ずい分前から調子が悪かったのかもしれません。
病院と検査が大嫌いだったので…

紫乃様の仰るとおり、呆気ないけれど 闘病生活が短くてよかったかもです。
治療をしていないので 弱っていくのを見守るしかなく
最後の方は 苦しそうな姿を見るのも辛かったです。

2016/03/31(Thu) 23:59 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: タイトルなし
くっきー様

コメントありがとうございます。

そうですね! 本当に、辛そうな姿を見るのは辛いですから
最後の方は 頑張って、というのも申し訳なく
もう頑張らなくていいよ。と思っていました・・・
2016/04/01(Fri) 00:01 | URL  | happy #-[ 編集]
心からお悔やみ申し上げます。

happyさまのお気持ち、お言葉、
全て母上様に届いていると思います。

私は、実父とは亡くなってからのほうが
添い遂げているような気がしております。

母上様もきっと、happyさまの心の中で、
ずっと優しく見守っていてくださると思います。

とは言え、お寂しいですね(合掌)

2016/04/01(Fri) 09:15 | URL  | cuchiko #-[ 編集]
心よりお悔み申し上げます
お母様のご病気は、お母様にとってもご家族にとってもとてもお辛かったことと思います。
最後の時まで愛情いっぱいに接したことは、お母様にはとてもいい思い出となっていると信じております。
どうか、ご自分を責めないでください。

happy様が元気でいることが、天に召されたお母様の願いだと思います。
しばらくは寂しい日々が続くかと思いますが、少しずつ日常が戻ってくることをお祈りしております。

末筆になりますが、初めてのコメントでございますが、いつも拝読させていただいております。
2016/04/01(Fri) 20:37 | URL  | makorin #-[ 編集]
Re: タイトルなし
cuchiko様

お優しいお言葉とお悔やみ ありがとうございます。

お父様とのこと、わかる気がします。
亡くなった母と 今までとは違った、また新たな関係が築けるような…

でも「もう会えない」事が 本当に寂しいです…

cuchiko様、入院されてたのですね!!
いつも猫ちゃんのお写真だけ見てたのですが
一昨日 久しぶりにじっくりブログ拝見して知りました。
cuchiko様もご無理なさらないよう…お大事に。

いつか みりお茶でお会いしたいです♪
2016/04/01(Fri) 22:08 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: 心よりお悔み申し上げます
makorin様

初めまして♪

お悔やみの言葉 温かいお言葉ありがとうございます。

母は、生前、泣くのはお葬式の時だけでいいよ、と申しておりました。
明るく元気な母でしたので 寂しさもひとしおですが
私も気持ちを切り替えていこうと思います。

これからも よろしくお願いいたします。
2016/04/01(Fri) 22:14 | URL  | happy #-[ 編集]
こんにちは
happyさま

 ご無沙汰しておりました!
 一度 伺ってお母様のご逝去にお悔みコメントを
 思いながら もう今日は2日になってしまいました。
 ごめんなさいね!

 遅くなりましたが
 心からお悔やみ申し上げます、
 昨年末にお悪いとお聞きして約3か月程・・・・

 happyさん 本当にお疲れさまでした。

 この3か月の間にお母様のそばに寄り添われて
 いくらお心の準備がどこかにあったとしても、
 どんなに密な時間をお過ごしになられましたことか、 
 happyさんとお母様のお心の内を思うと
 すごく切なくて胸がいっぱいになります。。。。

 お母様は最後まで気丈さを失われず、やはりhappyさんを悲しませないお気持 ちもおありになったのではないでしょうか?
 どなたかも書かれていましたが 長い闘病でなかった
 事 寂しさには変えられませんが 苦痛からの解放と言う意味では 
 よかったのではと思いますよ。
 
 happyさんも出来るだけの事はされ きっと今頃
 天国でお母様は(ご両親ですね!)「ありがとう」~と
 言っていらっしゃいます。

 満開になった綺麗な桜を見ながら
 お母様のご冥福 心よりお祈りいたします。

 
 
  
 
 
2016/04/02(Sat) 14:36 | URL  | yokko #-[ 編集]
はじめまして。私も25日に末期癌で父を亡くしました。うちも高齢なのでhappy様のお母様と同じ選択でした。日本のどこかで、同じときに、同じような思いをしてらっしゃるhappy様が文才のない私の代わりに心情を記してくださったように思えます。お礼を言うのもなんですが、救われた気持ちです。ありがとうございます。また、気持ちが元気になったら観劇したいですね。そちらの記事も楽しみにしていますね。
2016/04/02(Sat) 19:51 | URL  | おぼろ月夜 #-[ 編集]
Re: こんにちは
yokko様

ご無沙汰しております!

yokkoさんの桜の記事拝読しまして いつもならコメントを残すところなのですが
最近守備範囲が狭くなっていて…失礼しました。

そろそろ日常に戻さなくては…

温かいコメントをありがとうございます。

母は検査した時点で 末期がんとわかっていて覚悟していたようです。
桜の話を先生にしましたら 厳しいですね…と言われたのですが
桜開花の日まで 頑張ってくれました。

私も、これ以上辛い思いをさせたくなかったので
ろうそくの火がフッと消えるように静かに逝ったのも
受け入れることができました。

すごく密度の高い三ヶ月でした。

命って尊いな、って思います。
お母様がお元気で 一緒に過ごされていて羨ましいです♪

これからどのような忙しいことが待ち受けているのか分からないけど
落ち着いたらランチ、お付き合い、よろしくお願いしまーーーーす♪e-446
 
2016/04/02(Sat) 21:40 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: タイトルなし
おぼろ月夜様

初めまして、コメントありがとうございます。

おぼろ月夜様も お父様を亡くされたのですね。
母と同じ頃でしたね。

おぼろ月夜様は、もう落ち着かれましたでしょうか。

私は、気持ちは落ち着きましたが、事務的な事が
山積していて、ちょっぴり憂鬱になっています。

「こうもり」を2回諦めたので 楽近くに観に行くつもりです。
楽しい演目に元気をもらえるといいのですが…


2016/04/02(Sat) 22:11 | URL  | happy #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/04/02(Sat) 22:51 |   | - #[ 編集]
Re: タイトルなし
肉親を亡くして 一番辛いのは、もう会えない、
もう話せない、ってことだと思います。

胸をえぐられるような思いが発作のように訪れる、と言うのは
本当によくわかります。ぎゅ~っと心臓をつかまれるみたいで…

母は、お葬式が済んだら 笑って過ごしてね、って言ってたので
元気だしてます!
2016/04/02(Sat) 23:29 | URL  | happy #-[ 編集]
心よりお悔やみを申し上げます
happy様 こんばんは。すっかりご無沙汰しているうちに季節が変わり4月になってしまいました。1月から得月末まで、仕事がハードすぎて帰宅後は寝るだけの日々でしたが、、ようやく時間ができていつも楽しみにしているhappy様のブログにアクセスしたら悲しいお知らせがあり、大変遅くなりましたがお悔やみ申し上げます。

happy様のブログを見つけてから、宝塚のお話、舞台のお話、グルメのお話など、沢山色々な話題を教えて頂きましたが、特にお母様とのお話は、いつも84歳になる私の母親を重ねて読ませて頂く日々でした。

宝塚をご観劇されたり、スマホに挑戦されたりととてもお元気に過ごされていたのに、本当に病は平和な時間を無情にも奪っていきますね。

私も昨年の秋に、1番大切な友人を突然の病気で亡くしました。友人は夏以降から体調不良になりその後10月に救急車で運ばれて、暫くはICUに入院していましたが、11月のはじめにトート閣下に召されてしまいました。7月下旬に私の携帯電話に友人から留守電が入っていて、すぐに電話をかける予定が、私も体調不良が続きついついかける事ができなくて、今は、なぜ、あの時にすぐに電話をしなかったのかと後悔する日々です。

特別にICUでお見舞いを許されたんですが、久しぶりに会う友人は、これ以上痩せられないほど、体重が落ちてしまい、別人のようでした。いつもどんな時も優しい声でアドバイスしてくれた友人。もうあの声を聴いたり相談する事もできないのかと本当に人の人生のはなかさを実感しています。

少し前にNHKの特集で、母親を失った時の「母ロス」は、父親の時より深いと言われてましたが、や同性として自分を産んでくれて、育ててくれてた母親は、他界しても特別な存在ですね。

happy様 これから色々と大変だと思いますが、くれぐれもお体にはきをつけてお過ごしくださいね。そしてまた星組公演で、少しでもお元気になられますようにお祈りしております。


2016/04/02(Sat) 23:32 | URL  | ホワイトオリオン #HfMzn2gY[ 編集]
Re: 心よりお悔やみを申し上げます
ホワイトオリオン様

ご無沙汰しております。
この度は温かいコメントをありがとうございます。

ホワイトオリオン様のお母様は、うちの母とひとつ違いだったんですね。
戦争という大変な時代を生きてこられた同世代のお母様がいらしたのですね。

その苦労を思うとまた目頭が熱くなります…
ホワイトオリオン様、親孝行をしてあげられるお母様が
ご健在で羨ましいです。

大切なご友人を亡くされたとのこと、お寂しくなられましたね。
聞いて欲しい話 意見を求めたい話 もう出来ないと思うとやるせないですね…

ホワイトオリオン様のお優しいお言葉に癒して頂きました。
ホワイトオリオン様も体調を崩されていたとか
どうぞ ご自愛くださいませ。
2016/04/02(Sat) 23:47 | URL  | happy #-[ 編集]
謹んで御冥福をお祈り致します。
Happy様:
私事でしばらくの間こちらのblogを覗かせて頂くことが出来ないでおりまして今日訪問させて頂いたら、こちらのcolumnで御母堂さまのご逝去のことを知り、大変驚きました次第です。闘病されながらHappy様と宝塚の話などもなごやかになされていらした様子に、他人の立場ながら、母娘(おやこ)のお二人の仲睦まじさを微笑ましく(勝手に)外野から見守らせて頂いておりました。
ホスピスのような終末医療の病院で痛みや苦しみを抑えながら穏やかに過ごされている御様子や、Happy様もある程度コンスタントにヅカ観劇もされていた御様子でしたので、お母さまの御体調も小康状態で落ち着いてらっしゃるのかなぁ…と勝手に推測して安堵しておりました。
◇桜の美しい季節に、愛する御家族の皆様に見守られて、静かに天国に旅立たれてゆかれたのですね。
◇お母さまが書き留めておられたという西行法師の和歌を拝読して胸を衝かれました。歌が心に沁み入ります…。
◇私も「百人一首」の和歌の中で、桜を愛した西行法師の1句が好きです。
「久方のひかりのどけき春の日に、しづこころなく花の散るらむ」
私も数年前に母を亡くしたので、他人では有りますがHappy様のお気持ち、分かるつもりです。
どうぞお力を落とされませぬように…。心よりお悔やみ申し上げます。
2016/04/03(Sun) 21:49 | URL  | 蘭の花 #-[ 編集]
Re: 謹んで御冥福をお祈り致します。
蘭の花様

コメントありがとうございます。

温かいお言葉に朝から胸を、目頭を熱くしております。

母は自分の死期も悟っていたようですし、私達家族、親族も十分覚悟して
見守ることしかできませんでした。
毎日、母の顔を見に行き 要求を聞き、近況報告をする、という日々でした。

> 「久方のひかりのどけき春の日に、しづこころなく花の散るらむ」
あれは‥西行の歌だったのですね、教えて頂きありがとうございます。

私の心に寄り添って頂きありがとうございます。
母と娘は 親子以上のものがあるように思います。
寂しくなりましたが、見守ってくれていると信じたいです。
2016/04/04(Mon) 08:56 | URL  | happy #-[ 編集]
私も同じです
はじめてコメントいたします。時々ブログ読ませて頂いていました。
私も2年前、主人を亡くしました。お母さまと同じ病気でした。同じように化学療法は全くせず(本人の意向)頑張っていましたが、最後はただただ弱っていくのを見守る日々でした。本人の意向とはいえ本当に辛かったです。結末が見えているのに何も出来ないことが毎日苦しかったです。
私も神戸です。近くに同じような経験をした者がいるとお伝えしたかったのでコメントさせてもらいました。傷ななかなか癒えませんが主人が心配するので前を向いて生きていこうと思っています。時々寂しくなることもありますがお互いに頑張りましょうね!早い遅いはあっても皆通る道です。たくさん勉強させてもらったことを私もまた誰かの役にたてられればなぁと思っています。
2016/04/06(Wed) 12:21 | URL  | そらわんこ #-[ 編集]
Re: 私も同じです
そらわんこ様

初めまして♪
コメントありがとうございます。

> 結末が見えているのに何も出来ないことが毎日苦しかったです。

本当に…ただ見守ることしか出来ず…

> 私も神戸です。近くに同じような経験をした者がいるとお伝えしたかったのでコメントさせてもらいました。

ありがとうございます。残された者は、心に穴が開いたような虚しさを抱えますが
嘆いても戻っては来ないので 前を向いて行きたいと思ってます。
今は、事務的な処理がたくさんあり、浸っている暇もない感じです。

そらわんこ様のお心遣いに感謝いたします。

2016/04/07(Thu) 08:21 | URL  | happy #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック