毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
月組公演の来年の公演ラインアップが出ましたね。

◆カンパニー

「カンパニー」 ? はぁ? って思ったら
原作は 今年の5月22日に刊行されたばかりの小説なんですね!
先月だよ! まだ1ヶ月と1週間しか経ってないの。
それで これだ!!と思った 石田昌也先生。 頼みますよん。

紀元前の戯曲「オイディプス王」から つい先月出版されたばかりの「カンパニー」まで
古今東西の幅広い題材を扱う 宝塚歌劇団、スゴイ!!

ちゃぴ(愛希れいか)、そろそろか??と思っているので、
この作品で退団なの??って思ってしまいます。

ちゃぴ=バレエ

7月14日から始まる All for Oneでも 太陽王の役ですものね♪
太陽王と言えば パリオペラ座バレエ団の前身・王立舞踊アカデミーを設立して
自身も15歳でバレエデビューしてるから まさにちゃぴにぴったりのお役ですよね。

「カンパニー」の
主人公は 妻子に逃げられ リストラされた47歳総務課長。
たまきち(珠城りょう)が この冴えないオジサン役って
あまりにも可哀想だから設定変えてくるかも?? ^^;

選手に電撃引退された女性トレーナーとともに
敷島バレエ団に出向する羽目に…。

二人の使命は 世界的プリンシパルの高野が踊る冠公演「白鳥の湖」を成功させること。
      Amazon 商品説明より抜粋

原作では男性プリンシパル 高野悠ですが、ここは女性のバレリーナに
設定変更希望♪っていうか ちゃぴですよね??

そして ラストでちゃぴが 「白鳥の湖」 瀕死の白鳥を踊る!! ←希望^^


今年始めの「グランドホテル」でも バレリーナのお役でしたし
バレリーナは ちゃぴかな? 
そして それが ちゃぴらしい最後のお役になりそうな気配がする~~~ 

うみちゃん(海乃美月)のバレエもため息モノのしなやかさですけどね♪

高野の故障、配役変更、チケットの売れ行き不振と続々問題が。
         Amazon 商品説明より抜粋

これ、ヅカファンに限らず バレエや観劇ファンには興味津津ですよね!!

感動作品のようなので 幕が上がるまでに 本は読んでおくつもりです!!


サブタイトルがちょっと 直球過ぎて引きましたけど 笑
いい作品になりますように!!


◆BADDY-悪党は月からやって来る-

宝塚若手演出家のホープ 上田久美子先生 初のショー作品。

お芝居では セリフや演出にこだわり 心の琴線に触れる作品を
生み出して来られた上田久美子の 初・ショーが 
芝居仕立てのショーで
近未来が舞台? SFタッチ。

タイムボカン? 笑

以前(2015年) 朝日新聞の月刊タカラヅカに関する私の記事に(下記リンク参照)
「今、先生が温めている構想は・・・SFもの~~~??」と書いています。

その SFものが、この作品なんでしょうか?

それとも また別のSFのお芝居の構想もお持ちなのでしょうか??
気になります。


悪党の Baddy  女捜査官 Goody

彼の最終目標はタカラヅカ・ビッグシアターバンクに眠る惑星予算を盗み出すこと。
しかし、万能の女捜査官グッディの追撃が、ついに彼を追いつめる!


                       宝塚歌劇HPより 抜粋

この紹介文を読んだら ドタバタなイメージしか湧かない 
安っぽいストーリーは嫌よ~~~

あくまでも ワタクシ的に、ですが
面白そうなかほりがしないです~~~ panda_がっくり

友人は ストーリーのあるショーって
「ノバ・ボサ・ノバ」しか許されてないと ずっと思ってた!とのこと。^^

第一部のお芝居が どんなに気持ちがどんよりするような駄作でも
ショーでぱ~っと気持ちが華やいで 楽しくなったら
終わりよければ全てよし、で気持ちよく家路につけるというもの。

ショーの役割って大きいです!!

下手に お芝居仕立てのショーは要らない、と今は 思ってます。

実際観てみたら 笑いの絶えない 観てよかった!!なショーになるかもしれませんね。

そして やっぱり上田久美子先生はスゴイ!と また人気が上がるのかも??

次回の月組公演も 楽しい作品になりますように!!

上田久美子先生演出 大好きなまぁ様(朝夏まなと)サヨナラ公演
「神々の土地」 SS 1回 S 2回 観劇日決まりました。
楽しみです!!

今日は 邪馬台国の風の記事をUPする予定だったのに
ちょっと興味津津な 公演ラインアップに絡んでしまいました。

阿弖流為のことも書きたいし
明日は makorinさまと友人と3人ランチなので グルメレポもそのうちに…

「代償」 読書中。

忙しい!

◆宝塚歌劇HP
月組公演ラインアップ 【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】
2018年2月~5月・月組『カンパニー -努力、情熱、そして仲間たち-』『BADDY-悪党は月からやって来る-』

◆関連リンク
カンパニー   新潮社   読書メーター

◆関連記事
星逢一夜@月刊タカラヅカ 2015.7.31 2015.8.2

下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます


関連記事

【2017/06/30 21:47】 | 宝塚・月組
トラックバック(0) |


ある伊吹ファン
はじめまして。
宝塚の舞台は数回観たことがある程度の、伊吹 有喜(『カンパニー』作者)の一ファンです。

宝塚のシステム上、原作の設定変更は必要なのだとは思います。
宝塚公式サイトにも「妻を亡くした」とありますね。
(実際は突然の離婚)

ただ、ご本人の希望を書かれているのだとは了解しつつも、ストーリー展開について、あまりに原作の主題を重んじていない発言は悲しいものがあります。
せめて、原作をお読みになってから触れてほしいなと感じました。

正直、伊吹ファンの中には、ドラマ化映像化を希望する声はあがっていましたが、なぜ宝塚舞台化を伊吹さんが許諾してしまったのだろうというと声もあるくらいです。

私は宝塚歌劇団の方々がどんな風に演じてくれるのか楽しみです。

宝塚ファンの方々が宝塚を大事に思うのと同じように、作品を愛するものもいるということに配慮があれば、共存共栄できる良い機会なのではないでしょうか。

Re: タイトルなし
happy
ある伊吹ファン様

このようなコメントを頂くことに正直、驚きました。
「初めての方は必ずお読みください」をお読みいただいたらわかると思うのですがスルー推奨です。

個人のブログは 管理人が自由に意見を発信する場です。
私が未読の作品の予想をすることが
伊吹さんの作品を愛される方々を傷つける行為なのですか???

> ただ、ご本人の希望を書かれているのだとは了解しつつも、ストーリー展開について、あまりに原作の主題を重んじていない発言は悲しいものがあります。
> せめて、原作をお読みになってから触れてほしいなと感じました。

公演ラインアップが出た時、タイムリーな話題を即記事にするのがブロガーです。
「本を読んでから書く」などという酔狂なブロガーはいないでしょう。

ある伊吹ファン様が感じられたことも 「自然なこと」、

そしてまた

いよいよ退団と目される バレエがお上手な愛希れいかさんだけに 
バレリーナ役をして欲しい、 そしてこう展開して欲しい、と
ファンが思うのも「自然なこと」なのです。

> 宝塚ファンの方々が宝塚を大事に思うのと同じように、作品を愛するものもいるということに配慮があれば、共存共栄できる良い機会なのではないでしょうか。

…と思われるのであれば 伊吹さんのファンが作品を大切に思われる自由と同様
宝塚ファンが 予想を語る自由も認めて頂きたく思います。

ブログは不特定多数の方の目に触れますが
全ての読者に受け入れられる記事を書くことは不可能です。
ブロガーがいちいち読者の心中を忖度して書く事などは ありません。

ですから 記事を書く際に原作の主題など 全く視野に入れておりません。

乱暴な言い方をすれば 
公序良俗に反すること、他人の悪口、個人情報以外
テーマに沿ったことなら「何を書こうと勝手」です。

今回 私の記事が、ある伊吹ファン様を悲しくさせてしまったのは残念ですが、
このサイトでは 私が主ですからこれからも私なりのスタイルで更新していきます。

数多あるブログの中には このサイトのように、読んで悲しくなる内容の記事は
他にもあるかも知れませんが、
お互いの意見を尊重して スルーされることをおすすめします。

「カンパニー」は 後日読んだら 感想をUPしますが
その記事はお読みにならないよう、切にお願い致します。

私の記事には
「私見語っております。ここから先は心の広い方以外は お読みにならないようお願いします。」
と、記事冒頭に書いている事が多いのですが

この記事に上記一文を入れなかったことを 今、深く後悔しております。





ある伊吹ファン
主さまへ

忌憚のない、かつ真摯なご返信ありがとうございます。
主さまのお考えをしっかり受け止めさせていただきました。

作品を読まれた後の感想は楽しみにしておりますのでこっそり拝読させていただきますね。
(是とするものだけを良しとする器量ではないと思っております)

自分の気持ちと反するものを批判するつもりだったのではなく、お互いがそれぞれ大切に思っている「宝塚」と『カンパニー』をリスペクトしあえたら、分かち合えたらいいなと思ってのコメントでした。
申し訳ございません。

『カンパニー』を舞台化したいとお考えになった演出家の方に感謝です。
あの作品が宝塚の舞台でどのように活かされる・生かされるのか、この目に焼き付けたいと存じます。

ほんの少しのご縁、それもすれ違い気味ではありましたが、主さまのお健やかな日々をお祈りいたしております。

※このコメントの表示は、主さまのご判断にお任せいたします。

Re: タイトルなし
happy
ある伊吹ファン様

勇気を奮って更なるコメントをありがとうございます。^^

昨日は警戒感全開のコメント返信になってしまったことをお許し下さい。

顔が見えないから、と好き放題言うネット市民もおりますので
初めてコメントくださる方は どのような方か分からず
「同感」ではないコメントは 炎上の火種も抱えているため神経質になってしまいました。
申し訳ございません。

> 自分の気持ちと反するものを批判するつもりだったのではなく、お互いがそれぞれ大切に思っている「宝塚」と『カンパニー』をリスペクトしあえたら、分かち合えたらいいなと思ってのコメントでした。

その点は、了解しております。^^
「カンパニー」は、きっと感動作なのでしょう、
だからこそ 勝手な憶測をされたくない、
まず読んでから語れ、というお気持ちは よく分かります。

ヅカファンは ワイワイと配役やストーリーを予想するのが好きですから
読んでから…、は無理でしたが
ある伊吹ファン様が大切に思われるだけある 感動作なんだろう、と 
楽しみが倍増しました。ありがとうございます。

ご存知かも知れませんが 浅田次郎さんの「王妃の館」が宝塚で舞台化されました。
映画が大コケだったので あまり期待してませんでした。
原作は、太陽王とディアナの物語が切なく 光と陰のツアー客のドタバタはあまり好みでは無かったのですが、
幕が開いたら ツアー客が個性豊かでとても面白く 太陽王のお話もかなり改編されていたものの
うまく絡めてあり(原作からかなり変わってました)演出家の技量に唸りました。

「カンパニー」も ある伊吹ファン様が喜んでくださるような感動作に仕上がることを願っています。

もし ある伊吹ファン様がこの舞台をご覧になったら 感想をお聞かせいただければ嬉しいです。
よろしくお願いいたします。^^









コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
宝塚の舞台は数回観たことがある程度の、伊吹 有喜(『カンパニー』作者)の一ファンです。

宝塚のシステム上、原作の設定変更は必要なのだとは思います。
宝塚公式サイトにも「妻を亡くした」とありますね。
(実際は突然の離婚)

ただ、ご本人の希望を書かれているのだとは了解しつつも、ストーリー展開について、あまりに原作の主題を重んじていない発言は悲しいものがあります。
せめて、原作をお読みになってから触れてほしいなと感じました。

正直、伊吹ファンの中には、ドラマ化映像化を希望する声はあがっていましたが、なぜ宝塚舞台化を伊吹さんが許諾してしまったのだろうというと声もあるくらいです。

私は宝塚歌劇団の方々がどんな風に演じてくれるのか楽しみです。

宝塚ファンの方々が宝塚を大事に思うのと同じように、作品を愛するものもいるということに配慮があれば、共存共栄できる良い機会なのではないでしょうか。
2017/07/03(Mon) 00:43 | URL  | ある伊吹ファン #tVL54Eek[ 編集]
Re: タイトルなし
ある伊吹ファン様

このようなコメントを頂くことに正直、驚きました。
「初めての方は必ずお読みください」をお読みいただいたらわかると思うのですがスルー推奨です。

個人のブログは 管理人が自由に意見を発信する場です。
私が未読の作品の予想をすることが
伊吹さんの作品を愛される方々を傷つける行為なのですか???

> ただ、ご本人の希望を書かれているのだとは了解しつつも、ストーリー展開について、あまりに原作の主題を重んじていない発言は悲しいものがあります。
> せめて、原作をお読みになってから触れてほしいなと感じました。

公演ラインアップが出た時、タイムリーな話題を即記事にするのがブロガーです。
「本を読んでから書く」などという酔狂なブロガーはいないでしょう。

ある伊吹ファン様が感じられたことも 「自然なこと」、

そしてまた

いよいよ退団と目される バレエがお上手な愛希れいかさんだけに 
バレリーナ役をして欲しい、 そしてこう展開して欲しい、と
ファンが思うのも「自然なこと」なのです。

> 宝塚ファンの方々が宝塚を大事に思うのと同じように、作品を愛するものもいるということに配慮があれば、共存共栄できる良い機会なのではないでしょうか。

…と思われるのであれば 伊吹さんのファンが作品を大切に思われる自由と同様
宝塚ファンが 予想を語る自由も認めて頂きたく思います。

ブログは不特定多数の方の目に触れますが
全ての読者に受け入れられる記事を書くことは不可能です。
ブロガーがいちいち読者の心中を忖度して書く事などは ありません。

ですから 記事を書く際に原作の主題など 全く視野に入れておりません。

乱暴な言い方をすれば 
公序良俗に反すること、他人の悪口、個人情報以外
テーマに沿ったことなら「何を書こうと勝手」です。

今回 私の記事が、ある伊吹ファン様を悲しくさせてしまったのは残念ですが、
このサイトでは 私が主ですからこれからも私なりのスタイルで更新していきます。

数多あるブログの中には このサイトのように、読んで悲しくなる内容の記事は
他にもあるかも知れませんが、
お互いの意見を尊重して スルーされることをおすすめします。

「カンパニー」は 後日読んだら 感想をUPしますが
その記事はお読みにならないよう、切にお願い致します。

私の記事には
「私見語っております。ここから先は心の広い方以外は お読みにならないようお願いします。」
と、記事冒頭に書いている事が多いのですが

この記事に上記一文を入れなかったことを 今、深く後悔しております。


2017/07/03(Mon) 13:07 | URL  | happy #-[ 編集]
主さまへ

忌憚のない、かつ真摯なご返信ありがとうございます。
主さまのお考えをしっかり受け止めさせていただきました。

作品を読まれた後の感想は楽しみにしておりますのでこっそり拝読させていただきますね。
(是とするものだけを良しとする器量ではないと思っております)

自分の気持ちと反するものを批判するつもりだったのではなく、お互いがそれぞれ大切に思っている「宝塚」と『カンパニー』をリスペクトしあえたら、分かち合えたらいいなと思ってのコメントでした。
申し訳ございません。

『カンパニー』を舞台化したいとお考えになった演出家の方に感謝です。
あの作品が宝塚の舞台でどのように活かされる・生かされるのか、この目に焼き付けたいと存じます。

ほんの少しのご縁、それもすれ違い気味ではありましたが、主さまのお健やかな日々をお祈りいたしております。

※このコメントの表示は、主さまのご判断にお任せいたします。
2017/07/04(Tue) 04:54 | URL  | ある伊吹ファン #tVL54Eek[ 編集]
Re: タイトルなし
ある伊吹ファン様

勇気を奮って更なるコメントをありがとうございます。^^

昨日は警戒感全開のコメント返信になってしまったことをお許し下さい。

顔が見えないから、と好き放題言うネット市民もおりますので
初めてコメントくださる方は どのような方か分からず
「同感」ではないコメントは 炎上の火種も抱えているため神経質になってしまいました。
申し訳ございません。

> 自分の気持ちと反するものを批判するつもりだったのではなく、お互いがそれぞれ大切に思っている「宝塚」と『カンパニー』をリスペクトしあえたら、分かち合えたらいいなと思ってのコメントでした。

その点は、了解しております。^^
「カンパニー」は、きっと感動作なのでしょう、
だからこそ 勝手な憶測をされたくない、
まず読んでから語れ、というお気持ちは よく分かります。

ヅカファンは ワイワイと配役やストーリーを予想するのが好きですから
読んでから…、は無理でしたが
ある伊吹ファン様が大切に思われるだけある 感動作なんだろう、と 
楽しみが倍増しました。ありがとうございます。

ご存知かも知れませんが 浅田次郎さんの「王妃の館」が宝塚で舞台化されました。
映画が大コケだったので あまり期待してませんでした。
原作は、太陽王とディアナの物語が切なく 光と陰のツアー客のドタバタはあまり好みでは無かったのですが、
幕が開いたら ツアー客が個性豊かでとても面白く 太陽王のお話もかなり改編されていたものの
うまく絡めてあり(原作からかなり変わってました)演出家の技量に唸りました。

「カンパニー」も ある伊吹ファン様が喜んでくださるような感動作に仕上がることを願っています。

もし ある伊吹ファン様がこの舞台をご覧になったら 感想をお聞かせいただければ嬉しいです。
よろしくお願いいたします。^^







2017/07/04(Tue) 18:41 | URL  | happy #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック