毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
お引っ越しでまだまだ箱が残ってて 昨夜も
金色の砂漠の感想書くかどうか迷ったけど 
忘れないうちに…と だらっと書き始めたら…ホレ、
私のことだから もう、どーにもと・ま・ら・ない~♪ってなったけど
半分で放り出して 寝てしまいました orz

いや~今更 弁解がましくて申し訳ないのですが
観劇日、どうしても コンタクトレンズの箱が見つからなくて
裸眼(0.2と0.4 時々オペラ使用)で観てたから
今ひとつ 頭の中にビシーーーーーーっと入ってこなくて
15列センターから 全体をぼーーーっと観てたので 
間違ってたらごめんなさい 

後2回あるので 今度しっかり観てきます。

      金色の砂漠


で、昨日どこまで 書きましたっけ?? 
(だいぶ書く気喪失してる・・・

そうそう、回想シーンまででした~。
みりおちゃん(明日海りお)もかのちゃん(花乃まりあ)も髪型がとても可愛い。
幼いかんじの動きがお上手で、セリフ回しもかわいくて 大好きな場面です!
時間が巻き戻された感がしっかり出ています♪

重要ネタバレあります、ご注意ください。



タルハーミネの寝室では 天蓋付きのベッドで眠るタルハーミネが
ベッドの足元の床で眠るギィに 夜中にいきなり語りかけて起こしたりするんですね~

オアシスに狩りに行く場面は、タソ(天真みちる)が
おっとりホッコリした人柄の求婚者・ゴラーズを好演♪

第二王女ビルマーヤ(桜咲彩花)が 「ワタクシ狩りは嫌いですの」に
ゴラーズも ホッとして、「私は鳥が好きでしてねぇ‥」

でっぷりしたゴラーズが鳥のために朝窓を開けれずに蒸し風呂の部屋にいる話を披露。
それでも痩せません…と 笑いを取って、 唯一こちらもホッとする場面でした。

ビルマーヤは奴隷・ジャーが好きだけれど 
ジャーに「あの方と結婚するのですか」と問われ
好きな人と結婚できないのなら 誰でも同じこと‥と覚悟を決めていました。

タルハーミネの寝室では…ついにギィがタルハーミネを押し倒しますっ!!  (/▽\)キャッ♪

いや~ん、こういう力づくで、って言うの、好き~~(〃∇〃)
(ただし好きな相手限定)
王女が人を呼べば死罪は免れない、まさに命をかけた愛っ!!

ドキドキの 生唾ごくりの場面です~~~♪

タルハーミネ、ツンデレで 一旦折れたら弱いから
一緒に逃げよう、ってギィを誘うくせに
見つかって 父王に
「私はおまえを裁かねばならん!」 と死刑宣告されて b-orooro_201611272250133da.gif

タルハーミネを失いたくなくて いつもタルハーミネの近くに侍るギィに
嫉妬の炎を燃やす隣国の王子・テオドロス(柚香光)は 
彼女に入れ知恵をしてギィに死刑を宣告させます。

タルハーミネ、あっさりギィを裏切るっ!

奴隷とは言え いつもタルハーミネに翻弄されるギィが不憫過ぎる 泣
ジャーは あんなに幸せそうなのに…

王女と逃げようとした罪で地下牢で鞭打たれ 拷問されるギィ
もう、観てられないいたぶられようで、苦しいです…
なんとそんな場所へ 王妃様が…何故??

王妃様から真実が語られます…
前の王と王妃様の間に生まれた ギィとジャー兄弟。

現在の王ジャハンギールは 前の王を殺して 王妃様を妻としました。
本来なら根絶やしにすべく子供も殺される所を 
奴隷として生かすことで 王妃は我が子の命を守ったのでした…

それで お稽古場がスカステで映った時に
王妃(仙名彩世)は イスファン王ジャハンギール(鳳月杏)と抱擁している時に
すごく悲しそうな表情を浮かべてたのですね…

ギィは 共に生きる道を選んだ王妃を責め、復讐を誓って
砂漠に消えていきました…

ギィの身代わりの死人が用意されていました。
「1789」で ロナンがバスティーユ監獄から逃げ出す時の手法ですな。

砂漠で出会った盗賊たちの中には 前の王に仕えていた生き残りの子孫もいて
ギィ=イスファンディヤール(←本当の名前)と 第三王女付きの奴隷プリ-を
仲間に入れてくれるのでした♪
女ボスの じゅりあちゃんが相変わらずかっこいいです。
男勝りな感じが似合いますね~
お願いだから 弟役のマイティに もっと光を! もっとセリフを!!


テオドロスによる砂漠の盗賊制圧を逆手にとって
イスファンの城を攻める決意を盗賊たちに語り 誘います。

怒涛のように攻め込んで ジャハンギールを討ち
タルハーミネを妻とする、と宣言。

かつてジャハンギールがイスファン国を攻めて落とした時と同じやり方で…

ついに ギィ(=イスファンディヤール)の復讐が完結したのでした。

実の母・王妃アムダリアが自ら命を絶ったとの知らせが…
何故?? これから、と言う時に。

そして 誇り高き王女タルハーミネは、たまらず
砂漠へと出ていき・・・後を追うイスファンディヤール。

幼き日、金色の砂漠を求めて走り出したタルハーミネを
連れ戻そうとしたギィの必死の姿が蘇り 胸を締め付けられます。

砂漠で迷ったものは帰れない 砂が運んでいくだけ…

2人は砂漠に飲まれて 二度と戻ってこれなかったのでしょうか…涙

砂嵐の後に
盗賊に国を追われた王族たちの列が砂漠を進んでいきます。

第二王女ビルマーヤが 残されたタルハーミネの赤ちゃんを抱いて
私がこの子を守らなくては、と決意し 行列の中に入って去っていきます

それが 冒頭の部分につながっているのですね。

すごく、すごく切なく 胸が苦しくなる場面ばかりです、が
最後に ギィとタルハーミネ、2人の純白の衣装でのデュエットダンスに
ようやく救われた気分になるのでした。

ふたりの微笑みが もう天使の微笑みに感じられます。
温かいものが湧いてくる感じ♪

流石宝塚! ロミオとジュリエットの最後みたいだね、と友人と。
どんなに悲恋でも 最後に天国で結ばれ幸せな2人♪

あんな重苦しい気持ちで家路にはつけませんものね。

フィナーレのロケットまでがお芝居、のつもりで作ったと
上田久美子先生談。

2人はようやく結ばれて良かった良かった♪

そして なんとロケットのセンターが次期トップ娘役のゆきちゃん(仙名彩世)
研9にしてロケットは珍しいけど いいお披露目になりました。

ずしんと心に残る作品です。
上田久美子先生の真骨頂!

星逢一夜の時も 観てから数日 星逢のこと考える日が続き
後から後から じわ~~っといろんな思いが湧き出してくる作品です。

噛めば噛むほど味が出る、

後2回しか噛めませんが レンズを入れて、
気合も入れて しっかり観たいと思います!!

上田久美子先生の才能にひれ伏す思い、の金色の砂漠でした!

あっぱれ!

あ、第三王女(音くり寿)と 王女付きの奴隷プリ-(瀬戸かずや)が面白いです。
算術の先生のエピソードも 書き忘れたけど もう元気ないから 次回ね。


下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます

関連記事

【2016/11/27 23:56】 | 宝塚・花組
トラックバック(0) |


cuchiko
おはようございます✨

ああ、そうだったのですね、、
前王と王妃との、、
と、いうことは、義兄妹、、
そして、二人の間にも子供が、、

デュエダンは、ロミジュリのよう💖
みりお様のエメ、大好きです😊
悲劇だからこそ、ラストはあのデュエダンなのですよね💖

ありがとうございました❗
しばらくは妄想だけで生きていけそうです😉💓


ひなちゃん
happyさま、おはようございます!!!
あぁ~‼冒頭の部分、最後に繋がってたんですね‼
納得しました!!!伏線すごいです。
やはりまだまだ解説なしでは観れません(>.<)
早く続きが読みたい‼
お友達や家族と観劇しても語り合うことが出来ず「あれってどういうことだったのかしら?あれは誰かしら?」で終わってしまうのでhappyさまの解説、本当にタメになります☆


紫乃
hapyy様
引越しのお忙しいところ、感想をありがとうございます。
初日は色々ハプニングもありましたが、上田先生の連日の手直しのお陰で日に日に深化しているようです。おっしゃる通り、観終わってからじわじわくる作品ですよね。
また次回のご感想も楽しみにしております(*^^*)


やっぱり!?予想的中に浮かれてますw
ちぃたん
こんにちは!
(●´∀`●)/

丁寧な解説ありがとうございました!

で、ほら?やっぱり???
ワタクシ、みりおさんが単なる奴隷役とは思えず…絶対訳あって奴隷の身に落としてるんだ!!
元は高貴な生まれなんだ!!そうに違いないんだ!!
って、推理してたんですよー。
因みに、みりおさんとキキちゃんとの関係性も、もしかしたらそうなのかな?って所まで推理通り。キキちゃんのジャーは聡明で、品が漂ってるし、奴隷っぽくないんだもの。なんだかスッキリしました(笑)


しかし、これはお正月早々ズシーン!と来るといいますか…星逢のとはまた違った余韻を与えそうな作品になりそう。
破滅に向かっていくのに、美しい世界観を作り出す、ウエクミ先生らしいなぁ♪



こんばんは
くっきー
詳しい解説、ありがとうございますe-454
劇場で観た気分になりました~!e-465

切な過ぎる~!!! ギィとジャーは、本当なら王子だったんですね。
ギィ・・・何となく王家の血を引いてるんじゃないかな~と思いました。
でもってジャーと兄弟とはびっくり!
「金色の砂漠」再演してほしい作品になりそう!
全国ツアーに持ってきてほしいです!


Re: タイトルなし
happy
cuchiko様

こんばんは!

えとね~、
ギィとジャーは王妃様の息子たちで

タルハーミネたち三王女は ジャハンギール王と亡き妻の娘。
ジャハンギール王のと王妃アムダリヤの間に子どもはいないのです。

というわけで ギィとタルハーミネに血の繋がりはありません♪
結婚しても 大丈夫^^;


> デュエダンは、ロミジュリのよう💖
> みりお様のエメ、大好きです😊
> 悲劇だからこそ、ラストはあのデュエダンなのですよね💖

そうなんです~!
悲劇的ラストだから デュエットダンスで「救われる」んですね~^^
>
> ありがとうございました❗
> しばらくは妄想だけで生きていけそうです😉💓

日々進化しているみたいですので cuchiko様がご覧になるころには
すごく変わっていて もっとスゴイ作品になってるかも!!です。

Re: タイトルなし
happy
ひな様

こんばんは!

幕開けの導入部分が ラストを予感させるという作りですね~

算術の先生のこと 書きそびれましたが
タルハーミネがギィをかばうためについた嘘で
算術の先生が 奴隷に身を落とす羽目になって
先生が ギィに復讐するんです。
いろいろと入り組んだ人間模様も面白いです!

> お友達や家族と観劇しても語り合うことが出来ず「あれってどういうことだったのかしら?あれは誰かしら?」で終わってしまうのでhappyさまの解説、本当にタメになります☆

私も、最初の頃は、あれ誰? どういう事? 何~?って
クエスチョンマークだらけでした。
 
ブログやTwitterで予習あるのみ!ですね♪^^

Re: タイトルなし
happy
紫乃様

おひさしぶりです。

紫乃様も25日金曜日に劇場にいらしてたんですね?(友人談)
既に何度もご覧になったんでしょうね♪

私は3回の観劇予定なので 後2回、どれだけ進化&深化するか楽しみです!

上演時間1時間半のオリジナルで ここまで深く描き込めるなんて
さすが上田久美子先生、と絶賛したいです!!

Re: やっぱり!?予想的中に浮かれてますw
happy
ちぃたん様

こんばんは!

> ワタクシ、みりおさんが単なる奴隷役とは思えず…絶対訳あって奴隷の身に落としてるんだ!!
> 元は高貴な生まれなんだ!!そうに違いないんだ!!
> って、推理してたんですよー。

さすが~~!!! 大当たり~~~♪
私もみりおちゃんは奴隷だけど いわくつきの奴隷なんだろうと思ってました。
奴隷なのに 美しすぎますし♪ キキちゃんもね!
でも二人の関係には気がつきませんでした orz

気高き奴隷ですよね^^

> しかし、これはお正月早々ズシーン!と来るといいますか…星逢のとはまた違った余韻を与えそうな作品になりそう。
> 破滅に向かっていくのに、美しい世界観を作り出す、ウエクミ先生らしいなぁ♪

心揺さぶられて いろいろ考えてしまって 無口になります 笑
乞うご期待!!


Re: こんばんは
happy
くっきー様

> 切な過ぎる~!!! ギィとジャーは、本当なら王子だったんですね。

そうなんですよ~
ジャハンギールに王が殺され国が乗っ取られても
奴隷として生きるのがいいのか 誇り高く自決した方がいいのか…
ギィはおめおめと生き残った 母を責めるんですけども。

> ギィ・・・何となく王家の血を引いてるんじゃないかな~と思いました。

ノーブルなみりおちゃんだけに ただの奴隷ではありえない!
けど 奴隷として蔑まれ 鞭打たれるシーンに心が痛みます。

> でもってジャーと兄弟とはびっくり!
> 「金色の砂漠」再演してほしい作品になりそう!
> 全国ツアーに持ってきてほしいです!

ほんと、ほんと、この作品は話題になりそうですものね!!

緊張感がスゴイ作品ですよね
makorin
やはりすごく進化してるっぽいですね!
今観劇されているのが羨ましいです…東京まで我慢我慢…

みりおくん、連日上田先生からのダメ出しがあるらしく、それでどんどん深みの増す作品と昇華していっているようですね

カレーくん、私も花組さんで一番大好きなんですけど、歌が…(´・ω・`)
東京では少しでも成長されているといいのですが…ふーむ…
マイティがほんの少しの場面で、あの歌唱力!
カレーマイティ大好きなので、ぜひ頑張って欲しいのです!


Re: 緊張感がスゴイ作品ですよね
happy
makorin様

> みりおくん、連日上田先生からのダメ出しがあるらしく、それでどんどん深みの増す作品と昇華していっているようですね

お茶会にもかなり遅れてこられたようで、ダメ出し打ち合わせとかのせいだったんでしょうか…

金色の砂漠でギィが受ける仕打ちが 我が身に起こったことのようで
心情を重ね合わせて辛いです。

東京では さらなるお稽古期間を経てですので
もっともっとすごい作品に進化していると思います、いいなあ~東京!!

> カレーくん、私も花組さんで一番大好きなんですけど、歌が…(´・ω・`)

昨日、エリザベート新公映像見て ひぇ~~~e-350ってなりました 汗
私もれいくんのビジュアルとかダンスとか大好きなので 本当に惜しいです!

> カレーマイティ大好きなので、ぜひ頑張って欲しいのです!

ホント、花の95期LOVEですから~e-266


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おはようございます✨

ああ、そうだったのですね、、
前王と王妃との、、
と、いうことは、義兄妹、、
そして、二人の間にも子供が、、

デュエダンは、ロミジュリのよう💖
みりお様のエメ、大好きです😊
悲劇だからこそ、ラストはあのデュエダンなのですよね💖

ありがとうございました❗
しばらくは妄想だけで生きていけそうです😉💓
2016/11/28(Mon) 06:01 | URL  | cuchiko #-[ 編集]
happyさま、おはようございます!!!
あぁ~‼冒頭の部分、最後に繋がってたんですね‼
納得しました!!!伏線すごいです。
やはりまだまだ解説なしでは観れません(>.<)
早く続きが読みたい‼
お友達や家族と観劇しても語り合うことが出来ず「あれってどういうことだったのかしら?あれは誰かしら?」で終わってしまうのでhappyさまの解説、本当にタメになります☆
2016/11/28(Mon) 08:33 | URL  | ひなちゃん #-[ 編集]
hapyy様
引越しのお忙しいところ、感想をありがとうございます。
初日は色々ハプニングもありましたが、上田先生の連日の手直しのお陰で日に日に深化しているようです。おっしゃる通り、観終わってからじわじわくる作品ですよね。
また次回のご感想も楽しみにしております(*^^*)
2016/11/28(Mon) 08:56 | URL  | 紫乃 #-[ 編集]
やっぱり!?予想的中に浮かれてますw
こんにちは!
(●´∀`●)/

丁寧な解説ありがとうございました!

で、ほら?やっぱり???
ワタクシ、みりおさんが単なる奴隷役とは思えず…絶対訳あって奴隷の身に落としてるんだ!!
元は高貴な生まれなんだ!!そうに違いないんだ!!
って、推理してたんですよー。
因みに、みりおさんとキキちゃんとの関係性も、もしかしたらそうなのかな?って所まで推理通り。キキちゃんのジャーは聡明で、品が漂ってるし、奴隷っぽくないんだもの。なんだかスッキリしました(笑)


しかし、これはお正月早々ズシーン!と来るといいますか…星逢のとはまた違った余韻を与えそうな作品になりそう。
破滅に向かっていくのに、美しい世界観を作り出す、ウエクミ先生らしいなぁ♪

2016/11/28(Mon) 11:08 | URL  | ちぃたん #-[ 編集]
こんばんは
詳しい解説、ありがとうございますe-454
劇場で観た気分になりました~!e-465

切な過ぎる~!!! ギィとジャーは、本当なら王子だったんですね。
ギィ・・・何となく王家の血を引いてるんじゃないかな~と思いました。
でもってジャーと兄弟とはびっくり!
「金色の砂漠」再演してほしい作品になりそう!
全国ツアーに持ってきてほしいです!
2016/11/28(Mon) 23:42 | URL  | くっきー #-[ 編集]
Re: タイトルなし
cuchiko様

こんばんは!

えとね~、
ギィとジャーは王妃様の息子たちで

タルハーミネたち三王女は ジャハンギール王と亡き妻の娘。
ジャハンギール王のと王妃アムダリヤの間に子どもはいないのです。

というわけで ギィとタルハーミネに血の繋がりはありません♪
結婚しても 大丈夫^^;


> デュエダンは、ロミジュリのよう💖
> みりお様のエメ、大好きです😊
> 悲劇だからこそ、ラストはあのデュエダンなのですよね💖

そうなんです~!
悲劇的ラストだから デュエットダンスで「救われる」んですね~^^
>
> ありがとうございました❗
> しばらくは妄想だけで生きていけそうです😉💓

日々進化しているみたいですので cuchiko様がご覧になるころには
すごく変わっていて もっとスゴイ作品になってるかも!!です。
2016/11/28(Mon) 23:48 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ひな様

こんばんは!

幕開けの導入部分が ラストを予感させるという作りですね~

算術の先生のこと 書きそびれましたが
タルハーミネがギィをかばうためについた嘘で
算術の先生が 奴隷に身を落とす羽目になって
先生が ギィに復讐するんです。
いろいろと入り組んだ人間模様も面白いです!

> お友達や家族と観劇しても語り合うことが出来ず「あれってどういうことだったのかしら?あれは誰かしら?」で終わってしまうのでhappyさまの解説、本当にタメになります☆

私も、最初の頃は、あれ誰? どういう事? 何~?って
クエスチョンマークだらけでした。
 
ブログやTwitterで予習あるのみ!ですね♪^^
2016/11/28(Mon) 23:54 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: タイトルなし
紫乃様

おひさしぶりです。

紫乃様も25日金曜日に劇場にいらしてたんですね?(友人談)
既に何度もご覧になったんでしょうね♪

私は3回の観劇予定なので 後2回、どれだけ進化&深化するか楽しみです!

上演時間1時間半のオリジナルで ここまで深く描き込めるなんて
さすが上田久美子先生、と絶賛したいです!!
2016/11/29(Tue) 00:00 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: やっぱり!?予想的中に浮かれてますw
ちぃたん様

こんばんは!

> ワタクシ、みりおさんが単なる奴隷役とは思えず…絶対訳あって奴隷の身に落としてるんだ!!
> 元は高貴な生まれなんだ!!そうに違いないんだ!!
> って、推理してたんですよー。

さすが~~!!! 大当たり~~~♪
私もみりおちゃんは奴隷だけど いわくつきの奴隷なんだろうと思ってました。
奴隷なのに 美しすぎますし♪ キキちゃんもね!
でも二人の関係には気がつきませんでした orz

気高き奴隷ですよね^^

> しかし、これはお正月早々ズシーン!と来るといいますか…星逢のとはまた違った余韻を与えそうな作品になりそう。
> 破滅に向かっていくのに、美しい世界観を作り出す、ウエクミ先生らしいなぁ♪

心揺さぶられて いろいろ考えてしまって 無口になります 笑
乞うご期待!!
2016/11/29(Tue) 00:04 | URL  | happy #-[ 編集]
Re: こんばんは
くっきー様

> 切な過ぎる~!!! ギィとジャーは、本当なら王子だったんですね。

そうなんですよ~
ジャハンギールに王が殺され国が乗っ取られても
奴隷として生きるのがいいのか 誇り高く自決した方がいいのか…
ギィはおめおめと生き残った 母を責めるんですけども。

> ギィ・・・何となく王家の血を引いてるんじゃないかな~と思いました。

ノーブルなみりおちゃんだけに ただの奴隷ではありえない!
けど 奴隷として蔑まれ 鞭打たれるシーンに心が痛みます。

> でもってジャーと兄弟とはびっくり!
> 「金色の砂漠」再演してほしい作品になりそう!
> 全国ツアーに持ってきてほしいです!

ほんと、ほんと、この作品は話題になりそうですものね!!
2016/11/29(Tue) 00:09 | URL  | happy #-[ 編集]
緊張感がスゴイ作品ですよね
やはりすごく進化してるっぽいですね!
今観劇されているのが羨ましいです…東京まで我慢我慢…

みりおくん、連日上田先生からのダメ出しがあるらしく、それでどんどん深みの増す作品と昇華していっているようですね

カレーくん、私も花組さんで一番大好きなんですけど、歌が…(´・ω・`)
東京では少しでも成長されているといいのですが…ふーむ…
マイティがほんの少しの場面で、あの歌唱力!
カレーマイティ大好きなので、ぜひ頑張って欲しいのです!
2016/11/29(Tue) 23:47 | URL  | makorin #-[ 編集]
Re: 緊張感がスゴイ作品ですよね
makorin様

> みりおくん、連日上田先生からのダメ出しがあるらしく、それでどんどん深みの増す作品と昇華していっているようですね

お茶会にもかなり遅れてこられたようで、ダメ出し打ち合わせとかのせいだったんでしょうか…

金色の砂漠でギィが受ける仕打ちが 我が身に起こったことのようで
心情を重ね合わせて辛いです。

東京では さらなるお稽古期間を経てですので
もっともっとすごい作品に進化していると思います、いいなあ~東京!!

> カレーくん、私も花組さんで一番大好きなんですけど、歌が…(´・ω・`)

昨日、エリザベート新公映像見て ひぇ~~~e-350ってなりました 汗
私もれいくんのビジュアルとかダンスとか大好きなので 本当に惜しいです!

> カレーマイティ大好きなので、ぜひ頑張って欲しいのです!

ホント、花の95期LOVEですから~e-266
2016/11/30(Wed) 23:34 | URL  | happy #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック