毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
SWITCH インタビュー達人達、観ました。

この番組 初めて観たのですが、

異なる分野で活躍する2人の“達人”が出会い、語り合う。 中略
番組の前半と後半でゲストとインタビュアーを「スイッチ」しながら、
それぞれの「仕事の極意」について語り合い、
発見し合う、いわばクロス×インタビューです。

                         (番組HPより)


ということで 大変興味深い!

ちえちゃん(柚希礼音)の対談のお相手は バレリーナ 上野水香さん。(Wikipediaにリンク)

ちえちゃんは、背が伸びすぎてバレエを辞めたけど
上野水香さんも 170cmの長身。

バレエを習っていた頃、上野水香さんは
コンクールで入賞されて ちえちゃんの憧れの存在だったようです。

ローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップ賞を受賞後、
モナコへバレエ留学されています。
ちえちゃんも バレエ留学したかったらしいから
ちえちゃんは 水香さんのバレエ人生に興味津津、
水香さんは、バレエから 宝塚へと舵を切った ちえちゃんに興味津津。

前半はちえちゃんが聞かれる側、
後半はちえちゃんが聞く側。

ちえちゃんの紹介映像は ちえファンなら飽きるぐらい観てるし
内容も知っていることばかりです。
一昨年放送された「宝塚トップ伝説」からの映像、黒豹の如く(2015年)、ボレロ(2010年)

後半、ちえちゃんが 水香さん所属の東京バレエ団訪問からが
断然面白く 興味深かったです!!

東京バレエ団の門をくぐると レッスン場へ行くまでのところに
衣装が展示されているのですが

ゴージャスなチュチュを見て
「こんなん昔 私も 一応着てたぁ」 カメラ目線 
一応、って…( ̄∀ ̄)

ひとりごちるちえちゃんが可愛いっ!

レッスン場では 水香さん、ドン・キホーテのリハーサルをされていました。

上野水香さんの紹介映像では、「ドン・キホーテ」のキトリの
圧巻のグランフェッテが映ります、

レッスン場で 間近に観て すごーい、と圧倒されるちえちゃん。

これも何度も語ってますが ちえちゃんの
バウワークショップ 『Young Bloods!!』-Twinkle Twinkle STAR-
第一部「彷徨の星くず」のチェリンカ役で ドン・キホーテ踊っているのを見て
素敵すぎてもう、ため息ため息でした。
今回水香さんをみたちえちゃん、バレエ少女時代を懐かしく思い出したでしょうね。

同じコンクールに出たこともあったお二人が
舞台は違えど それぞれのジャンルでトップを走っておられるのが
本当に奇跡のようにすごいことですね~♪

(グランフェッテの後)一番苦しい時に 笑顔なのは
結婚式の場面だから 自然と笑顔になる、と水香さん。

それを聞いて ちえちゃん
「なるほど~、ドンキ踊る時 結婚式ってこと忘れてましたもん

もう大爆笑!!  ある意味 ちえちゃん、グッジョブ!

「そーでした、そーでした。
テクニックの事しか考えてなかったです、そのころ」に 水香(笑)

モーリス・ベジャールさんに ボレロを踊ることを許された
唯一の日本人女性【←追記】の上野水香さん。

そして、宝塚の舞台でボレロを踊ったちえちゃん。

そういうつながりもあったのね~

そして お二人が共感を得あったのが

心で演じないと 表現できない、てこと。

頭で考えるのではなく、自然体で
役に心を重ねて演じた時
自然な演技が出来、
お客様から評価して頂けるのだそうです。

本当の気持ちで生まれてくる言葉でないと…(柚希礼音)

自然体で立ってそれが一番というのがすてき
それが舞台人にとって一番素晴らしいこと♪ (上野水香)

ちえちゃんが何度も語っているように
すごいトップにならないと、と気負った時は全然ダメで
肩の力を抜いて 自分をさらけ出した時
お客様がすごく喜んでくださって 客席との対話ができるようになった、と
言ってましたよね~

素の自分が如何に魅力的かが 舞台に表れるんですね。



何度も記事で紹介していますが
宝塚 演出家の谷正純先生の言葉

最終的にいい役者っていうのは性格がいいこと、そこに尽きる

座付き作者・谷正純 人に笑われ、人と違うことはイイことなんだとまず教える
               (出典 zakzak 2014.2.8)

舞台のパフォーマンスには 素の役者が透けて見えるんですね~

魅力のある役者というのは、人間性が素晴らしいってこと!

ちえちゃん、ブラボーっ♪

  → NHK 番組HP BLOG ここだけの話


下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます

★昨日、今日と、私のブログに
「東京島 ネタバレ」「東京島 あらすじ」の検索ワードが
100件以上…

一体なにがあったのか・・・謎!!

テレビで何か放送あったんでしょうか?
ご存知の方 いらっしゃいましたら教えて頂けたらうれしいです。

関連記事


追記を閉じる▲
★昨日、今日と、私のブログに
「東京島 ネタバレ」「東京島 あらすじ」の検索ワードが
100件以上…

一体なにがあったのか・・・謎!!

テレビで何か放送あったんでしょうか?
ご存知の方 いらっしゃいましたら教えて頂けたらうれしいです。

関連記事

【2016/04/24 23:27】 | 宝塚OG 柚希礼音
トラックバック(0) |

ちえちゃんと水香さん
ホワイトオリオン
happy様
おはようございます。今日は、星組千秋楽ですね。
ちえちゃんと同期のまさこさんも大劇場ご卒業となり寂しいですね。

先日の対談放送はとても見応えがありましたね。
上野水香さんは、バレリーナを目指す少女たちの憧れの方ですが、アラフォーとはびっくりでした。10代の前半から日本を飛び出し大活躍されている水香さん。本当にバレリーナになるために生を受けられた方ですね。

いつか、ちえちゃんと水香さんが共演する夢の舞台が実現するといいですね!同じ舞台表現者という部分でトップにたつ方は、本当にすごいなと改めて思いました。


管理人のみ閲覧できます
-


Re: ちえちゃんと水香さん
happy
ホワイトオリオン様

こんにちは♪

「こうもり」、もう千秋楽、早いですね。
ちえちゃんと星組を盛り上げてくれたまさこさんがご卒業されるのが
寂しいですね。

> いつか、ちえちゃんと水香さんが共演する夢の舞台が実現するといいですね!同じ舞台表現者という部分でトップにたつ方は、本当にすごいなと改めて思いました。

上野水香さんは、世界を舞台に活躍されてますね、いつかちえちゃんも
世界を舞台に…♪

ホント、ホント 何かの形で共演できたら スゴイことですね!

Re: いつも拝見しています。
happy
Ro.......様

コメントありがとうございます♪

ご指摘ありがとうございます!!!

唯一の日本人「女性」でした。

「女性」が抜けておりましたので 追記しました。
本当にありがとうございます。

今後共 よろしくお願いいたします。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ちえちゃんと水香さん
happy様
おはようございます。今日は、星組千秋楽ですね。
ちえちゃんと同期のまさこさんも大劇場ご卒業となり寂しいですね。

先日の対談放送はとても見応えがありましたね。
上野水香さんは、バレリーナを目指す少女たちの憧れの方ですが、アラフォーとはびっくりでした。10代の前半から日本を飛び出し大活躍されている水香さん。本当にバレリーナになるために生を受けられた方ですね。

いつか、ちえちゃんと水香さんが共演する夢の舞台が実現するといいですね!同じ舞台表現者という部分でトップにたつ方は、本当にすごいなと改めて思いました。
2016/04/25(Mon) 10:09 | URL  | ホワイトオリオン #HfMzn2gY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/04/25(Mon) 12:49 |   | - #[ 編集]
Re: ちえちゃんと水香さん
ホワイトオリオン様

こんにちは♪

「こうもり」、もう千秋楽、早いですね。
ちえちゃんと星組を盛り上げてくれたまさこさんがご卒業されるのが
寂しいですね。

> いつか、ちえちゃんと水香さんが共演する夢の舞台が実現するといいですね!同じ舞台表現者という部分でトップにたつ方は、本当にすごいなと改めて思いました。

上野水香さんは、世界を舞台に活躍されてますね、いつかちえちゃんも
世界を舞台に…♪

ホント、ホント 何かの形で共演できたら スゴイことですね!
2016/04/25(Mon) 16:02 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: いつも拝見しています。
Ro.......様

コメントありがとうございます♪

ご指摘ありがとうございます!!!

唯一の日本人「女性」でした。

「女性」が抜けておりましたので 追記しました。
本当にありがとうございます。

今後共 よろしくお願いいたします。
2016/04/25(Mon) 16:08 | URL  | happy #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック