毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
本日2回目の更新~♪

タイトル聞いた時には、脱力してしまった、
花組 ハンナのお花屋さん 

キャストが出ましたね。
更に不安が募りました ga-n_20160113215234a6a.gif


クリス・ヨハンソン *ロンドンのハムステッドヒースで'Hanna’s Florist’を営み、将来を期待されるデンマーク人の新進フラワーアーティスト。 明日海 りお
ミア・ペルコヴィッチ *旧ユーゴスラビアのクロアチアから、内戦の傷跡が残る故国を離れ、新たな人生を見つける為にロンドンにやってきた娘。 仙名 彩世
◆DENMARK in 1970's~
アベル・ヨハンソン *王室ともつながるデンマーク名門貴族の長男で、代々続く造船業の大会社を継ぐ責務を背負っている。花屋の娘ハンナと恋に落ち、クリスが生まれる。 芹香斗亜
ハンナ  *第二次世界大戦後、リトアニアからデンマークに逃れてきた移民の娘。アベルと出会い、愛し合ってクリスが生まれる。 舞空瞳
小さなクリス *幼い頃のクリス。 茉玲さや那
◆LONDON in 2014
ジェフ・ウォーレン  *経営・営業マネージメント担当。英・リバプール出身。クリスの大学時代からの旧友。 瀬戸かずや
チェンリン *フローリスト。台湾出身。 美花梨乃
トーマス・ルイク *Web関連とカフェ担当。エストニア出身。 優波慧
ナディア  *フローリスト見習い。ルーマニア出身。 雛リリカ
ライアン  *フローリスト。アイルランド出身。 綺城ひか理
ヤニス *フローリスト。ギリシャ出身。 飛龍つかさ
ヨージェフ *デリバリーと下働き担当。ハンガリー出身。 帆純まひろ
アナベル *フローリスト。英・サセックス出身。 音くり寿
◆Hanna's Floristを訪れる人々&ご近所の人たち
エーリク・ヨハンソン *クリスの叔父。年の離れたアベルの弟 高翔みず希
エマ・アザール *エスニックレストランを経営するやり手のシングルマザー。ベルギー出身。 花野じゅりあ
サラ・ウォーレン  *ジェフの妻で、同じくクリスの大学時代からの旧友。オーストラリア出身 乙羽映見


以上 宝塚歌劇HPより引用

デンマーク出身の クリスが イギリスでフローリストとして成功。

母のハンナはリトアニア出身。
名門貴族出身のアベルとハンナの身分違いの恋も見どころ?
それとも ハンナはちょい役?
ハンナに 102期トップ入団の舞空瞳ちゃんが抜擢で話題になってますね。
新公のお芝居 キレが良くて 滑舌よくて頼もしかったから 納得です。

クリスが恋に落ちるであろう?笑相手 ミア・ペルコヴィッチはクロアチア出身。
わざわざ出身地を謳ってるからには 何か出自的な見せ場があるのかしら?

台湾、 エストニア、 ルーマニア、 アイルランド、 ギリシャ、 ハンガリー


ハンナのお花屋さんは 人種のるつぼ!!

誰か座布団…じゃなくて 地図帳 持ってきて~!!
こんなに マイナーな国を並べられてもピンとこないわ ^^;


ロンドンの公園ハムステッドヒース、 
その一角で クリスはお花屋さんを営んでるんですね。

そこの従業員が不自然なほど国際色豊か。 笑

どうした? 何故なの?? すっごく不安なんですけど。

フローリストの出身地故の、何かが起こるのか 
取り敢えず 出身地をいろいろ設定してみただけなのか

たくさん伏線張りめぐらせて 全部回収できずに中途半端に終わりそうな予感がします・・・。

感動ポイントをどこにもってくるのかも 成否の鍵を握ってると思います。
いい作品になるよう祈ってます。

私は観に行く予定なしですが
みりお(明日海りお)ファンの友人が 行くか悩み中 考え中

往復の新幹線代 3万円を出して 観に行く価値があるのか否か。
ビミョー!

ご贔屓盲信のファンなら 作品の良し悪し関係なく
贔屓さえ出ていればなんでもOK!って観に行かれるのかもしれませんけど。

駄作にご贔屓が出てるのを観るのは辛いです。orz
「黒豹の如く」は 言うに及ばず、
「The Lost Glory」も なんじゃこりゃ、だったから
自分の気持をなだめながら観るのがしんどかったわ~。

今んトコ まぁ様、真風、ゆずカレー (巨人大鵬卵焼きみたい ←年齢w)のワタクシ。

ゆずカレー(柚香光)の「はいからさんが通る」
早く観たい~!!

キャストのハマり具合も素晴らしい♪

立っているだけでもかっこいい れいくんが
はまり役を演じたら、どれだけ素敵か…
客席に 熱いため息が充満しそう。

チケット ゲット出来るか 一番の難題です

…と 最後は ハンナのお花屋さんとは関係ないところへ 着地。
ごめんなさい。^^;

◆宝塚歌劇HP
ハンナのお花屋さん キャスト (pdfファイル)

下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます

関連記事

【2017/06/23 23:41】 | 宝塚・花組
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック