毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
荊の城 下巻 読みました

   荊の城 下巻


「このミステリがすごい!2005年 海外編 第1位」に輝くだけあって
もう読者は このストーリー展開に翻弄されてしまいます。


自分用の記録ですので ネタバレあります、ご注意ください。

上巻は
19世紀半ばのロンドン。17歳になる孤児スウは、故買屋の一家とともに暮らしていた。
そんな彼女に顔見知りの詐欺師がある計画を持ちかける。とある令嬢をたぶらかして結婚し、
その財産をそっくり奪い取ろうというのだ。
スウの役割は令嬢の新しい侍女。スウはためらいながらも、話にのることにするのだが……。
                         Amazon より引用

近所の赤ちゃんを預かって生計を立てているサクスビー夫人のもとで
「おまえの母親は人殺しで 吊られたんだ」と教えられて育ったスウ。
生活の足しに 掏摸をして暮らしていました。

上巻ではそんなスウが 顔見知りの詐欺師 通称<紳士>と共に
令嬢の住むうらぶれた 田舎の古城・ブライア(英語で荊棘)城へと向かいます。
そこでの 生活を スウの視点からと 令嬢・モード・リリー 両方の視点で語られています。

そして 上巻の最後。
スウは自分が モード・リリーを欺いて財産を奪うと信じていたのに
3人で馬車に乗ってロンドンへ向かう途中、スウだけが精神病院で下ろされ
置き去りにされたのでした。
騙されるはずのモードが<紳士>とロンドンへ。
そして スウは精神病院でモード様と呼ばれ 
自分がスウだと主張しても聞き入れられず 絶望のどん底へ…。

大どんでん返しで 立場が逆転してしまって 
これからどうなるの~~~????という所で上巻が終わりました。




下巻では
ブライア城から3人(モード・リリー、<紳士>、スウ)で逃亡した夜から、の詳細が
モード・リリーの回想で語られています。

ブライア城の家政婦 スタイルス夫人宅に身を寄せた3人のもとに
精神病院の医師が訪れ モードとスウを診察しました。
この時 すでに計画は始まっていて モードは「侍女」のように振る舞い
何も知らないスウを
「侍女のふりをしている気がおかしくなった奥様」に仕立て上げたのでした。

ロンドンに向かう馬車、実は患者護送用の馬車だったのです…酷いわ

スウと入れ替わったモードは ロンドンの下町にあるサクスビー夫人の元へ。
そこで <紳士>から この計画はサクスビー夫人が立てたものだと知らされます。

「私はおまえの母親を知っている」というサクスビー夫人に
「私の母は精神病院で私を産み落として亡くなった」と信じているモードに
残酷な事実が告げられます。

実はサクスビー夫人は赤ん坊の売買をしていました。
堕胎時期をすぎてしまった若い貴婦人の妊婦が
産婆の紹介で来て 産み落とした女の赤ちゃんを、スウと名付けました。

貴婦人の父と兄が彼女を引き取りに来た時に
貴族の暮らしで苦労しないでのびのび育つようにと 
我が子スーザン(スウ)を サクスビー夫人に託し
代わりに別の赤ん坊を連れて帰ったのでした。
実はその連れ帰った赤ん坊こそが令嬢モード、
サクスビー夫人の元にいた赤ん坊(母親は人殺しで絞首刑)という事でした。 

なんということ!
スウを陥れたと思ったら 今度は自分に
こんな事実をいきなり突きつけられるなんて…!
17年間信じていた自分の出自が覆るのですから!!
事実を受け止められないモード。 読んでいて苦しくなります。

運命に翻弄される モードとスウ。
モードはサクスビー夫人のもとから、
スウは精神病院から、 それぞれの逃亡の様子が
もうジェットコースターノベルのようです。

モードは 悪党が集う サクスビー夫人の家から靴も履かずに逃げ出し
自分が7年間暮らしたブライア城を度々訪れていた ホートリー氏を訪ねて行きます。
右も左もわからない 世間知らずのモードが必死の思いでたどり着いた先は
ホリウェル街(卑猥な本を出版する店が集まる)だったのです。

突然の訪問にホートリーは困惑し、「見捨てられた貴婦人の慈善施設」へと
モードを送りますが モードは、自分のシルクのペチコートを売って 
馬車賃にして、仕方なくサクスビー夫人の家へと戻ります。
どんなに 嫌なところでも 今の自分にはそこしか居場所がない。
絶望の中に戻っていったモード。 モードの気持ちを考えると胸が詰まります。

もうひとり 絶望の中にいたのは 精神病院に入れられたスウ。
誰も自分を信用しない、端から間違ったことを口走っている、と決めつけられる。
自分が本当に 精神をやられるのではないかという恐怖と闘いながら
看護婦にいじめられ 水風呂に落とされるお仕置きなども経験し
生きる力を失いそうになっていた時
ブライア城で下働きをしていたチャールズが 病院を訪ねてきます。
一条の光が射し込んだのですっ!!
そこで 一気に脳が覚醒したスウは 見事なまでの計画で
病院を抜け出すことに成功します…

と言っても この件は、なかなか強引かつ性急な展開で
そんな事ってある? 都合良すぎじゃない?って思いました。
う~む 考え中

盗みならお手の物のスウは 精神病院の服を捨て
空き巣に入った家でドレスと靴を盗んで身につけロンドンの
サクスビー夫人の家を目指します。

いきなり帰っては危険だと感じたスウは近くに宿を取り
窓から外を見ると サクスビー夫人とモードが仲睦まじくしています。
自分を裏切り 嵌めておきながら 今度は自分の母親にまで取り込んでいる…
逆上したスウは ついにサクスビー夫人の家に乗り込みます。
モードを殺すつもりで・・・

緊迫した会話が繰り広げられているところへ
スウが脱走した精神病院の医者からの手紙を携えた<紳士>がやってきます。
本当に<紳士>とは名ばかりの悪党です。
とんでもないことを口走る彼のお腹にナイフが…
一瞬の出来事。
警察には サクスビー夫人が自首して事件に片がつき
サクスビー夫人は 絞首刑になりました。

スウは、サクスビー夫人の遺品を受け取ったのですが
事件の夜着ていた タフタのドレスが出てきました。

ドレスの胸のあたりにガサガサと音を立てるものが…
それは 18年前に スウの実の母親(若き貴婦人)の書いた手紙でした。

18歳の誕生日に開封すること、とされていて

真実が語られていたのでした。

驚愕の真実発覚! 

二人の赤子を入れ替えて
18年育てたら その報酬は サクスビー夫人に支払われる。

サクスビー夫人は我が子を 遠いブライア城へ送り
他人の子供を育てた
すべて お金のために。

そして 約束の18歳の誕生日の少し前に 
本物の我が子を取り返す計画が実行に移されたのでした。

本当の我が子 ブライア城にいるモードを取り戻し
スウをモードの代わりにする計画。

一番の悪党は サクスビー夫人なのか。

全てが終わって スウはブライア城に行ってみました。
そこには 行方が分からなくなっていたモードが帰っていて

二人の未来に少しだけ明るい光が射し込んで 終わり♪

すごいわ~、下巻!!
読みながら 主人公たち(スウとモード)に感情移入したら
本当に疲れてしまいました・・・

時代が19世紀なかばのイギリス、ということで
ものすごく想像力を掻き立てられます!
当時の服装や 生活様式を想像するのも楽しいです。

Anton Peck(アントンペック)の絵のような世界かな?

普段 あまり海外作品は読まないのですが 面白かったです。^^


◆関連記事
荊の城 上巻 読了♪ 2017.4.2


下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます


関連記事

【2017/04/26 23:29】 | BOOK
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック