毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
いよいよ待ちに待った「阿弖流為」の開演が今週末!

東京公演(まこっちゃん、初東上!!)は 日本青年館のこけら落とし公演という快挙。


やっと お稽古場情報出ましたけど
若手3人の登場でした。

菟穂名[うほな] 佳奈の義弟 天彩 峰里
物部天鈴[もののべのてんれい] 北国に移住した物部一族の嫡男 颯香 凜
阿奴志己[あぬしこ] 志和の蝦夷の長の跡継ぎ 天飛 華音




宙組に異動が決まっている天彩峰里ちゃん(100期)が 弟役 = 男役

「桜華に舞え」や 「燃ゆる風 軍師・竹中半兵衛」でも 男役でしたから
もう、男役だと思って演る、と決意を語っていました。

主演の礼真琴との場面があり 殺戮の場面が多い中で
ほっこりとするシーンになっているそうです。

男役さん二人は なんと 101期と102期
特に 102期の天飛 華音は 主席の舞空瞳ちゃんに次ぐ二番目の成績。
阿奴志己[あぬしこ]、注目してみたいと思います!!

星組も 若手を育成しないと…既に他組に水を開けられている感がありますからね。

私の周囲では 「星組、もういいかな…」という声をよく聞きます。
何故なのか、その理由をよく考えてみるべきよ、歌劇団の方。

早くお稽古場の立ち回りや通しのお稽古映像観たいです♪

「関西阿弖流為紀行」と銘打って 
主演の礼真琴と 同期の瀬央ゆりあ

このお二人、音校時代から仲良しで…ホントに微笑ましいんですけど ( *´艸`)

そんな二人が 阿弖流為ゆかりの地を訪ねるコーナー

まず最初が なんと清水寺。
「田村堂」というお堂まであって…坂上田村麻呂が
土地を寄進したのだそうです。

坂上田村麻呂の肖像画(掛け軸)を見せてもらいながら聞く 学芸員の方のお話に
思わず 涙を流しそうになる まこっちゃん。

阿弖流為では 敵と味方に分かれるのだけれど
心の深いところで信頼関係を築いてたんですね~

阿弖流為のために命乞いをした 坂上田村麻呂。
東北を治めるには必要な人材だ、と説得を試みたものの
阿弖流為は 当時にしては長身で ごつい男だったので
都の人たちは 阿弖流為を異常に恐れ 処刑してしまったそうです。

お茶屋さんでお団子食べて休憩したあと

片埜神社へ。

こちらには 阿弖流為と母礼のお墓があります。
岩手県人会の方が 関西アテルイ・モレの会を作って
広報活動もしてらっしゃるようです。

隣の公園には 首塚が。

素晴らしい公演になるように、力を貸してください、とお祈り 

阿弖流為は、ドラマシティ公演だけでなく 東上もする作品で
冒頭にも書いたように 日本青年館のこけら落とし公演でもあります。
記念すべき上演作品に この阿弖流為が選ばれたのが
ヅカファンとして嬉しいです!!

95期仲良しコンビが 予科生以来、という程 毎日顔を突き合わせてお稽古されてるそう。
そんな二人が 相対する役でがっつり組むのも楽しみ。

月刊タカラヅカによりますと、丁々発止の一騎打ちがあるそうです。

語らずともわかる同期。見えない絆を感じて戦う場面が楽しみ
     せおっち 談 (朝日新聞 記事より抜粋)

「鈴蘭」でも せおっち(瀬央ゆりあ)が 悪役、お上手でしたね~
(スカステでしか観てませんが w)

そして 雪組から来た歌姫の くらっち(有沙瞳)のヒロインも楽しみ。

演出の大野先生が かつらなどもこだわりで選んでくださったそうで
花組公演「邪馬台国の風」もかなり古い時代のお話ですが

阿弖流為も宝塚では あまり取り上げられない時代の作品で
興味津津です!

早く観たいわ~♪

楽しみ!!

◆関連記事
阿弖流為の配役の感想♪(何でも感想書くワタクシ^^)  2017.6.15

火怨 北の燿星アテルイ 上巻を読みました♪ 2017.2.12

火怨 北の燿星アテルイ 下巻 読みました♪ 2017.3.19


下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます

関連記事

【2017/07/09 23:58】 | 宝塚・星組
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック