毎日小さな幸せの種を探して 思いつくままにぽつぽつ綴っていきます☆
先日 東京宝塚劇場に遠征して 邪馬台国の風 観てきました。

東京邪馬台国

東京公演プログラムは 表紙が みりおちゃん(明日海りお) ドアップ♪
ワタクシ こちらの方が好みですわん♪

さて~ 大劇場から変わった、って アホでもわかるラストシーン。

タケヒコとヒミコが舞い舞い しているうちに幕が下りる、という 
唖然ボーゼンな大劇場演出が不評だったので 

タケヒコひとり 銀橋に出て歌いながら 下手にはけていき
舞台上に残った ヒミコが見送る、というわかりやすくなったラストシーン。

あぁ、タケヒコは 師匠の生まれた国 中国へ旅立ったのだ、と納得できます!


もともと 2回しか観てないので どこが変わったか細かいところは気づかず
村祭の時に下手すっぽん付近に イサカとフルドリがいる!と思ったけど
大劇場でもいたのかどうか はっきり分からずです。^^;

大劇場初日近くに観た時 やはり暗転多いと思ったし
ライティングもベタな感じだったけど 気にならなくなりました。

私は 邪馬台国の風の 音楽が好きで プログラムを買ってすぐに
スタッフを確認。 3人で担当しておられるのですね~
ノリのいい曲 勇壮な曲 どれも耳に残るメロディです♪

邪馬台国 白  狗奴国 黒 の対比がはっきりしていて面白かった。

私が全く眠くならずにいれるのは 下級生まで見どころあって
たくさんお役がついているからなんですが

その分、ひとりひとりの役の重さが 軽くなってしまったのかも知れません。

今回も あの片思いシリーズは、必要??って思ってしまいました。

それと・・・月刊タカラヅカにも書いてましたが
ヒミコの描かれ方が 一般のイメージより軽い。

邪馬台国のヒミコ、と言えば 誰でも知ってる大王(おおきみ)ですが

この作品で描かれるヒミコは 少女マナと巫女の間を行ったり来たりするような
未熟さを感じさせる若いヒミコ。

邪馬台の王の座についても タケヒコに心を乱され
神の声を聞けなくなってしまい 
諸王たち(特に奴国)に付け入るスキを与えてしまった。

自分と会ったせいで盟神探湯をする羽目になったタケヒコを
心配するような 表情やシーンがあればいいのに…と思いました。
今作の不満点は 描き方があっさり、な点かな?

いろんなエピソードが盛り込まれて それなりに面白いけど
どれも 小盛り上がり で 大盛り上がりがない!!
ドーンと胸を打つ感動、というのが無かった気がしてます。

タケヒコとヒミコとの馴れ初めや恋心をもう少し丁寧に描いてもらわないと
その後の展開に説得力ないし 感情移入もしにくいのですが…

そこへ あの大劇場のラストじゃ、「感動ポイント最後までなし!」って
不満噴出しますわねぇ。


ま、今回は 最前列センターということもあり
もう んなことどうでもいい!!
近いから 迫力あります! 生徒さんの美しさが手に取るように分かって…
衣装の細かい部分まで見えるのも楽しい♪

オペラグラスいらないから あっちもこっちも観放題!!
前の人の頭とか 視界に入ってくるものがなくて
花組生のキラキラオーラのみ!
ダンスシーンの迫力もすごくて 後方の席では味わえない感動を頂きました。 

さて~

幕開けの勇壮な 白対黒の ダンスは
これから始まるドラマに期待させてくれます。

明日海りおas タケヒコは
安定のクオリティ と 仙名彩世と初コンビで初々しい。
今まで見たことなかった図が 新鮮でした!!
「仲間」というのがキーワードなのか フルドリらに「仲間」と言ってもらって
その言葉を噛み締めていますね♪

銀橋でキキちゃん(2番手 芹香斗亜)と 対で歌うところは圧巻です!

みりおちゃんの3人目の相手役 ゆきちゃん(仙名彩世)
最初から 抜群のクオリティと安定感でみりおちゃんを支えてますね。

ハンナのお花屋さんや ポーの一族で どのように見せてくれるか楽しみ。

あ、ハンナのお花屋さんは 観に行く予定なしです ^^;

キキちゃん(芹香斗亜)asクコチヒコ いい仕事してます。
黒いお役を徹底的に! ニコリともしないクールさが素敵♪

クコチヒコのボスの 狗奴国の王のマギー(星条海斗)も
専科らしい 落ち着いた佇まいで 存在感十分、
こういうお役が いいですね♪

諸王の中でも 奴国のヨリヒクのあきら(瀬戸かずや)が
野心丸出しでとても面白くて よかったです!!

いっぱい 書きたいことはあるけれど 眠たいし
明日 いよいよ オーム・シャンティ・オーム観劇なので
この辺で 強制終了!!!

では また明日~~


下のアイコンをクリックくださったらすごく嬉しいです♪
クリックしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!
↓他の宝塚ブログを見るなら
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます

関連記事

【2017/08/05 23:55】 | 宝塚・花組
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 激しく同意でございますwww
happy
やっぱり~?? 笑

ですよね!

盛り上がりがないので さら~っと終わってしまって
だから 船漕ぐ人続出なのかもしれませんね ^^;

場面転換も 暗転頼みで(植田紳爾センセの場合は幕引き)
何故 大劇場ならではの大きな回転するセリを使わないのか 
盆も回らず 横に捌けてばかりで もうひと工夫欲しかったです。

ラブ要素、薄いですね、確かにw だから 不満、てのもありますね。
危険を犯してまで ヒミコの寝所に忍び込む勇気があれば…
もっと大胆な ラブシーン…OKじゃないのかしら?

ポスター画像では 風を感じたのですが 
「邪馬台国に風が吹くとき 私がヒミコ様のことを思っている時」という
ここが 唯一の「風」

そうそう! やっとマイティの実力にお役が近づいて来た感じで嬉しいです。

まぁちょっと微妙な感じの邪馬台国の風ですが 
あの世界観 私は好きです!

ショーが最高に盛り上がるので 終わりよければすべてよし、ですね!

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 宝塚劇場と東京宝塚劇場
happy
こんばんは!

我が人生二度目の東京宝塚劇場、とっても新鮮で楽しかったです!
ビルの中で狭い感じはしますけど 旅行気分とあいまって 楽しい~^^

今回のラストの変更は あっさりしたもので…
「眠らない男ナポレオン」では 舞台に出て来る方向が上手下手逆になったり
いろんな変更があり 組子は大変だったそうです。わざわざそんな変更をする必要があるのか疑問ですね。

以前、雪組の「仮面の男」の演出が酷く 怒りながら観てたのですが
あまりにも不評で東京公演までに 大幅改編が行われたのは有名な話です。
さすがにスカイステージで放送しているのを観たことがないけど 笑
放送してるのかしら?

宝塚組としては 東京が完成形なのね…って思ってしまいます。
宝塚のは おっしゃるとおり 「練習舞台」 いわばたたき台で
後からの手直し込みで載せているとも言えなくないですね。

外の舞台は 東京 名古屋 大阪 博多…どこで上演しても内容同じ、
それが当たり前だと思うのですが、宝塚は不思議なところ…^^;

宝塚には お稽古場他いろんなものが揃っているので
やはりこちらで お稽古してから 東京に持ち込むって感じかしら??

私は 邪馬台国好きなんですよ~ ^^
感動ポイントがいまいちはっきりしないけど
邪馬台国っていう あまりおなじみでない世界を描き出してあって
興味津々でした♪

盛り上がりに欠けるので 眠いかも知れませんが
楽しんできてくださいね、
ショーは絶対に楽しめます!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/08/06(Sun) 11:53 |   | - #[ 編集]
Re: 激しく同意でございますwww
やっぱり~?? 笑

ですよね!

盛り上がりがないので さら~っと終わってしまって
だから 船漕ぐ人続出なのかもしれませんね ^^;

場面転換も 暗転頼みで(植田紳爾センセの場合は幕引き)
何故 大劇場ならではの大きな回転するセリを使わないのか 
盆も回らず 横に捌けてばかりで もうひと工夫欲しかったです。

ラブ要素、薄いですね、確かにw だから 不満、てのもありますね。
危険を犯してまで ヒミコの寝所に忍び込む勇気があれば…
もっと大胆な ラブシーン…OKじゃないのかしら?

ポスター画像では 風を感じたのですが 
「邪馬台国に風が吹くとき 私がヒミコ様のことを思っている時」という
ここが 唯一の「風」

そうそう! やっとマイティの実力にお役が近づいて来た感じで嬉しいです。

まぁちょっと微妙な感じの邪馬台国の風ですが 
あの世界観 私は好きです!

ショーが最高に盛り上がるので 終わりよければすべてよし、ですね!
2017/08/06(Sun) 18:18 | URL  | happy #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/08/06(Sun) 19:25 |   | - #[ 編集]
Re: 宝塚劇場と東京宝塚劇場
こんばんは!

我が人生二度目の東京宝塚劇場、とっても新鮮で楽しかったです!
ビルの中で狭い感じはしますけど 旅行気分とあいまって 楽しい~^^

今回のラストの変更は あっさりしたもので…
「眠らない男ナポレオン」では 舞台に出て来る方向が上手下手逆になったり
いろんな変更があり 組子は大変だったそうです。わざわざそんな変更をする必要があるのか疑問ですね。

以前、雪組の「仮面の男」の演出が酷く 怒りながら観てたのですが
あまりにも不評で東京公演までに 大幅改編が行われたのは有名な話です。
さすがにスカイステージで放送しているのを観たことがないけど 笑
放送してるのかしら?

宝塚組としては 東京が完成形なのね…って思ってしまいます。
宝塚のは おっしゃるとおり 「練習舞台」 いわばたたき台で
後からの手直し込みで載せているとも言えなくないですね。

外の舞台は 東京 名古屋 大阪 博多…どこで上演しても内容同じ、
それが当たり前だと思うのですが、宝塚は不思議なところ…^^;

宝塚には お稽古場他いろんなものが揃っているので
やはりこちらで お稽古してから 東京に持ち込むって感じかしら??

私は 邪馬台国好きなんですよ~ ^^
感動ポイントがいまいちはっきりしないけど
邪馬台国っていう あまりおなじみでない世界を描き出してあって
興味津々でした♪

盛り上がりに欠けるので 眠いかも知れませんが
楽しんできてくださいね、
ショーは絶対に楽しめます!
2017/08/06(Sun) 19:43 | URL  | happy #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック