毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
今日の夕刊タカラヅカ、予想通りというか
これしかない!っていう

エリザベート 愛され続けて20年

の記事。

       月刊タカラヅカ1607



以下、斜体は 記事より抜粋部分

宝塚9代目トート、朝夏は鋼のような硬質な存在感がある。

そのとーーーーりっ!!

歴代トートの皆さん 当然クールなわけなんですが

朝夏トートは、まぁ様(朝夏まなと)自身が目指しているという
クリスタル感 というか 透明感がある気がします。

スッキリ いろんなものが削ぎ落とされたような感じといいましょうか…

むだのない動きで不穏さを醸し、愛の苦しみを表現する。

そうか… むだのない動きが クールさを際立たせている?
人間離れした?手脚の長さも 硬質感を出しているかも!
初・ロングストレートの黒髪かも?? ← 追加w

日本定着「宝塚版あってこそ」

1996年2月16日の初演の雪組の初日以来
宝塚版、東宝版すべて観劇された評論家の萩尾瞳さん 談

        
エリザベートが主役のウィーン版から、トップが演じるトート「死」を主役にし、
追いかけ続ける愛を耽美的に描き出す。 (中略)
ウィーン版になかった「愛と死の輪舞」を加えた
小池修一郎の手腕にうなった・・・


たくさんの作品を観てこられた評論家を唸らせたエリザベート!!
すごい!

トートは性を超えた存在であり、宝塚の男役にハマった。

そのとーーーーりっ! \(≧▽≦)

小池修一郎先生がこの作品を宝塚で上演しようと
思ってくださったことに感謝!


史実を よくぞここまでドラマチックに感動的に描かれたな、と
原作のミヒャエル・クンツェさんにも感謝、感謝です!!
もう 勲章もんですねっ!!
(小池先生は 叙勲されましたね♪)

宝塚版があってこそ日本に定着し、東宝版もヒットしたのではないか。
個人的には宝塚の初演がベストだと思う。新しいものを創造しようという
意欲がみなぎっていた
」  前出の萩尾さん談

初演を観たい!

スカステで『エリザベート-愛と死の輪舞-』10ヵ月連続放送!
ってのがあるけど 初演の一路真輝さんトートはもう終わっている。orz

3月放送の、みりお(明日海りお)トートも 4月放送の一路真輝トートも
母の事のバタバタで録画予約失念!



初演はベストの事が多いと思うんです。

スカーレット・ピンパーネルも ロミオとジュリエットも
初演が一番印象的でした。
観客の真っ白な心のキャンバスに
新しい世界を描いていくからだと思います。

生徒さんたちに作品を「生み出す力」が漲っている!!
舞台から溢れ出すパワーが観客の心を打つんですね~

ただし ワタシ的には、ですが オーシャンズ11は
初演の星組も良かったのですが (柚希礼音主演だから当然ですっ!)
花組の演出の方が好きかな~

イェンやバシャー・ターにも見せ場あったし…。

人気が衰えない理由を 演出家・小池修一郎先生曰く
生きる闘いをラブストーリーで伝えていると。

にゃるほど

確かに 登場人物は皆、悩みや不満を抱えています。
そして 国家も登場人物たちも 己の悩みと闘いながら
時代の流れと共に 破滅へと突き進んでいく…

それでも 何故か観た後に満たされた気持ちになるのは

トートがやっと 皇后の愛を手に入れて「結ばれる」から。

そして 怒涛のように迫り来る名曲の数々。
リーバイさんの 楽曲のメロディーに心を震わされるから。

よく クンツェ&リーバイ、と並び称されるのは

この作品の成功に リーヴァイさんの楽曲が不可欠、だからなんですね!


それだけに、難曲ぞろいの楽曲を歌える生徒さんが揃っている組で
上演して欲しいですね。

にしても…宝塚初演でエリザベートを演じた花總まりさんが
20年の時を経ても 美しさも変わらず堂々とエリザベートを努めておられる。

すごいことですね~♪ あっぱれです!


今 帝劇エリザベートも上演中ですが…
秋に梅芸に来ます。
一般のミュージカルファンの友人たちは 
蘭乃はなのチケットしか残ってない!とぼやいておりました。

みりおん(実咲凜音)が退団したら 役替りには
是非、実咲凜音でお願いしたいです。


◆関連リンク
(月刊タカラヅカ)エリザベート 愛され続けて20年 朝日新聞デジタル


↑ 無料登録で全文読めます♪

下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます


関連記事

【2016/07/29 22:00】 | 宝塚・宙組
トラックバック(0) |

初演、絶賛後悔中(つд`)
ちぃたん
こんばんはー!


あああああ~~~
やっぱり初演観に行っておけばよかった~~~~(つд`)
激しく後悔中です~

初代トートのイチロくんも歌うまさんでした。
ジェンヌ現役時代に気胸を患って声量落ちちゃったんだけど、でもやっぱりお上手だったなぁ。

初演の奇跡的なキャスティングはブラボー!昔の昔の雪組は歌うまさん多かったー。

初演を越えられないことは宝塚には多々ありますけど…
エリザベートは進化してますね。

まぁさまは従来の明るいイメージが先行しちゃっていましたが

手足長い超絶なスタイルと、ダンスがお得意なだけあって身のこなしが「シュッ」としてる感じが「この世の人じゃない感」
トートって人を選ぶ役だなぁと、実感する。
シシィも然り。

エリザベートは有り体にいえば
嫁姑問題、子供の反抗期、夫婦問題…結構私達にも身近なテーマだったりするんですけど(笑)
ドラマチックなのがまたいいんですよねー。

永遠に年をとらないトートとルキーニ

年を重ねていくシシィとフランツの対比がまた面白いです♪


本当に初演は凄かった!
ホワイトオリオン
hAPPYさま
おはようございます。今日も暑くなりそうですね。
昨日、宙組エリザベート観劇したんですが、キャトルの入口では、初演から最近の明日海エリザまでのDVD販売があり、小さな画面では、初演の一路さんエリザが流れていました。

20年前に初演を観劇した時に、今まで観た事がない歌だけで繋がれる上質のミュージカルに鳥肌がたち、こんな世界があるのかと大感動して、その後、梅芸のウィーン版来日コンサート、ウィーン版エリザベートなど本場のキャストの演技にも大感動しましたが、ウィーン版のマヤさんやマテさん、ルカスさんなど、迫力のある舞台はまた宝塚とは違う舞台でした。

花總さんが初演でエリザベートを演じたのは研5だと思いますが、その後、宙でも再び演じられて、そして今も東宝で主演をつとめているとは本当に凄いですね。

宝塚歌劇がどこまでも続く限り、ベルばら同様にエリザベートも再演が続くと思いますが、ベルばらと違うのは、主役が変えられない事ですね。それだけにトート役を演じるトップスターは、お稽古を重ねて、自分しかできないトート像を演じる事になりますが、今回の朝夏トートにまた新しいトートを作り上げたと感じます。

宝塚でしかできない宝塚版エリザベートは、最後のフィナーレのつく独特の世界。黄泉の帝王と皇后の物語ですが、その中には、エリザベートの孤独、悲しみ、苦しみがありますが、どこまでも自由で自分の人生を生き抜くその姿勢は、現代の女性につながる部分も少なくないかもしれませんね。



そのとおり!!
makorin
観劇と旅疲れで、昨日は力尽きましたw
宙組エリザすっごくよかったです!
2回見ました

私は、初演は敬意を表して別格としますが、
姿月あさとさんが大好きだったので、
前回の宙組エリザが最高に好きなんです!

その宙組にエリザが帰ってきてくれたこと、
それと、トップコンビが素晴らしいトップコンビだったことが、
誇らしいです!

それだけに、まぁくんもみりおんもプレッシャーはハンパなかったと思います

ゆりかさん、本当に素敵だった…(ぽっ)
歴代のフランツで、一番最高のビジュアルでした
演技もよかったです
歌は本人比ではありますが、ビックリするほど成長されてて…
ゆりかさんを見るたびに涙が…(笑)
ゆりかさんだけですごく語れますw

宙組さんのエリザはまだまだ進化しそうなので、東京も楽しみです!
なんとかチケット確保しましたので…

私も帝劇エリザの件で、みりおんを次のエリザにすべきと提言しているので、
ぜひ花さん-みりおんで、どちらを観劇してもwin-winなキャスティングにしてほしいです

Re: 初演、絶賛後悔中(つд`)
happy
ちぃたん様

> 初代トートのイチロくんも歌うまさんでした。
> ジェンヌ現役時代に気胸を患って声量落ちちゃったんだけど、でもやっぱりお上手だったなぁ。

一路真輝さんが気胸? そんなことがあったんですね!

> 初演を越えられないことは宝塚には多々ありますけど…
> エリザベートは進化してますね。

いろんなキャスティングの妙で毎回わくわくさせられますね~♪

> 手足長い超絶なスタイルと、ダンスがお得意なだけあって身のこなしが「シュッ」としてる感じが「この世の人じゃない感」
> トートって人を選ぶ役だなぁと、実感する。

動きや佇まいがクールなのがいいですね!!

> シシィも然り。

シシィは、歌唱力と鏡の間のビジュアルに耐えうるかですね。
いまいちどうなのソレ?っていう中途半端なシシィもいらしたけど
今回のみりおんには大満足です!!

> 永遠に年をとらないトートとルキーニ
> 年を重ねていくシシィとフランツの対比がまた面白いです♪

本当に! いろんなドラマがあり、いろんな角度から楽しめますね!
だからこそ 息の長い人気を誇っているんでしょうね!

Re: 本当に初演は凄かった!
happy
ホワイトオリオン様

> 20年前に初演を観劇した時に、今まで観た事がない歌だけで繋がれる上質のミュージカルに鳥肌がたち、こんな世界があるのかと大感動して、その後、梅芸のウィーン版来日コンサート、ウィーン版エリザベートなど本場のキャストの演技にも大感動しましたが、ウィーン版のマヤさんやマテさん、ルカスさんなど、迫力のある舞台はまた宝塚とは違う舞台でした。

ホワイトオリオンさんは、初演も、そしてウィーン版もご覧になっているのですね!!!

私も宝塚のエリザベートも 帝劇東宝のエリザベートも好きです!

> 花總さんが初演でエリザベートを演じたのは研5だと思いますが、その後、宙でも再び演じられて、そして今も東宝で主演をつとめているとは本当に凄いですね。

本当に! 持って生まれた才能や美しさに 
さらに努力でブラッシュアップされているんですね~

再演される度、独自のエリザベートを模索するトップさん、
大変ですね!


> 宝塚でしかできない宝塚版エリザベートは、最後のフィナーレのつく独特の世界。黄泉の帝王と皇后の物語ですが、その中には、エリザベートの孤独、悲しみ、苦しみがありますが、どこまでも自由で自分の人生を生き抜くその姿勢は、現代の女性につながる部分も少なくないかもしれませんね。

だからこそ、共感できたり 同情したりしてエリザベートから目が離せない。
人気の所以かも!


Re: そのとおり!!
happy
makorin様

遠征お疲れ様でした!!

お体は疲れても、心は満たされているのでは? ^^

> 姿月あさとさんが大好きだったので、
> 前回の宙組エリザが最高に好きなんです!

ずんこさんはお歌お上手ですし
ビジュアル的にも 姿月あさと✕花總まりって
素敵ですよね♪ 私は宝塚ファン歴浅いのですが
観たかったです!!

> ゆりかさん、本当に素敵だった…(ぽっ)
> 歴代のフランツで、一番最高のビジュアルでした
> 演技もよかったです

巷でもw 真風の「ロイヤル感」が話題になっていますね。
本当に素敵♪ はぁ~~~(。´Д`)

> ゆりかさんを見るたびに涙が…(笑)

私ももう親心で…よくぞここまで…。

東京劇場公演では 進化形を観れるので羨ましいです。
ご感想、楽しみにしています!!

> 私も帝劇エリザの件で、みりおんを次のエリザにすべきと提言しているので、
> ぜひ花さん-みりおんで、どちらを観劇してもwin-winなキャスティングにしてほしいです

同感です!! 記事拝見して、同感同感、そのとーーーりっ!って
コメントしたかったのに できずじまいでした e-466

最近 アリジゴクのように、テリトリー内のことしか反応できなくて
ごめんなさいね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
初演、絶賛後悔中(つд`)
こんばんはー!


あああああ~~~
やっぱり初演観に行っておけばよかった~~~~(つд`)
激しく後悔中です~

初代トートのイチロくんも歌うまさんでした。
ジェンヌ現役時代に気胸を患って声量落ちちゃったんだけど、でもやっぱりお上手だったなぁ。

初演の奇跡的なキャスティングはブラボー!昔の昔の雪組は歌うまさん多かったー。

初演を越えられないことは宝塚には多々ありますけど…
エリザベートは進化してますね。

まぁさまは従来の明るいイメージが先行しちゃっていましたが

手足長い超絶なスタイルと、ダンスがお得意なだけあって身のこなしが「シュッ」としてる感じが「この世の人じゃない感」
トートって人を選ぶ役だなぁと、実感する。
シシィも然り。

エリザベートは有り体にいえば
嫁姑問題、子供の反抗期、夫婦問題…結構私達にも身近なテーマだったりするんですけど(笑)
ドラマチックなのがまたいいんですよねー。

永遠に年をとらないトートとルキーニ

年を重ねていくシシィとフランツの対比がまた面白いです♪
2016/07/29(Fri) 23:46 | URL  | ちぃたん #-[ 編集]
本当に初演は凄かった!
hAPPYさま
おはようございます。今日も暑くなりそうですね。
昨日、宙組エリザベート観劇したんですが、キャトルの入口では、初演から最近の明日海エリザまでのDVD販売があり、小さな画面では、初演の一路さんエリザが流れていました。

20年前に初演を観劇した時に、今まで観た事がない歌だけで繋がれる上質のミュージカルに鳥肌がたち、こんな世界があるのかと大感動して、その後、梅芸のウィーン版来日コンサート、ウィーン版エリザベートなど本場のキャストの演技にも大感動しましたが、ウィーン版のマヤさんやマテさん、ルカスさんなど、迫力のある舞台はまた宝塚とは違う舞台でした。

花總さんが初演でエリザベートを演じたのは研5だと思いますが、その後、宙でも再び演じられて、そして今も東宝で主演をつとめているとは本当に凄いですね。

宝塚歌劇がどこまでも続く限り、ベルばら同様にエリザベートも再演が続くと思いますが、ベルばらと違うのは、主役が変えられない事ですね。それだけにトート役を演じるトップスターは、お稽古を重ねて、自分しかできないトート像を演じる事になりますが、今回の朝夏トートにまた新しいトートを作り上げたと感じます。

宝塚でしかできない宝塚版エリザベートは、最後のフィナーレのつく独特の世界。黄泉の帝王と皇后の物語ですが、その中には、エリザベートの孤独、悲しみ、苦しみがありますが、どこまでも自由で自分の人生を生き抜くその姿勢は、現代の女性につながる部分も少なくないかもしれませんね。

2016/07/30(Sat) 09:57 | URL  | ホワイトオリオン #HfMzn2gY[ 編集]
そのとおり!!
観劇と旅疲れで、昨日は力尽きましたw
宙組エリザすっごくよかったです!
2回見ました

私は、初演は敬意を表して別格としますが、
姿月あさとさんが大好きだったので、
前回の宙組エリザが最高に好きなんです!

その宙組にエリザが帰ってきてくれたこと、
それと、トップコンビが素晴らしいトップコンビだったことが、
誇らしいです!

それだけに、まぁくんもみりおんもプレッシャーはハンパなかったと思います

ゆりかさん、本当に素敵だった…(ぽっ)
歴代のフランツで、一番最高のビジュアルでした
演技もよかったです
歌は本人比ではありますが、ビックリするほど成長されてて…
ゆりかさんを見るたびに涙が…(笑)
ゆりかさんだけですごく語れますw

宙組さんのエリザはまだまだ進化しそうなので、東京も楽しみです!
なんとかチケット確保しましたので…

私も帝劇エリザの件で、みりおんを次のエリザにすべきと提言しているので、
ぜひ花さん-みりおんで、どちらを観劇してもwin-winなキャスティングにしてほしいです
2016/07/30(Sat) 12:35 | URL  | makorin #-[ 編集]
Re: 初演、絶賛後悔中(つд`)
ちぃたん様

> 初代トートのイチロくんも歌うまさんでした。
> ジェンヌ現役時代に気胸を患って声量落ちちゃったんだけど、でもやっぱりお上手だったなぁ。

一路真輝さんが気胸? そんなことがあったんですね!

> 初演を越えられないことは宝塚には多々ありますけど…
> エリザベートは進化してますね。

いろんなキャスティングの妙で毎回わくわくさせられますね~♪

> 手足長い超絶なスタイルと、ダンスがお得意なだけあって身のこなしが「シュッ」としてる感じが「この世の人じゃない感」
> トートって人を選ぶ役だなぁと、実感する。

動きや佇まいがクールなのがいいですね!!

> シシィも然り。

シシィは、歌唱力と鏡の間のビジュアルに耐えうるかですね。
いまいちどうなのソレ?っていう中途半端なシシィもいらしたけど
今回のみりおんには大満足です!!

> 永遠に年をとらないトートとルキーニ
> 年を重ねていくシシィとフランツの対比がまた面白いです♪

本当に! いろんなドラマがあり、いろんな角度から楽しめますね!
だからこそ 息の長い人気を誇っているんでしょうね!
2016/07/30(Sat) 17:54 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: 本当に初演は凄かった!
ホワイトオリオン様

> 20年前に初演を観劇した時に、今まで観た事がない歌だけで繋がれる上質のミュージカルに鳥肌がたち、こんな世界があるのかと大感動して、その後、梅芸のウィーン版来日コンサート、ウィーン版エリザベートなど本場のキャストの演技にも大感動しましたが、ウィーン版のマヤさんやマテさん、ルカスさんなど、迫力のある舞台はまた宝塚とは違う舞台でした。

ホワイトオリオンさんは、初演も、そしてウィーン版もご覧になっているのですね!!!

私も宝塚のエリザベートも 帝劇東宝のエリザベートも好きです!

> 花總さんが初演でエリザベートを演じたのは研5だと思いますが、その後、宙でも再び演じられて、そして今も東宝で主演をつとめているとは本当に凄いですね。

本当に! 持って生まれた才能や美しさに 
さらに努力でブラッシュアップされているんですね~

再演される度、独自のエリザベートを模索するトップさん、
大変ですね!


> 宝塚でしかできない宝塚版エリザベートは、最後のフィナーレのつく独特の世界。黄泉の帝王と皇后の物語ですが、その中には、エリザベートの孤独、悲しみ、苦しみがありますが、どこまでも自由で自分の人生を生き抜くその姿勢は、現代の女性につながる部分も少なくないかもしれませんね。

だからこそ、共感できたり 同情したりしてエリザベートから目が離せない。
人気の所以かも!
2016/07/30(Sat) 18:01 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: そのとおり!!
makorin様

遠征お疲れ様でした!!

お体は疲れても、心は満たされているのでは? ^^

> 姿月あさとさんが大好きだったので、
> 前回の宙組エリザが最高に好きなんです!

ずんこさんはお歌お上手ですし
ビジュアル的にも 姿月あさと✕花總まりって
素敵ですよね♪ 私は宝塚ファン歴浅いのですが
観たかったです!!

> ゆりかさん、本当に素敵だった…(ぽっ)
> 歴代のフランツで、一番最高のビジュアルでした
> 演技もよかったです

巷でもw 真風の「ロイヤル感」が話題になっていますね。
本当に素敵♪ はぁ~~~(。´Д`)

> ゆりかさんを見るたびに涙が…(笑)

私ももう親心で…よくぞここまで…。

東京劇場公演では 進化形を観れるので羨ましいです。
ご感想、楽しみにしています!!

> 私も帝劇エリザの件で、みりおんを次のエリザにすべきと提言しているので、
> ぜひ花さん-みりおんで、どちらを観劇してもwin-winなキャスティングにしてほしいです

同感です!! 記事拝見して、同感同感、そのとーーーりっ!って
コメントしたかったのに できずじまいでした e-466

最近 アリジゴクのように、テリトリー内のことしか反応できなくて
ごめんなさいね。
2016/07/30(Sat) 19:49 | URL  | happy #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック